今週のメインdeパツイチ2005
第10回アンタレスステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 アンタレスステークス 京都・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2005年4月24日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スターキングマン 東京大賞典 1着 叩き2戦目だが59kg微妙。まだ様子見。 -
2 ハギノハイグレイド JCダート 3着 叩き2戦目。だが最近末脚鈍っているのが... - -
2 3 サカラート 仁川S 2着 前走4着は力の差?ここでは入着まで。 - -
4 ビッグウルフ マーチS 6着 前走悪くない。ハマれば3着ぐらいなら。 - -
3 5 ヒシアトラス フェブラリS 3着 「相手なり」の感。取りこぼしの可能性も。 -
6 ピットファイター 武蔵野S 1着 徐々に良化。そろそろ復活あっていい。
4 7 エンシェントヒル 仁川S 1着 末脚驚異的。だが、京都コースで届く? - -
8 スリージェム ジャニュアリ 1着 距離が問題。だが、こなせれば通用していい。
5 9 サミーミラクル マーチS 2着 前走一頭だけ別次元の末脚。後は展開次第。 -
10 ブラックコンドル 平安S 2着 枠順次第ではこの馬が先手?前残りに注意。
6 11 オーガストバイオ 甲南S 1着 堅実に走る。展開ハマれば3着ぐらいは。
12 サワノブレイブ 橿原S 1着 OPで頭打ち気味。だが展開ハマれば浮上も。 -
7 13 イサオヒート 関越S 1着 最近2ケタ着順ばかり。巻き返しは... - -
14 タイキエニグマ 内外タイムス 1着 前走負けすぎ。スンナリ先手取れないと。 - -
8 15 クーカイ アレクサンド 1着 前走が負けすぎ。重賞ではちと荷が重い? - -
16 サイレンスボーイ コーラルS 1着 去年の2着馬。ただ今回相手手強くて。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回アンタレスステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第10回アンタレスステークスの展望と予想とヨタ話
「強い馬が勝つ?」の巻

 3歳クラシックで盛り上がる昨今ですが、ダート路線も忘れるな。
 帝王賞に向けてのステップ、第10回アンタレスステークス。

 で、このアンタレスステークス。ハンデ戦だった時期は「ハンデ戦らしく」荒れる重賞だったんだが、一昨年に別定戦へ変更された途端「強い馬が順当に勝つ」重賞に様変わり。 実際、一昨年はゴールドアリュール(2003年のフェブラリーS馬)、昨年はタイムパラドックス(2004年のJCダート馬)がその実力通り勝っていますし。

 さて、今年はというと...微妙だなぁ。それほど抜けた馬がいないんだよな。実績的にはスターキングマンなんだろうけど、今回長期休養明け2戦目。その上、斤量59kgですからね。 多少の上積みはあるでしょうけど、ガラリ一変を望むのはちと酷な状況。あとはフェブラリーステークスで3着に健闘したヒシアトラスぐらい。でも、この馬「相手なりに走る」面があるからなぁ。 前走のダイオライト記念ではアッサリ3着に破れてしまうし、トパーズSではエンシェントヒルに差しきられたりとかしてるし。取りこぼしが結構ある馬だから「1着軸」までは推せないんだよな。

 それならば、当たり外れはあるが前残り期待でブラックコンドルとかどうですかね。今回、強固にハナを主張する馬もいなさそうだし、平坦の京都コースですからね。 すんなりハナを奪って単騎逃げできれば、2000年・2001年のスマートボーイみたいな結果も望めるんじゃないっすか?

<第10回アンタレスステークス予想>

◎ブラックコンドル
○ピットファイター
▲ヒシアトラス
△スリージェム
△サミーミラクル
△オーガストバイオ

 あとは手堅く成績残している先行馬と、そこそこの位置から差してくる馬で。

結果

1着ピットファイター
2着オーガストバイオ
3着サワノブレイブ
4着ヒシアトラス
5着ブラックコンドル

タイム:1分49秒8 3F:36.3
ピットファイター 牡6歳
騎手:安藤勝己 厩舎:美浦・加藤征厩舎
単勝:6番950円
複勝:6番380円、11番920円、12番1590円
枠連:3-6 1780円 馬連:6-11 14750円
馬単:6-11 27090円
3連複:6-11-12 248290円
3連単:6-11-12 1159180円
ワイド:6-11 4400円
    6-12 7930円 11-12 9960円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、大的中!ドカンと来たよ、穴予想。3連単◎△○で100万馬券!
 だけど、また馬券買ってないっす。ブラックコンドル絡みしか買ってなくてアウト。

 で、アンタレスステークスの結果。ま、結論から言えばレースの上がりが36.3秒じゃ差し・追込馬は届きませんわ。 中団につけていた人気のヒシアトラスさえ3着争いに加わることがやっと(でも結果は4着)。勝ったのは2番手につけていたピットファイター、 そして2着にはピットファイターと同じような位置にいたオーガストバイオ。ベタな前残りの競馬でした。

 ってな感じだったこのアンタレスステークス。勝った馬は兎も角、負けた馬の中にもなかなかの見どころがあった馬も。 展開が展開だっただけに後ろから行った馬には酷な流れでしたが、そんな酷な流れの中、スターキングマンが最後方からこっそり追い込み9着まで浮上。 ま、成績自体は誉められたもんじゃないが、次に繋がる内容だったんじゃないでしょうか?そろそろ復活あるのでは?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。