今週のメインdeパツイチ2005
第53回京都新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 京都新聞杯 京都・芝2200m  3歳オープン(GII) 2005年5月7日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ケイアイヘネシー 若駒S 2着 楽に先手取れるなら前残りあっていい。 -
2 2 トーセンディライト 500万下 5着 初芝の前走悪くはないが相手強化問題。 - -
3 ケージーツヨシ ムーニーRC賞 1着 毎日杯の大敗が問題。重賞だと厳しい。 - -
3 4 ピカレスクコート NZトロフィー 4着 距離と同型が問題。前走悪くはないが... -
5 シルクネクサス ベンジャミン 1着 前走ぐらい走れば面白い。前残りも。 -
4 6 コウエイマーブル はなみずき賞 3着 ジリっぽい。入着はありそうだが... - -
7 インティライミ 500万下 1着 前走楽勝。相手強くなるが通用していい。 -
5 8 タマモコンチェルト 未勝利 1着 スピード不足。しかも今回芝だし。 - -
9 コメディアデラルテ はなみずき賞 1着 毎日杯では不利有。ほどほどにはやれる。
6 10 コンゴウリキシオー きさらぎ賞 1着 ここなら巻き返しあっていい。好勝負。 -
11 ヴァーミリアン たんぱ杯2歳 1着 今春の成績がサッパリ。巻き返せる? - -
7 12 コスモアブソルート 未勝利 1着 ダート向きの感否めず。この条件では。 - -
13 メガトンカフェ ベンジャミン 3着 詰め甘い。展開ハマれば3着はあるが。 -
8 14 アドマイヤフジ 若葉S 1着 実績は素直に評価。あとは展開次第。
15 シルクトラベラー 500万下 3着 自己条件で勝てず終い。ここでは。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回京都新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第53回京都新聞杯の展望と予想とヨタ話
「真の秘密兵器」の巻

 いわゆる「西の秘密兵器」は登場するのか?
 ダービーへの出走権を賭けた一戦・第53回京都新聞杯

 しかしなぁ、この秘密兵器。きっちり本番(日本ダービー)で炸裂すればいいんだけどさぁ。アグネスフライトとかハーツクライのようにさ。 だけど、この京都新聞杯の好走馬って余計なところで炸裂する奴が多いんだよな。先週、13番人気で天皇賞春を制したスズカマンボは去年このレースで2着している馬だし、 菊花賞でいらんことしたファストタテヤマとか、日経新春杯で2年連続ちょっかい出して中途半端に荒らして帰ったマーブルチーフとかもこの京都新聞杯の勝ち馬。 ま、その意外性があるからこそ真の意味での「秘密」兵器なんだけどさ。

 まぁ、それはいいや。炸裂するのがダービーなのかそうでないのかそんなの分かりゃしねぇ。とりあえず、とっとと京都新聞杯の予想を。 例年2ケタ人気馬が上位に絡んで波乱の決着になっていたこの京都新聞杯ですが、去年は順当に決着。 能力が一枚上の馬が出てきていればその馬で順当に決まるといっていいでしょう。問題はその「能力が一枚上」の馬がいるかどうか。 2歳時の勢いあるならヴァーミリアンでいいのだが、最近すっかりショボくれてしまってますからね。ここは皐月賞5着のアドマイヤフジでいいと思うが... 問題はヒモなんだよなぁ。アドマイヤフジ以外にコレといった馬がいないんッスよ。穴っぽい馬に手広く流すのがベター?

<第53回京都新聞杯予想>

◎アドマイヤフジ
○シルクネクサス
▲インティライミ
△コメディアデラルテ
△コンゴウリキシオー

 正直難しい。順当に決まりそうで決まらない一戦。

結果

1着インティライミ
2着コメディアデラルテ
3着アドマイヤフジ
4着シルクネクサス
5着コンゴウリキシオー

タイム:2分13秒0 3F:36.3秒
インティライミ 牡3歳
騎手:佐藤哲三 厩舎:栗東・佐々木晶厩舎
単勝:7番240円
複勝:7番120円、9番230円、14番120円
枠連:4-5 1420円 馬連:7-9 1380円
馬単:7-9 1800円
3連複:7-9-14 1140円
3連単:7-9-14 5940円
ワイド:7-9 500円
    7-14 170円 9-14 540円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。うーん、でも順番が違うよなぁ。
 2着にコメディアデラルテ突っ込んでそこそこいい配当になったんだが...

 で、京都新聞杯の結果。前半は、3ハロン通過が35.8秒、1000m通過が1:00.2と極端に速いというわけでもなく遅いという訳でもないペース。 だが、このペースにも関わらず、長距離戦にありがちな「3コーナーの坂辺りからよーいドン」の競馬になってしまったもんだからさあ大変。 スローペースだったらゴールまで各馬脚がもつんだが...スローといえるほど遅くはなかったからね。 途中までは良かったんだが、最後の1ハロンが12.6秒もかかっているように全馬失速。レースの上がりも36.3秒と、妙に時計を要する結果になってしまいました。

 そんな中、3コーナーの坂の下りからロングスパートをかけたインティライミが人気に応え1着。 そして2着には内が開いたところを突いて伸びてきたコメディアデラルテ。そして3着には直線勝負に賭けたアドマイヤフジ。 能力もさることながら、うまーくこの流れに乗れた馬が上位を確保しました。

 ま、そんなこんなでこの上位2頭がダービーへの優先出走権を手に入れた訳ですが... やはりディープインパクトを逆転することは難しいですなぁ。ただ、ハイペースで上がりを要する流れになるならば、 インティライミに多少のチャンスはあるかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。