今週のメインdeパツイチ2005
第57回阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 阪神ジュベナイルフィリーズ 阪神・芝1600m  2歳牝オープン(GI) 2005年12月4日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コイウタ 京王杯2歳S 3着 牡馬相手に3着は評価。牝馬同士なら。
2 キーレター 500万下 7着 新馬勝ったのはいいが、その後サッパリで。 - -
2 3 ブラックチーター ファンタジー 11着 前走出遅れて競馬にならず。改めて。 -
4 エイシンアモーレ フェニックス 1着 枠順次第でこの馬がハナ?行ききれれば。 -
3 5 シークレットコード 芝千六1:37.1 1着 新馬の末脚なかなか。前止まればチャンス。 -
6 クリノスペシャル りんどう賞 1着 前走の大敗が問題。巻き返しあるのか? - -
4 7 コスモミール ダリア賞 1着 重賞でもそこそこ善戦。3着なら十分ある。 -
8 シェルズレイ 芝千六1:35.0 1着 前走は展開に恵まれた感否めず。厳しい。 - -
5 9 アサヒライジング サフラン賞 1着 楽に先手なら前走の再現も可能。枠順次第。 - -
10 サチノスイーティー 500万下 4着 スピード見劣る。芝だと厳しそうで。 - -
6 11 セントルイスガール 小倉2歳S 2着 Aアクトと僅差の競馬あり。巻き返し注意。 -
12 テイエムプリキュア かえで賞 1着 前に行ってしぶとく粘る。流れに乗れれば。
7 13 グレイスティアラ エーデル賞 1着 芝でスピード勝負となるとちと辛い気が... - -
14 アルーリングボイス ファンタジー 1着 負かせるような相手おらず。順当勝ち? -
15 プラチナローズ 福島2歳S 1着 ちょいとパンチ不足。時計かからないと。 - -
8 16 フサイチパンドラ 芝千八1:48.1 1着 新馬の圧勝は評価。逆転できる逸材? -
17 ベストストーリー コスモス賞 5着 それなりに走るが...ここでは3着までか。 - -
18 アイスドール 赤松賞 1着 前走展開嵌った感あるが、末脚は侮れぬ。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回阪神ジュベナイルフィリーズ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、新:新馬or未:未勝利、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2005年版
第57回阪神ジュベナイルフィリーズの展望と予想とヨタ話
「2歳馬マジック」の巻

 今週から阪神・中山開催スタート!有馬記念までまっしぐら。
 だけど、その前に2歳GIシリーズが。まずは阪神で2歳牝馬のGI・第57回阪神JF。

 さて、この阪神ジュベナイルフィリーズ。すっかり「アルーリングボイスのためのGI」となりつつあるが...ちょっと待ってくれい。 確かに、小倉2歳ステークス・ファンタジーステークスを含む4連勝は評価できるのだが...ここまで人気一本被りになっていいんでしょうかねぇ?

 というのも、小倉2歳ステークス・ファンタジーステークスを勝ってはいるものの、共に差は僅か。前走のファンタジーステークスでは驚異的な末脚で差し切り勝ちしたが、 それはハイペースで前が止まっただけと言えなくもないし。まぁ、これらの理由も確かにあるのだが、一番の理由はねぇ...やはり「2歳馬」には何が起こるか分かりません。

 なにせ、阪神ジュベナイルフィリーズ、阪神3歳牝馬ステークス時代から荒れてばっかりですからね。 実際、去年はラインクラフト、一昨年はスイープトウショウと「絶対視」されていた馬が見事沈没。 その後の活躍っぷりを考えると、ここは楽に勝てていい筈だったんだけど...何故か負けちゃいました。 これぞ2歳馬マジック。まぁ、年頃の娘はいろいろと難しいやね。

<第57回阪神ジュベナイルフィリーズ予想>

◎アルーリングボイス
○エイシンアモーレ
▲コイウタ
△フサイチパンドラ
△ブラックチーター
△テイエムプリキュア

 穴狙うなら好走例多い「逃げ馬」で。エイシンアモーレいい枠引いたねぇ。

結果

1着テイエムプリキュア
2着シークレットコード
3着フサイチパンドラ
4着エイシンアモーレ
5着アサヒライジング

タイム:1分37秒3 3F:36.7秒
テイエムプリキュア 牝2歳
騎手:熊沢重文 厩舎:栗東・五十嵐厩舎
単勝:12番2260円
複勝:12番570円、5番720円、16番210円
枠連:3-6 6520円 馬連:5-12 19200円
馬単:12-5 44990円
3連複:5-12-16 32830円
3連単:12-5-16 310290円
ワイド:5-12 5470円
    12-16 1730円 5-16 1900円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、タテ目ですか。
 エイシンアモーレ頑張ったんだが...4着止まりだし。

 でもって、今回の阪神ジュベナイルフィリーズ、馬場がすべてでしたな。終わってみれば勝ち時計は1分37秒3だし、上がり3ハロンは36.7秒。 発表こそ良馬場だったが、直前の雨で急激に悪化していた様子。この馬場状態がこのレースの明暗を分ける結果に。

 こんな馬場状態だから後方待機組の末脚は全て不発。人気のアルーリングボイスもこの馬場に持ち味である末脚を殺され、さっぱり伸びず。 2番人気のフサイチパンドラは後方からじわじわと伸びたが、それでも3着が精一杯。じゃあ逃げ馬がそのまま残ったかというと...それも違う。 前半3ハロン通過は35.5秒だったが、馬場状態を考慮すればやや速すぎた?前に行った馬は、一応粘りはみせるものの最後で失速してしまうし。

 で、やってきたのが好位につけていたテイエムプリキュア。直線では前を捕えられるか微妙な脚色だったが、 他馬の脚色が鈍ったこともあって最後ぐいっと一伸び。無傷の3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制覇しました。

 しかしねぇ、問題はアルーリングボイス。馬場が悪かったとか展開が向かなかったとか、負ける要因はあったにしても14着は負けすぎ。 単純に「距離の壁」ならいいのだが...実は早熟だったりするのかなぁ。来年春の動向には要注目ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。