今週のメインdeパツイチ2006
第23回フェブラリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 フェブラリーステークス 東京・ダ1600m  4歳上オープン(GI) 2006年2月19日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リミットレスビッド 根岸S 1着 重賞連勝も評価上がらず。馬券的に妙味。 -
2 タイキエニグマ 根岸S 2着 前走の末脚評価。東京ダート得意なだけに... -
2 3 ユートピア 南部杯 1着 距離は合うが東京苦手。同型もいるし。 - -
4 ニホンピロサート 兵庫ゴールド 1着 前走案外だがたまに一発カマす馬。3着穴で。 -
3 5 スターキングマン JCダート 3着 JCダートフロック視できぬ。一発あっていい。 -
6 サカラート NTV盃 1着 尻すぼみ。去年夏場の勢い戻ればいいのだが。 -
4 7 アジュディミツオー 東京大賞典 1着 時計のかかるダート向き。東京ダートでは。 - -
8 ヴァーミリアン 浦和記念 1着 ダート転向後の成績評価もこの相手では... - -
5 9 シーキングザダイヤ JCダート 2着 GIで2着ばかりだが、東京なら逆転も可能。 -
10 メイショウボーラー フェブラリS 1着 前走案外だったが単騎逃げなら去年の再現も...
6 11 ブルーコンコルド JBCスプ 1着 前走ハンデと太め残り堪えた。ここ巻き返し。 -
12 トウショウギア 根岸S 3着 東京得意だが...前走が精一杯の感あって。 - -
7 13 タイムパラドックス JBCクラ 1着 乗り替わり等諸々で人気落ち。逆に妙味?
14 カネヒキリ JCダート 1着 実績は評価も絶対視禁物。差はあまりない。 -
8 15 タガノゲルニカ 平安S 1着 5連勝は評価も前走展開に恵まれた感有。 - -
16 サンライズバッカス 武蔵野S 1着 前2戦は展開ハマらなかっただけだが... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回フェブラリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第23回フェブラリーステークスの展望と予想とヨタ話
「フェブラリーステークスだよ、全員集合!」の巻

 2006年の中央GIはこのレースで開幕、第23回フェブラリーステークス。
 あ、あくまで「中央」ですよ。GI自体は川崎記念で開幕してますからね。

 しかしねぇ、今回のフェブラリーステークス。「これでもか!」というくらい主役が揃いました。 3歳の主要なダートGIに加えジャパンカップダートを制覇した去年の最優秀ダート馬カネヒキリに、 東京大賞典を連覇し今年一発目のGI川崎記念も制した去年のNRA年度代表馬アジュディミツオーが出走。

 さらに、この去年のダート界を引っ張った2頭に加え、去年川崎記念・帝王賞・JBCクラシックとGI3勝をあげたタイムパラドックスに、 去年このフェブラリーステークスを圧勝したメイショウボーラー、JBCスプリントを圧勝したブルーコンコルド、南部杯を連覇したユートピアといった主要なGIを制覇した馬も出走。 さらにさらに、去年の川崎記念で2着に入ったのを皮切りにGIで2着6回という妙な記録を作ってしまったシーキングザダイヤもいます。

 しかし、これだけでは終わらない。これらの馬以外にもメキメキと頭角を現してきたリミットレスビッド、タガノゲルニカ、ヴァーミリアンや、 武蔵野ステークスでカネヒキリを下したサンライズバッカス、強敵相手にブリーダーズGC、NTV盃と連勝したサカラートまでいるからねぇ。 ホント、「フェブラリーステークスだよ、全員集合!」といっても過言じゃない一戦になりましたな。

 で、そんなフェブラリーステークスの予想をしなきゃいけないのだが...これだけメンバーが揃うとねぇ。正直、どの馬が勝っても不思議ではないんだよな。 実績的にはカネヒキリがダントツのように思えるが、JCダートの内容を考慮すると...ねぇ。それほど強烈に抜けている馬ではないのかも。他の馬にもチャンスは十分あるでしょう。 東京ダート得意な馬が一発カマしたりとかさ。

<第23回フェブラリーステークス予想>

◎ブルーコンコルド
○メイショウボーラー
▲シーキングザダイヤ
△タイムパラドックス
△リミットレスビッド
△カネヒキリ

 人気落ちしそうなメイショウボーラー・タイムパラドックス辺りが馬券的な妙かな。

結果

1着カネヒキリ
2着シーキングザダイヤ
3着ユートピア
4着ブルーコンコルド
5着ヴァーミリアン

タイム:1分34秒9 3F:37.5秒
カネヒキリ 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:14番270円
複勝:14番130円、9番160円、3番750円
枠連:5-7 540円 馬連:9-14 660円
馬単:14-9 1090円
3連複:3-9-14 5920円
3連単:14-9-3 21200円
ワイド:9-14 290円
    3-14 1860円 3-9 1820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。といっても1・2番人気じゃなぁ。
 ○シーキングザダイヤがここまで人気になるとはねぇ。ガッカリっす。

 でもって、フェブラリーステークスの結果。結局、無難な決着でしたな。前述の通り1番人気のカネヒキリが1着、 2番人気のシーキングザダイヤが2着というベタベタな決着。ただねぇ、3着がユートピアとはね。 しかも2着のシーキングザダイヤと首の上げ下げでハナ差負けただけだからなぁ。いやぁ、危ない危ない。

 まぁ、そんなこんなで勝ったのはカネヒキリ。ブンブン飛ばす前の組を尻目に道中は中断よりやや後方を追走。 しかし、直線で追い出すとやはり力が違いました。抜群の末脚で前にいた馬をごぼう抜き。気がつけば2着に3馬身の差をつけ完勝。 この相手にここまできっちり結果を出すとはね。これで堂々とドバイに行けますな。

 そして...ここでも2着とは、シーキングザダイヤ。これで何回目だ?1着のカネヒキリにはあっさり屈服するが、 2着を狙うユートピアには「定位置を奪われるのはゴメンだ」とばかりに驚異的な勝負根性を発揮。ハナ差ユートピアを退け定位置ゲット。 これでいいのやら悪いのやら...よく分からん結果になってしまいましたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。