今週のメインdeパツイチ2005
第40回札幌2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 札幌2歳ステークス 札幌・芝1800m  2歳オープン(GIII) 2005年10月1日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アキノレッドスター 芝千八1:55.1 1着 終いの脚はまずまず。楽に先手なら前残りも。
2 2 ディープエアー コスモス賞 1着 同じ札幌芝1800m勝ちあるのは評価。連下で。 -
3 3 ナイトレセプション 芝千五1:30.2 1着 前走楽勝。相手手強くなるが展開次第で。 -
4 4 ニシノアンサー クローバ賞 2着 逃げるのはこの馬?単騎なら前走の再現も。 -
5 モエレジーニアス 函館2歳S 1着 時計かかるなら前走の再現も。軽視は禁物。 -
5 6 トップオブサンデー 芝千八1:52.4 1着 ジリ脚。だが、馬場渋れば面白い一頭。 -
7 ニシノロドリゲス 芝千八1:51.6 1着 新馬戦まずまずの内容。今回相手揃うが怖い。 -
6 8 マイネジャーダ 芝千五1:30.8 1着 ハナ争いが問題。うまく先手取れればいいが... - -
9 マイネルブーバリス 芝千八1:49.0 1着 ここ相手揃った。前走みたいにうまくいくとは。 - -
7 10 マイネルバシリコス 芝千八1:53.6 1着 ちょっとパンチ不足かも。相手揃ったここでは。 - -
11 マツリダゴッホ 芝千八1:52.8 1着 新馬勝ちっぷり評価。まだ上目指せそうで。 -
8 12 フラムドパシオン 芝千七1:44.3 1着 新馬戦出遅れも一捲りで圧勝。能力高い。 -
13 アドマイヤムーン クローバ賞 1着 前走際どかったが勝ちは勝ち。ここでも注意。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回札幌2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、新:新馬or未:未勝利、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第40回札幌2歳ステークスの展望と予想とヨタ話
「秋の収穫祭」の巻

 今週で札幌開催終了。最後は夏競馬らしく2歳の重賞で〆ます。
 名馬を続々と輩出する登竜門的重賞・第40回札幌2歳ステークス。

 まぁ、そんなこんなでこの札幌2歳ステークス。有力馬を次々と3歳クラシック戦線に送り出す重賞としてすっかり定着。 去年の勝ち馬は故障で3歳クラシック戦線から脱落してしまいましたが、共同通信杯を勝ち、朝日杯FSでも2着に入ったストーミーカフェ。 それ以前もGIで好走する馬を続々輩出していますからね。今年もそんな馬が登場するんでしょうか?要チェック!

 しかしやねぇ...今年の札幌2歳ステークスは難しいぞ。チェックするにも素質馬盛り沢山だからね。 道営所属馬だが函館2歳ステークスを制したモエレジーニアスや、順当にオープンを勝ちあがったディープエアー・アドマイヤムーンがここに出走。 さらに新馬を快勝したフラムドパシオン・マツリダゴッホ・ニシノロドリゲスがいますからねぇ。いやぁ、豊作豊作。これだけ揃うと、正直どれ選んでいいやら分かりませんわ(笑) 一応、福島の新馬を出遅れながらマクって楽勝したフラムドパシオンから入ってみるけど...どうかな?

<第40回札幌2歳ステークス予想>

◎フラムドパシオン
○ナイトレセプション
▲マツリダゴッホ
△ディープエアー
△アキノレッドスター
△モエレジーニアス

 ただ、天気が微妙ですな。馬場渋ると波乱の可能性もあるのでは?

結果

1着アドマイヤムーン
2着ディープエアー
3着モエレジーニアス
4着ナイトレセプション
5着トップオブサンデー

タイム:1分50秒4 3F:36.0秒
アドマイヤムーン 牡2歳
騎手:本田優 厩舎:栗東・松田国厩舎
単勝:13番290円
複勝:13番140円、2番290円、5番270円
枠連:2-8 880円 馬連:2-13 1470円
馬単:13-2 2130円
3連複:2-5-13 2630円
3連単:13-2-5 12770円
ワイド:2-13 620円
    5-13 570円 2-5 1090円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、タテ目ですか。
 穴予想◎ナイトレセプションとかいい狙いだったのに、4着だしなぁ...

 でもって、札幌2歳ステークスの結果。何だかねぇ...現時点での完成度の高さがそのまま結果に出たいう感じでしたな。 今回は出遅れずにスムースに事を運べたアドマイヤムーンが中団から徐々に進出。直線で逃げたアキノレッドスターを捕え先頭に立つと、 あとは迫るディープエアー・モエレジーニアス・ナイトレセプションをおさえ押し切り勝ち。まぁ、出遅れ癖が解消すればこれくらいはやれていい馬ですからね。 妥当な結果じゃないでしょうか。

 逆に、若さがアダになった馬は多数。人気のフラムドパシオンやマツリダゴッホ等、外枠にいた馬がごっそり出遅れ。 また、直線で追い出してもフラフラする馬がちらほら。まぁ、今回は負けてしまいましたが、もうちょっとまともにレースできるようになれば変ってくるんじゃないでしょうか。 まだ見限れませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。