今週のメインdeパツイチ2005
第10回エルムステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 エルムステークス 札幌・ダ1700m  3歳上オープン(GIII) 2005年9月3日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サイレントディール フェブラリS 2着 前2戦の大敗が問題。ダート戻りで変わる? -
2 2 ハードクリスタル マリーンC 1着 重賞だと甘くなるのが難点。展開次第。 -
3 3 カイトヒルウインド 浦和記念 2着 叩き2戦目。一変あれば連は可能か。 -
4 4 シルバーサーベル 星雲賞 1着 この条件堅実に走るが相手が強すぎで。 - -
5 マルブツトップ 佐賀記念 1着 ようやく立ち直る。だが相手手強いのが... -
5 6 ワンダーハヤブサ 噴火湾特別 1着 ダート1700m3連勝は評価も重賞だとどう? - -
7 パーソナルラッシュ ダイオライト 1着 前走で完全復活。去年同様圧勝あるのでは?
6 8 エドモンダンテス KBC杯 1着 今回相手強力。前走ほど楽は出来ない。 -
9 モエレアドミラル マリーンC 4着 力不足の感は否めず。ここでは厳しい。 - -
7 10 ジンクライシス JCダート 3着 ここ数戦の取りこぼしが問題。展開次第か。
11 ドンクール 兵庫Ch 1着 前走の敗北よりも斤量が厳しい?力あるが... -
8 12 マチカネメニモミヨ 函館記念 4着 相手なりに走る馬?3着なら十分可能そう。 -
13 アッパレアッパレ オグリ記念 3着 長期休養明けで大敗。一変あっても... - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回エルムステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第10回エルムステークスの展望と予想とヨタ話
「開幕戦」の巻

 秋のダートGIへの布石となるか?第10回エルムステークス。
 今年も好メンバーが揃いましたが、さて、結果はいかに?

 で、このエルムステークス。前述の通り好メンバー揃い。去年このレースを圧勝し、 その勢いのままダービーGPを制したパーソナルラッシュに、去年のフェブラリーステークスで不利有りながらもアドマイヤドンに迫ったサイレントディールや、 JCダート3着のジンクライシスが出走。他にも、5連勝で重賞を制した3歳馬ドンクール、佐賀記念勝ちのマルブツトップ、OP戦で好走しているエドモンダンテス、ハードクリスタルといった辺りも集結。 秋のダート路線、開幕戦として相応しい重賞となりました。

 ただ、これらの馬が秋のダートGIで主役を担えるかというとねぇ...難しいところですな。 ブリーダーズGCで一足先に始動したサカラート・タイムパラドックスや、JDダービーを圧勝した3歳馬カネヒキリ、 そしてフェブラリーステークスを勝ったメイショウボーラーを相手にしないといけないからね。 「これらの馬を破る馬」というより、「これらの馬にひっついてくる馬」になることを期待してしまうんだが...

<第10回エルムステークス予想>

◎パーソナルラッシュ
○マチカネメニモミヨ
▲サイレントディール
△ハードクリスタル
△ジンクライシス
△カイトヒルウインド

 予想はパーソナルラッシュ中心。ただ、ヒモ選びが難しいなぁ。

結果

1着パーソナルラッシュ
2着ジンクライシス
3着カイトヒルウインド
4着マルブツトップ
5着ハードクリスタル

タイム:1分44秒9 3F:37.9秒
パーソナルラッシュ 牡4歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・山内厩舎
単勝:7番480円
複勝:7番220円、10番220円、3番280円
枠連:5-7 850円 馬連:7-10 2060円
馬単:7-10 4240円
3連複:3-7-10 7720円
3連単:7-10-3 32100円
ワイド:7-10 750円
    3-7 1430円 3-10 890円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。いやぁ、ヒヤヒヤもんでしたな。
 直線入ったときに突き放されてしまったから...もう、ダメかと。

 まぁ、ちょっと肝を冷やしましたがパーソナルラッシュが差し切り勝ち。休み明けが堪えたのか59kgが堪えたのか分からないが、 道中の行きっぷりが悪く後方からの競馬に。ようやく向こう正面辺りでエンジンがかかり、3コーナー付近でマクり気味に進出するも先頭を捉えるには至らず。 その後、コーナーワークで突き放されてしまい「万事休す」かと思われたのだが...まだ勝敗は決していませんでした。

 ジリジリと前との差を詰め、先に抜け出したジンクライシス・カイトヒルウインドが止まりかけたところを一気に強襲。 ゴール直前でハナ差ジンクライシスを捕え1着。多少展開に助けられた面もありましたが、59kg背負ってこういう競馬できたのは評価していいでしょう。 着差以上に強い競馬だったんじゃないでしょうか。

 あと、それ以外の馬。サイレントディールは最後まで流れに乗り切れず。6着に破れはしたものの、それほど悲観する内容ではないでしょう。 ドンクールは...やはり馬体重+22kgが敗因でしょうな。まともならもっと粘れていたハズだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。