今週のメインdeパツイチ2006
第20回根岸ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 根岸ステークス 東京・ダ1400m  4歳上オープン(GIII) 2006年1月29日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リンガスローレル ジャニュアリ 1着 元々準OPで好走していた馬。それなりに走る。 -
2 アグネスジェダイ 東京盃 1着 前2戦がイマイチ。相手揃うと詰めが甘く。 - -
2 3 トウショウギア 霜月S 1着 東京コースは鬼。相手揃うが重賞でも注意。
4 ニシノコンサフォス 羅生門S 1着 前走は展開ハマった感あり。重賞では辛いか。 - -
3 5 メイショウボーラー フェブラリS 1着 東京コースなら問題ない。スピードで押し切り。 -
6 サンライズバッカス 武蔵野S 1着 カネヒキリを下したのは評価。距離短縮も○。 -
4 7 リミットレスビッド ガーネットS 1着 前走の末脚評価。ただ展開嵌ったという見方も。 - -
8 ニホンピロサート 兵庫ゴールド 1着 実績は評価も時々不可解な負け方するのが難点。 -
5 9 マイティスプリング ギャラクシー 1着 3連勝で一気に重賞へ。だがここ相手強いか。 - -
10 プライドキム 全日本2歳 1着 3歳以降妙に甘さ残る競馬ばかり。ちと辛い。 - -
6 11 バランスオブゲーム 中山記念 1着 初ダート。芝のGIIキングがどこまでやれる?
12 タイキエニグマ 師走S 1着 東京ダ1400m2戦2勝。条件はいいが相手が... - -
7 13 ダイワキングコン 伏竜S 1着 前2戦が2ケタ着順。スランプに陥ったか。 - -
14 ハタノアドニス JBCスプ 2着 10歳馬だがまだ走る。展開嵌ればJBCの再現も。 -
8 15 シルヴァーゼット ガーネットS 2着 ダートで一変。前走の2着フロック視できぬ。 -
16 テイエムアクション プロキオンS 3着 ちょっと足りない。3着はあっていいが... -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回根岸ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第20回根岸ステークスの展望と予想とヨタ話
「ステップ」の巻

 川崎記念も終わり、残るステップレースはこれのみ。
 フェブラリーステークスへの最終ステップレース。第20回根岸ステークス。

 でもって、この根岸ステークス。前述の通りフェブラリーステークスへのステップレース。 フェブラリーステークスのステップレースは平安ステークス・川崎記念とあるが、条件的にもっとも「ステップらしい」レースがこの根岸ステークス。 実際、去年このレースを圧勝した制したメイショウボーラーがそのまま本番でも根岸ステークス同様圧勝していますし。

 まぁ、そんなこんなで、フェブラリーステークスを語る上で重要な一戦になりそうなこの根岸ステークス。今年は、去年同様ここを勝って本番でもきっちり結果を出したいメイショウボーラーに、 武蔵野ステークスで去年の最優秀ダート馬カネヒキリを下したサンライズバッカス、めきめきと力をつけついにガーネットステークスで重賞制覇したリミットレスビッドといった、本番でも有力視されそうな馬が出走。 他にも準オープン・オープンを快勝した馬も多数いますし。どういう結果になるか注目のレース。

 ...とりあえすそれはそれとして、この根岸ステークスの予想。ポイントは東京のダートで行われるという点。 他のコースと違いダートが軽いため、スピード勝負になりやすいのが特徴。これまで好走していたが東京のダートになって詰めが甘くなり取りこぼすこともあれば、 軽くなったダートで一変する馬も。さらに、芝路線から転戦してきた馬がいきなり好走するケースが多いのがこの東京ダート。ここいらを踏まえて予想しないとね。

<第20回根岸ステークス予想>

◎メイショウボーラー
○シルヴァーゼット
▲トウショウギア
△バランスオブゲーム
△ニホンピロサート
△リンガスローレル

 で、中心はメイショウボーラー。東京ならスピードで押し切れるでしょ。

結果

1着リミットレスビッド
2着タイキエニグマ
3着トウショウギア
4着サンライズバッカス
5着シルヴァーゼット

タイム:1分23秒7 3F:37.0秒
リミットレスビッド 牡7歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・加用厩舎
単勝:7番1100円
複勝:7番360円、12番230円、3番280円
枠連:4-6 2280円 馬連:7-12 3450円
馬単:7-12 8130円
3連複:3-7-12 7990円
3連単:7-12-3 58400円
ワイド:7-12 1120円
    3-7 1490円 3-12 800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、まるっきりダメですな。
 全く狙えない馬ではないんだが...ちょっとねぇ。

 でもってそんな根岸ステークスの結果。勝ったのはリミットレスビット。前走のガーネットステークスに続き重賞連勝。 やはりダートが合うんでしょうな。今回も前走同様中団からの競馬。そして直線で追い出すと、前で争っていたトウショウギア・シルヴァーゼット・メイショウボーラー・ニシノコンサフォスをあっさり抜き去り先頭へ。 最後、タイキエニグマが差を詰めてくるがすでに勝敗は決着済み。リミットレスビットが2馬身差をつけ完勝。

 しかしなぁ、この結果をどう受け止めればいいか分からん。サンライズバッカス・メイショウボーラーといった「きっちり結果ださないとダメな馬」が4着・7着とイマイチの内容。 ここはステップレースだと割り切って度外視してもいいんだが...新興勢力が台頭してきたと考えるのが妥当でしょう。となると、このダート路線、勢力図がガラッと変わるのかもな...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。