今週のメインdeパツイチ2005
第5回JBCスプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 JBCスプリント 名古屋・ダ1400m  3歳上オープン(GI) 2005年11月3日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カセギガシラ 東京シティ盃 3着 交流重賞ではイマイチ。相手も揃ってるし。 - -
2 2 ノボトゥルー 北海道SC 2着 尻すぼみ。前々で競馬出来れば多少は... - -
3 3 ハタノアドニス かきつばた記 3着 前走は展開嵌らず。うまく先手取れれば。 -
4 4 メイショウボーラー フェブラリS 1着 かしわ記念が問題。地方のダート合わない? -
5 5 ニホンピロサート さきたま杯 1着 前走の末脚は素直に評価。鞍上にも期待。
6 タイガーロータリー スプリント 1着 交流重賞でもそこそこ走る。3着なら。 -
6 7 マンボツイスト 栗駒賞 1着 10歳にして復調。入着程度なら有り得る。 - -
8 ブルーコンコルド シリウスS 1着 前走58kg背負って完勝。あとは展開次第で。
7 9 トーシンブリザード さきたま杯 3着 叩き2戦目で変わり身あれば多少はやれる。 -
10 ヨシノイチバンボシ かきつばた記 1着 交流重賞勝ち評価。GIでも通用していい。
8 11 ベルモントソレイユ 東京盃 5着 流れに恵まれてようやく入着程度。ここも。 - -
12 アグネスジェダイ 東京盃 1着 大外枠が問題。行ききれれば通用するが... -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第5回JBCスプリント枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第5回JBCスプリントの展望と予想とヨタ話
「スプリント?」の巻

 JBCシリーズはこのレースからスタート。第5回JBCスプリント。
 ただ、スプリントといっても1200mじゃなくて1400mですが(笑)

 そんなこんなでこのJBCスプリント。さすがに「GI」ということもあってそれ相応の馬が出走してきました。 フェブラリーステークスを圧勝したメイショウボーラーを筆頭に、重賞連勝で勢いに乗るブルーコンコルド・アグネスジェダイ、 立ち直ったニホンピロサート、交流重賞でも活躍している地元名古屋のヨシノイチバンボシがこのJBCスプリントに登場。

 まぁ、予想自体は前述の馬の中から何頭か選べばいいだけなのだが...問題はその順序。展開や枠順から予想を立ててもいいのだが、 その前に考慮しておかないといけないことが。それは距離。「JBCスプリント」なのに1400mですからね。この200m延長が微妙に影響を与えそうな気が...

 とか言ってみたが、ゴメン、前言撤回。よく見ればベストが1400mという奴ばかりだ(笑)ほとんどの馬が1400mの重賞勝ちある馬とはね。 という訳で、ベタな予想にします。連勝で勢いに乗るブルーコンコルドで!と言いたいが、ちょっと仕掛け所が難しい。うまく先行してくれるならいいのだが。 だったら、ニホンポロサートで勝負しましょうか。鞍上は元笠松所属の安藤勝己。笠松と交流がある名古屋競馬場は熟知してていい筈。 うまく乗ってくれれば十分勝負になるでしょう。

<第5回JBCスプリント予想>

◎ニホンピロサート
○ハタノアドニス
▲ブルーコンコルド
△ヨシノイチバンボシ
△メイショウボーラー
△アグネスジェダイ

 全く関係ない話だが、4Rのアレっていいのかな?大々的にやっちゃって(笑)

結果

1着ブルーコンコルド
2着ハタノアドニス
3着ノボトゥルー
4着メイショウボーラー
5着ニホンピロサート

タイム:1分25秒3
ブルーコンコルド 牡5歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・服部厩舎
単勝:8番190円
複勝:8番130円、3番990円、2番390円
枠連:3-6 10720円 馬連:3-8 19130円
枠単:6-3 22440円 馬単:8-3 25170円
3連複:2-3-8 59150円
3連単:8-3-2 393070円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!来たよ!ハタノアドニスが!!!
 しかし...9番人気ですか。ハタノアドニス。2003年の東京盃勝ち馬なのに。

 まぁ、それはともかくとして...やはり強かった。ブルーコンコルド。重賞2連勝はダテじゃなかった、といったところでしょうか。 スタート直後は後方に待機するも、そこから徐々に進出。気がつけば逃げたメイショウボーラー、ハタノアドニス、ヨシノイチバンボシの後ろまで進出していました。 で、直線で前述の先頭集団をアッサリ交わし、あとは一人舞台。2着に5馬身の差をつけて圧勝してしまいました。

 あと、それ以外の馬。2番人気のメイショウボーラーは自分の競馬をしたが...直線半ばで失速。 展開云々ということもあるんでしょうが、やはりスピード勝負になりやすい「軽いダート」の方がいいのかも。 2着のハタノアドニスは前に行ってしぶとく食い下がる。過去、サウスヴィグラスを下して東京盃を制しているように、 能力はなかなかのものを持っている馬。あれから2年経っているが、これくらいの仕事は出来て不思議ではないでしょうな。 3着のノボトゥルーはうまく流れに乗れました。直線ではポッカリと空いた最内を突いて2着争いに参戦。 まぁ、ここで取りこぼしてしまう辺り「さすがに年かな」と。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。