今週のメインdeパツイチ2006
第13回平安ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 平安ステークス 京都・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2006年1月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルボウノット 春待月S 1着 小回り後者。いい位置確保できれば重賞でも。
2 タガノゲルニカ アレキサンド 1着 未勝利から4連勝でOP入り。ただ今回相手が... -
2 3 サイレントディール フェブラリS 2着 最近成績サッパリなのが問題。スランプか。 - -
4 ハギノベルテンポ 灘S 1着 前走案外だったが展開嵌ればチャンスはある。 -
3 5 ミツアキサイレンス 笠松G 4着 以前の勢いない。年齢には勝てぬか... - -
6 ドンクール ダービーGP 3着 重賞での成績がイマイチ。頭打ち気味で。 - -
4 7 ヒシアトラス 平安S 1着 去年の勝ち馬。前走ぐらいきっちり走れば。 -
8 ハードクリスタル 浦和記念 2着 ややパンチ不足。流れに乗れれば連下あるが... - -
5 9 アンドゥオール ベテルギウス 2着 前走久々だったが2着。GI好走馬なだけに。
10 ヴァーミリアン 浦和記念 1着 ダート替わりで連勝も、斤量3kg増が気になる。 -
6 11 タガノマイバッハ 京都記念 3着 長期休養明けな上にダート初挑戦。様子見。 - -
12 エーピーフラッシュ 灘S 4着 今回叩き2戦目だが...さすがにこの相手では。 - -
7 13 マルブツトップ 佐賀記念 1着 中央ではどうも詰めが甘い。3着穴なら。 -
14 ベラージオ 東京大賞典 4着 前走4着は評価できる。立ち回り方次第で。 - -
8 15 ワイルドワンダー フェアウェル 1着 フェアウェルSの楽勝評価。重賞でも通用。
16 メイショウサライ サウジC 1着 末脚はなかなかのもの。前が止まれば一発も。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回平安ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第13回平安ステークスの展望と予想とヨタ話
「試験」の巻

 この日試されるのは受験生だけじゃない。このレースもそう。
 フェブラリーステークスへのセンター試験?第13回平安ステークス。

 まぁ、そんなこんなでこの平安ステークス。前述の通りフェブラリーステークへのステップレース。 ま、ステップレースはこの平安ステークス以外にも川崎記念や根岸ステークスもあるけどさ。とりあえず「西の代表決定戦」といったところでしょうか。

 しかしねぇ、この平安ステークス。難解。一見、ヴァーミリアンが抜けているように思えるが、相手手薄な交流重賞を圧勝しただけですからね。 それなりの相手が揃った今回、前走のようにうまく事が運ぶかどうか。さらに、古馬になって斤量減の特権もなくなっちゃったし。前走より斤量+3kg増の57kgだからねぇ...どうなるか分かりませんよ。

 という訳で、人気になる割には死角が多いヴァーミリアンは割が合わないのでパス。この馬の影に隠れて人気落としそうなヒシアトラスでどうでしょうか? 実力馬が連覇することが多いこの平安ステークス、去年の勝ち馬ヒシアトラスが今年もきっちり仕事して平安ステークス連覇することがあってもいいでしょう。 しかも、鞍上は「平安ステークスには滅法強い」四位騎手だし。

 あとは、前残りが多いことを考慮して前につけられるマイネルボウノットや、準オープン勝ちの内容を評価してタガノゲルニカ・ワイルドワンダー、 GIでの好走を評価してアンドゥオール辺りを。一発狙うなら能力あるがなかなか展開がハマらないハギノベルテンポとかかな?

<第13回平安ステークス予想>

◎ヒシアトラス
○ハギノベルテンポ
▲アンドゥオール
△マイネルボウノット
△タガノゲルニカ
△ワイルドワンダー

 別定戦の割にはよく荒れるレースだからねぇ。積極的に穴狙いましょうや。

結果

1着タガノゲルニカ
2着ヴァーミリアン
3着ハードクリスタル
4着アンドゥオール
5着ヒシアトラス

タイム:1分50秒2 3F:35.5秒
タガノゲルニカ 牡4歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池添厩舎
単勝:2番1030円
複勝:2番350円、10番230円、8番770円
枠連:1-5 740円 馬連:2-10 2400円
馬単:2-10 5840円
3連複:2-8-10 21870円
3連単:2-10-8 130780円
ワイド:2-10 1020円
    2-8 4210円 8-10 2790円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印打った馬が来たことは来たが…
 軸馬が中途半端な結果だったからなぁ。4・5着って。

 で、平安ステークスの結果。終わってみればほぼ前に行ったもん同士で決着。2番手につけていたタガノゲルニカが直線で先に先頭に立つと、 その後ろの集団にいたヴァーミリアンがこれを追撃。ヴァーミリアンが差せそうな雰囲気あったが...タガノゲルニカが二の脚をつかってこれを封じ1着確保。 未勝利から5連勝。ついに重賞も手中に収めました。

 しかしねぇ、この結果がそのままフェブラリーステークスに直結するとは思えませんな。ただでさえ先行馬有利な京都コースだった上にこの展開でしたからね。 まぁ、1・2着馬は評価するけど...むしろ、4着のアンドゥオールの方が妙味あるかもしれんな。上がり3ハロンが35.5秒というペースにも関わらず、 直線でよく伸びてきたのは評価。展開さえハマれば、本番でも一発あっていいような気がするが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。