今週のメインdeパツイチ2006
第44回京都金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 京都金杯 京都・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2006年1月5日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウインクリューガー スワンS 3着 末脚なかなか。ただこの相手では辛いかも。 - -
2 シルクトゥルーパー 橘S 1着 叩き2戦目で一変あればいいが...距離も長いし。 -
2 3 チアフルスマイル 愛知杯 2着 前走が案外。最軽量で妙味はあるのだが... - -
4 ディアデラノビア オークス 3着 オークスではGI馬2頭といい勝負した。注意。 -
3 5 ビッグプラネット スワンS 5着 前走が案外。マイルCSぐらい走ればいいが... - -
6 キネティクス 東京新聞杯 2着 末脚強烈。馬場状態良ければ大外一気も。
4 7 ニューベリー ファイナルS 1着 マイルでの好走評価。重賞でも通用していい。
8 シルクフェイマス 有馬記念 3着 実績的には上だが、最近凡走多いのが難点。 - -
5 9 エイシンドーバー オリオンS 1着 準オープンを快勝。ハンデ53kgでチャンスも。 -
10 グレイトジャーニー ディセンバS 1着 復活して手堅く走るようになる。ヒモで。 -
6 11 マイネソーサリス 愛知杯 1着 牝馬同士の前走よりハンデ1kg増。ちと厳しい。 - -
12 メイショウオスカル 福島牝馬S 1着 ちょっとハンデ重い。前走よく走っているが... - -
7 13 アルビレオ 京都金杯 2着 去年の2着馬。ただ、去年よりハンデ2kg増で。 -
14 マイネルハーティー NZトロフィー 1着 末脚はあるがいつ走るか分からない。穴で。 -
8 15 オレハマッテルゼ 京王杯SC 2着 前に行ってしぶとい馬。粘りには注意。 -
16 ペールギュント NHKマイルC 4着 徐々に上向く。そろそろ走っていい頃。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回京都金杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第44回京都金杯の展望と予想とヨタ話
「Next」の巻

 年明け一発目はやはりこのレース。金杯。
 西の金杯はマイルの金杯。第44回京都金杯。

 さて、この京都金杯。マイル戦に変更され次々と有力馬を輩出する重賞に変貌。ちなみに去年の勝ち馬は後にマイルCSを制することになるハットトリック。 今年の京都金杯、なかなかのメンバーが揃ったのだが...ここを勝って一気に飛躍する馬は現れるんでしょうか?

 でもって、そんな京都金杯。先々期待できそうな馬が揃っています。まずはオークスでシーザリオ・エアメサイアといったGI馬といい勝負をしたディアデラノビア。 このレース後、骨折して戦線を離脱していたがようやく復帰。ここで結果を残せば、今年新設された牝馬限定GI・ヴィクトリアマイルに繋がりますからね。 どれだけやれるか、注目の一戦。

 あとは、重賞で勝ちきれなかった馬や、オープン・準オープンを勝ってここに駒を進めた馬がここを勝ってGI戦線に乗れるかどうかでしょうな。 GIでも好走しているペールギュントや、マイル重賞で好走あるキネティクス・アルビレオ・オレハマッテルゼ・マイネルハーティーがきちんと結果を出せるか、 そこにも注目ですな。こっちは安田記念に繋がってくるんで...

<第44回京都金杯予想>

◎キネティクス
○エイシンドーバー
▲ペールギュント
△オレハマッテルゼ
△ニューベリー
△ディアデラノビア

 予想はキネティクス中心。ハットトリックといい勝負しただけにねぇ...

結果

1着ビッグプラネット
2着ニューベリー
3着アルビレオ
4着グレイトジャーニー
5着ウインクリューガー

タイム:1分34秒0 3F:34.9秒
ビッグプラネット 牡4歳
騎手:和田竜二 厩舎:栗東・南井厩舎
単勝:5番1240円
複勝:5番420円、7番740円、13番480円
枠連:3-4 3440円 馬連:5-7 18930円
馬単:5-7 32360円
3連複:5-7-13 78180円
3連単:5-7-13 418950円
ワイド:5-7 5160円
    5-13 3590円 7-13 3540円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。枠連なら的中なんですけどねぇ。
 ビッグプラネットが勝つとは。ニューベリーはいいんだけどさ...

 しかし...こっちも波乱の決着ですか。馬連は万馬券、3連単は40万馬券という結果に。というより、ニューベリーが人気なさすぎですな。 前走そこそこメンバー揃ったファイナルSを快勝しているのに...12番人気とはね。3着のアルビレオだって去年このレース2着に入っている馬なのに9番人気だし。 そんなこんなで割と無難な馬が上位を占めたが波乱の決着に。

 でもって、京都金杯の結果。終わってみれば「行ったもん勝ち」のレースでしたな。逃げたビッグプラネットがそのまま押し切り勝ち。 そして2番手にいたニューベリーも迫るアルビレオをハナ差しのいで2着確保。逆に後方にいた馬は外にヨレたエイシンドーバーのあおりを食らったり、 前が止まらなかったこともあってあと一歩届かず。

 しかし、人気の一角を担ったディアデラノビア。直線で内にササってしまい伸びきれず6着止まり。 さすがに休み明けはキツかったんでしょうかねぇ。極端な負け方をしなかっただけに、叩き2戦目で変わってくれば復活あっていいんじゃないでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。