今週のメインdeパツイチ2005
第7回かきつばた記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第7回 かきつばた記念 名古屋・ダ1400m  4歳上オープン(GIII) 2005年5月3日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カセギガシラ ゆりかもめOP 1着 1着はムリでも連下なら十分可能。穴で。 -
2 2 ディバインシルバー 全日本サラC 1着 すんなり先手なら巻き返しあっていい。
3 3 ロングランナー 瀬戸日本館 1着 相手強化が問題だが侮れぬ一頭。注意。 -
4 4 レマーズガール TCK女王盃 1着 牡馬相手だとちと甘い。展開次第か。 - -
5 5 ヨシノイチバンボシ 黒船賞 4着 交流重賞で健闘するもそれが精一杯の感有。 - -
6 ノボトゥルー マロニエC 1着 この条件では相変わらず堅実に走る。
6 7 レイナワルツ 東海桜花賞 1着 交流重賞での大敗が問題。条件厳しいか。 - -
8 シンドバッド バファローズ 1着 交流重賞ではいいところナシ。同型も強力。 - -
7 9 ハタノアドニス アフター5 1着 長期休養明け2戦目。一変すれば面白い。 -
10 ストロングライフ 梅見月杯 1着 交流重賞というより距離の方が問題で。 - -
8 11 ユートピア 東京大賞典 2着 外枠微妙だがそこは能力でカバー可能。
12 ハイフレンドピュア 黒船賞 5着 前崩れなら多少は通用。でも入着まで。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第7回かきつばた記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第7回かきつばた記念の展望と予想とヨタ話
「断念かしわ記念」の巻

 さ、今年もゴールデンウイーク交流重賞シリーズが開幕!
 一発目は名古屋で行われる短距離戦・第7回かきつばた記念。

 しかしなぁ、いかにも「かしわ記念を断念しました」というメンバー構成ですなぁ。 メイショウボーラーやらアドマイヤドンやらが出るんじゃ到底勝ち目がない。じゃあ、こっちで確実に賞金ゲットしておきましょうか?とばかりに、 目先を変えてこちらに出走してきた馬ばかりだもん。

 さてさて。そんなメンバーで行われるこのかきつばた記念。前述しているように、明らかに「勝ちに来ている馬」は外せないでしょうな。 ユートピアとかノボトゥルーとかさ。あとはハタノアドニス、ディバインシルバーのように「マイルは長いんでこっちに出てみました」ってな感じの馬かな。 条件的には合うからそこそこはやれるでしょう。もっとも、ディバインシルバーにとっては「この手の短距離交流重賞」に出ることがすでに日課になってますからね。 この馬にとって「ラジオ体操」みたいなもんですわ(笑)

<第7回かきつばた記念予想>

◎ユートピア
○ハタノアドニス
▲ノボトゥルー
△ディバインシルバー
△カセギガシラ

 ってな訳で、それほど荒れないでしょう。順当。

結果

1着ヨシノイチバンボシ
2着ノボトゥルー
3着ハタノアドニス
4着ユートピア
5着レイナワルツ

タイム:1分27秒2
ヨシノイチバンボシ 牡4歳
騎手:吉田稔 厩舎:名古屋・錦見勇厩舎
単勝:5番1040円
複勝:5番190円、6番150円、9番660円
枠連:5-5 1710円 馬連:5-6 1670円
馬単:5-6 3570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ヨシノイチバンボシは厳しいなぁ〜
 ハタノアドニスはいい狙いだったんだが...3着じゃちょっとねぇ。

 で、かきつばた記念の結果。やはり外枠が堪えたのかユートピアはハナを奪えず。で、代わりに逃げたのが内にいたディバインシルバー。 まあ、この辺りは割と妥当な結果でしょう。おかしくなってきたのは後半。ハナを奪えず終始外々を走っていたユートピアが勝負所でズルっと後退。 逃げたディバインシルバーも粘りがなく徐々に後退。

 そんな中、やってきたのが好位につけていたヨシノイチバンボシ。ピリッとしなくなったディバインシルバーを尻目に直線で抜け出すと、 差を詰めてきたノボトゥルー・ハタノアドニスをなんとか振り切って交流重賞初制覇。でも、展開に恵まれて勝てた感は否めないッスね。 ガチンコ勝負になるとやはり前走の黒船賞のように力負けしちゃうんじゃないでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。