今週のメインdeパツイチ2005
第37回函館2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第37回 函館2歳ステークス 函館・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2005年8月7日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シルクドラグーン ラベンター賞 2着 単騎逃げなら前走同様前残りあっていい。
2 2 グレートキャンドル 芝千二1:11.7 1着 新馬戦まずまずの内容。連対圏なら。 -
3 3 ラララウィンパル ダ1:00.0 1着 ダートだがタイムは上々。芝こなせれば。 -
4 4 アイアムエンジェル ダ千1:00.0 1着 芝でも今の函館コースなら大丈夫そうで。 -
5 5 チアズガディス 芝千0:57.8 1着 新馬戦の勝ちっぷり評価。ここでも通用。 -
6 6 モエレジーニアス ラベンダー賞 1着 地方馬だがOP勝ちは評価。通用していい。 -
7 ラッシュライフ 芝千二1:11.8 1着 新馬戦、馬場考慮すれば悪くないタイムで。
7 8 ディープアイ ダ1:00.7 1着 新馬戦楽勝も、レベルいまいちだった? - -
9 リザーブカード ラベンダー賞 4着 前走差のある4着。すでに決着済み? - -
8 10 アリババシチー 芝千二1:11.6 1着 ややパンチ不足か。流れに乗れないと... - -
11 アドマイヤカリブ 芝千二1:09.9 1着 新馬戦楽勝。タイムもなかなか優秀だし。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第37回函館2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、新:新馬or未:未勝利、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第37回函館2歳ステークスの展望と予想とヨタ話
「主役は誰だ?」の巻

 夏の函館開催も今週がラスト。締めくくりはこのレース。
 2歳馬にとって初の重賞・第37回函館2歳ステークス。

 そんなこんなで、ついに登場ですよ、2歳馬。やはり夏競馬の主役と言えばこの馬たちですな。 しかしなぁ...さっぱり分からん。勝ちっぷりで言えばチアズガディスやアドマイヤカリブ、ディープアイ辺りなんだが、 その勝ちっぷりをそのまま鵜呑みに出来ないのが2歳馬。去年だってディープサマー、グランプリペガサス、カシマフラワーといった、 新馬・未勝利を圧勝した馬がいたにも関わらず、結局このレースを制したのは新馬戦を「3馬身差程度」で勝ったアンブロワーズだもんな。 まぁ、そんなディープサマー・カシマフラワーもきっちり2・3着確保してますが(笑)

 ってな感じで、この函館2歳ステークス。難解な一戦。何をもって「強い」とするのか判断に窮する一戦。 勝ちっぷりは一応評価するが、ここはベタにタイムで選んでみましょう。芝1000mを57.8秒で勝ったチアズガディスや、 芝1200mで1分9秒台を叩き出したアドマイヤカリブとかさ。あと、穴っぽいところでは、一見平凡な持ち時計に見えるが 函館の馬場状態を考慮すればなかなかの好タイムで勝ったラッシュライフとかどうでしょう?

<第37回函館2歳ステークス予想>

◎チアズガディス
○ラッシュライフ
▲アドマイヤカリブ
△シルクドラグーン
△モエレジーニアス

 あと怖いのはダート戦勝ち上がり組かな。

結果

1着モエレジーニアス
2着ラッシュライフ
3着アドマイヤカリブ
4着アイアムエンジェル
5着アリババシチー

タイム:1分10秒7 3F:36.6秒
モエレジーニアス 牡2歳
騎手:五十嵐冬樹 厩舎:北海道・堂山芳厩舎
単勝:6番1320円
複勝:6番180円、7番230円、11番110円
枠連:6-6 4440円 馬連:6-7 4440円
馬単:6-7 12200円
3連複:6-7-11 1700円
3連単:6-7-11 28750円
ワイド:6-7 970円
    6-11 280円 7-11 310円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。でも、ギリギリですな。
 まぁ、穴予想◎ラッシュライフはいい狙いでしたけどね。

 で、函館2歳ステークスの結果。やはり2歳戦というのはそう簡単にはいきませんな。 圧倒的人気のアドマイヤカリブでしたが、直線で先頭に立った後がイマイチ。 後続を突き放すどころか、逆に中団に控えていたモエレジーニアス・ラッシュライフに飲み込まれてしまう始末。 4着馬に6馬身の差はつけているが...所詮3着ですからね。

 そんなこんなで、勝ったのは道営のモエレジーニアス。良馬場とはいえ時計がかかる今の函館が合っていたんでしょうか。 ラベンダー賞に続き中央のレースを連勝。まぁ、スピード勝負になったらどうなるか分からんが。 今後は「スピード勝負にどこまで適用できるか」が課題でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。