今週のメインdeパツイチ2005
第46回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第46回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2005年6月25日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シルクフェイマス 有馬記念 3着 前走多少巻き返す。雨さえ降らなければ。 - -
2 2 ビッグゴールド 天皇賞春 2着 ここ数戦の粘りは評価。ただ今回同型が... - -
3 トウショウナイト 天皇賞春 4着 力つけている。だが前走は展開恵まれた? - -
3 4 ハーツクライ 天皇賞春 5着 末脚勝負に賭けるなら3着はありそう。
5 ボーンキング 天皇賞春 4着 前走久々にも関わらず好走。一変警戒。 -
4 6 ゼンノロブロイ 有馬記念 1着 ぶっつけ本番。そこが多少気掛かりだが。 -
7 コスモバルク ジャパンC 2着 ここ最近凡走続き。やはり気性が問題か。 -
5 8 サンライズペガサス 大阪杯 1着 大阪杯を再評価。ここなら巻き返しも。
9 リンカーン 宝塚記念 3着 GIでも好走多い。2強に割って入ることも? -
6 10 ヴィータローザ 金鯱賞 2着 前走は流れハマった感ある。相手強化で... - -
11 スイープトウショウ 安田記念 2着 末脚強烈。牝馬だが軽く扱うと痛い目に。
7 12 アドマイヤグルーヴ エリ女王杯 1着 前走4着が問題。能力差が出た感じで。 - -
13 サイレントディール オーストT 1着 前走の負けっぷり頂けぬ。巻き返しは? - -
8 14 スティルインラブ 府中牝馬S 3着 牝馬相手でも奮わない現状。復活は... - -
15 タップダンスシチー 宝塚記念 1着 マークは厳しいが押し切れる力ある。順当。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第46回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第46回宝塚記念の展望と予想とヨタ話
「真打ち」の巻

 春のGIシリーズもこれがラスト。第46回宝塚記念。
 ...といってもまだダート路線が残っていますが。帝王賞とかJDダービーとか。

 で、この宝塚記念。ようやく出てきましたよ。去年秋のGIを総ナメしたゼンノロブロイと去年の宝塚記念を制したタップダンスシチーが。 何せ天皇賞春がああいう結果でしたからねぇ。ようやくそれっぽい馬が出てきてホッとしました。あの調子だと春の古馬路線、グダグダになってましたから(笑)

 ま、そんなこんなで今年の宝塚記念。ゼンノロブロイとタップダンスシチー抜きに語れない一戦に。 まぁ、仕方ないよな。この2頭を打ち負かすような馬なんて出走して来なかったんだからさ。ディープインパクトが出てくれば面白かったんだが、 さすがに3歳馬にそこまで要求するのはね。

 ってな訳で、まぁこの2頭は仕方がないでしょう。問題はその順序。その順序を決める上でちょっと気になるのが宝塚記念出走へのローテーション。 ゼンノロブロイは去年の有馬記念制覇した後ぶっつけで勝負する一方、タップダンスシチーは去年同様金鯱賞を使ってこの宝塚記念に出走。この差が結果に出やしませんかね?

 あと、たとえこの2頭で決まったとしても問題は3着なんだよな。3連単で勝負するならそこが悩みどころ。 GIでの走りっぷり考慮すればリンカーンやシルクフェイマス、コスモバルク辺りなんだろうけど、近走がイマイチなんだよなぁ。 だったらいつも直線一気で着を拾っているハーツクライとか、天皇賞春の結果を度外視してサンライズペガサス、安田記念2着を素直に評価してスイープトウショウとかどうですかね? まぁ、買う買わないはオッズ次第ですけどね。

<第46回宝塚記念予想>

◎タップダンスシチー
○ボーンキング
▲ゼンノロブロイ
△ハーツクライ
△サンライズペガサス
△スイープトウショウ

 でも、ヘタに3連単買うとダメかもなぁ。ワイド1点買いが正解かも(笑)

結果

1着スイープトウショウ
2着ハーツクライ
3着ゼンノロブロイ
4着リンカーン
5着サンライズペガサス

タイム:2分11秒5 3F:36.1秒
スイープトウショウ 牝4歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・鶴留厩舎
単勝:11番3850円
複勝:11番680円、4番400円、6番160円
枠連:3-6 6740円 馬連:4-11 11390円
馬単:11-4 28280円
3連複:4-6-11 16320円
3連単:11-4-6 178840円
ワイド:4-11 2920円
    6-11 1560円 4-6 810円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いやぁ...タテ目だ。
 馬券的には馬連ボックス買ってたんでセーフでしたが。

 しかしなぁ...ズバッと当てすぎですよ。井崎脩五郎。スイープトウショウ→ハーツクライの馬単1点で当てるとは。 早めに動いた馬が最後まで持たずそこを追込馬が強襲、という展開も読み通り。タップダンスシチーが早めに動くのはいつも通りだが、今回はちょっと早すぎましたな。 直線に入るまでは良かったんだが、その後の踏ん張りがなくそのままズルズル後退。一方、ゼンノロブロイもつれて早めに動いたもんだったから最後伸びを欠く始末。

 そんなこんなで、井崎氏の読み通り早めに動いた馬が総崩れ。で、やってきたのが後方で控えていた馬。 中団よりやや後ろに控えていたスイープトウショウが直線で伸び悩むタップダンスシチーを交わし先頭へ。 ゼンノロブロイ・ハーツクライが差を詰めるも及ばず、そのままスイープトウショウが凌いでGI制覇。 古馬路線、久々の牝馬によるGI制覇となりました。

 まぁ、牡馬相手でも十分やれるということは安田記念の2着で証明済み。今回手強い相手だったが、展開がズバリ嵌ってこの結果となりました。 逆に、タップダンスシチーは展開が向かなかったにしてもちょっとこれは負けすぎ。直線に入ってからも後続を突き放すような脚が残っていなかったからなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。