今週のメインdeパツイチ2005
第19回ファルコンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第19回 ファルコンステークス 中京・芝1200m  3歳オープン(GIII) 2005年6月12日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フェリシア フェアリーS 1着 久々が問題。実績は評価するが通用する? - -
2 ケイアイフウジン 小倉2歳S 2着 力はなかなか。あとは仕上がり次第。 -
2 3 マッハジュウクン 500万下 1着 芝でも走る。重賞でも通用して良さそう。
4 マルブツブリザード あやめ賞 1着 前走のスピードは評価。押し切りもある。 -
3 5 ヒカルバローロ 500万下 1着 シンザン記念がまずまずの内容。注意。
6 コスモフォーチュン れんげ賞 1着 距離短縮&相手弱化で巻き返し可能。 -
4 7 スナークファルコン 伏竜S 4着 芝だと力不足。距離も微妙に短いし... - -
8 フラワリングバンク はやぶさ賞 1着 ひょっとして1200mでも長い?距離微妙。 - -
5 9 サイボーグ 500万下 1着 芝でも十分走る。この条件なら注意。 -
10 ジャズファング 葵S 2着 ほどほどには走る。ただ重賞だと? - -
6 11 ロードウィズダム バイオレット 3着 ややパンチ不足。時計かからないと。 - -
12 スパイン 500万下 1着 スピードはある。ハナ奪えれば注意。 -
7 13 ウインサウザー 500万下 1着 芝だとスピード不足の感。厳しい。 - -
14 コパノフウジン クリスタルC 2着 短距離戦では安定。だが、過信は禁物。 - -
15 トーホウレビン 500万下 1着 能力はあるが芝だとちょっと辛いか。 -
8 16 シンボリグラン 葵S 1着 連勝は評価。やはりこの条件が合うか? -
17 カズサライン 橘S 3着 末脚ちょっとだけある。前崩れなら。 - -
18 テイエムチュラサン 橘S 2着 前走ぐらい走れば通用する。展開次第。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第19回ファルコンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第19回ファルコンステークスの展望と予想とヨタ話
「ネクストジェネレーション」の巻

 東京も今週でラストですが、こちらもラストです。
 春の中京開催、最後を飾るのは3歳スプリント重賞・第19回ファルコンS。

 しかしなぁ...このファルコンステークス。また、次に繋がらない重賞になっちゃったよなぁ。 去年の結果って何だよ!その後、誰一人としてまともに走ってないぞ。ようやくタイキバカラが先々週の欅ステークスで2着に入ったぐらいですよ。全くもう何やってんだか...

 さてさて。今年のファルコンステークス。びみょ〜な馬が勢揃い。NHKマイルカップとかクリスタルカップとかで好走している馬が出てくれば期待していいんだけれど、 コスモフォーチュンとかコパノフウジンとかだもんな。どちらもNHKマイルカップでは2ケタ着順。 で、残りの組は葵ステークスとか橘ステークスといった短距離オープン上位馬。だけど、レース自体がぱっとしなかったからなぁ。 レベル的には「?」なのかもな。だったら、500万下特別を好時計で勝ったマルブツブリザードとかでもいいと思うが。

<第19回ファルコンステークス予想>

◎マルブツブリザード
○ヒカルバローロ
▲コスモフォーチュン
△シンボリグラン
△ケイアイフウジン
△マッハジュウクン

 あと、コスモフォーチュン。1200mならなんとかなるでしょ。

結果

1着カズサライン
2着フェリシア
3着シンボリグラン
4着ヒカルバローロ
5着テイエムチュラサン

タイム:1分09秒9 3F:36.9秒
カズサライン 牡3歳
騎手:中舘英二 厩舎:美浦・和田厩舎
単勝:17番4310円
複勝:17番890円、1番370円、16番210円
枠連:1-8 1110円 馬連:1-17 27260円
馬単:17-1 68610円
3連複:1-16-17 50310円
3連単:17-1-16 377520円
ワイド:1-17 6230円
    16-17 2560円 1-16 1460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。カズサラインは厳しいなぁ。
 穴予想◎のヒカルバローロも頑張ってくれたんだが...4着止まりでした。

 で、ファルコンステークスの結果。勝ったのはカズサライン。ま、結論から言ってしまえば微妙な馬が勝ってしまいました。 良馬場発表だったが、終わってみれば勝ちタイムが1分9秒9。ここ数日の雨で馬場はかなり悪くなっていた様子。 そんなこんなで、スピード決着にならなかったことが幸いして「パンチ不足」の馬が台頭しちゃったといったところでしょうか?

 で、勝ったカズサライン。先行馬は総崩れ、かといって直線一気を決められるほどの末脚を発揮できない馬場状態で、 うまーく流れに乗ったといったところでしょうか。道中は中団を追走、直線で比較的馬場状態の良い外側に持ち出し先頭に踊り出ると、 あとは伸び悩む後続馬を振り切って1着。まぁ、今回は中舘騎手がうまく乗った、といったところでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。