今週のメインdeパツイチ2006
第1回オーシャンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第1回 オーシャンステークス 中山・芝1200m  4歳上オープン(GIII) 2006年3月4日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コパノフウジン ガーネットS 3着 重賞での好走評価も今回相手揃った感あって。 - -
2 ギャラントアロー 淀短距離S 1着 前走より斤量楽。同型捌ければ押し切りも。 -
2 3 ナイキアヘッド シルクロード 7着 前走思いのほか好走。でも3着までか。 -
4 スパイン 奥多摩S 3着 前2戦がイマイチ。力不足の感は否めず。 - -
3 5 ネイティヴハート アイビスSD 9着 低迷続く。以前の勢いはもうなくて... - -
6 エイシンヘーベ 福島民友C 1着 前走8着だが差は小差。巻き返しあっていい。
4 7 アイルラヴァアゲン NHKマイルC 3着 GI好走馬だがなかなか勝てぬ。今回背水の陣。 - -
8 タカオルビー アイビスSD 2着 同型の出方と久々が問題。今回は様子見。 - -
5 9 ゴールデンキャスト セントウルS 1着 馬場渋ると辛い。良馬場なら出番あるが。
10 シーイズトウショウ CBC賞 3着 前走3着で立ち直った?実績では上なだけに。
6 11 マイネルアルビオン シルクロード 2着 斤量増と相手強化が問題。ちと荷が重いか。 - -
12 シンボリグラン CBC賞 1着 順調に勝ち上がる。仕上がっていればここも。 -
7 13 マルカキセキ アンドロメダ 1着 スプリンターズS4着を評価。巻き返しに期待。 -
14 マルターズホーク NSTOP 3着 突然爆走するからタチが悪い。一応警戒。 -
8 15 タイキジリオン アクアマリン 1着 芝の前走なかなかの内容。一発あっていい。 -
16 ディープサマー 淀短距離S 2着 重賞だともう一つ足りない。入着あれば。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第1回オーシャンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第1回オーシャンステークスの展望と予想とヨタ話
「レベルアップ」の巻

 新設というか昇格というか...第1回オーシャンステークス。
 今年から重賞になりました。高松宮記念へのステップレース。

 さて、そんなオーシャンステークス。今年から重賞に昇格したが、条件自体はそれほど変更なし。距離は従来どおり芝1200m。 ただ、重賞に昇格したことによって、高松宮記念のステップとして認知されたのか、単に賞金目当てなのか分からんが出走馬のレベルがぐんと高くなりました。

 で、今回のオーシャンステークス。鍵は「シルクロードステークス組」と「久々の実績馬組」の出方でしょうな。 シルクロードステークス組は、レベル的には「?」だったかもしれないが一応重賞だし。あと、「久々の実績馬組」は、その名の通り「久々」が鍵となりそう。 この2点を踏まえて予想しないとなぁ。

<第1回オーシャンステークス予想>

◎マルカキセキ
○ギャラントアロー
▲シーイズトウショウ
△ゴールデンキャスト
△シンボリグラン
△エイシンヘーベ

 結論は実績馬中心。人気落ちして馬券的に妙味ありそうなんで...

結果

1着ネイティヴハート
2着コパノフウジン
3着シンボリグラン
4着アイルラヴァゲイン
5着ギャラントアロー

タイム:1分08秒6 3F:35.3秒
ネイティヴハート 牡8歳
騎手:内田博幸 厩舎:船橋・坂本厩舎
単勝:5番13950円
複勝:5番3240円、1番310円、12番190円
枠連:1-3 5980円 馬連:1-5 87950円
馬単:5-1 218210円
3連複:1-5-12 168070円
3連単:5-1-12 2160190円
ワイド:1-5 16560円
    5-12 10370円 1-12 980円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。そーれーはー、なーいー。
 そこ以外はわりと無難な決着なのに...お陰で3連単200万馬券。

 でもって、オーシャンステークスの結果。ちょっとそれはないっすよ、内田先生。ケツから3番人気のネイティヴハートを持ってきて単勝万馬券。 いやさぁ、2・3年前だったら重賞の一つや二つ勝ってもいい馬だったんだが、近年サッパリの成績続いたからねぇ。さすがにムリかと思ったんだが...来ちゃうとは。 最近切れ味を欠いていたから、やや時計の掛かる馬場は歓迎だったのかもしれんが...それにしても、ここまで一変するとはねぇ。

 にしても、今回のオーシャンステークス。外を回った馬、伸びませんでしたねぇ。勝ったネイティヴハートも3着に突っ込んできたシンボリグランも、 ともに内側でじっとしていた馬。直線でうまく馬群を縫って進出、粘る先行勢を捕らえ上位確保、そんな内容でした。 まあ、有力どころが揃って調整不足だっただけかもしれんが。馬体重の増減激しかったし...

 しかしなぁ、高松宮記念に繋がりそうもないな。この結果じゃ(笑)



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。