今週のメインdeパツイチ2006
第13回マーチステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 マーチステークス 中山・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2006年3月26日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イブロン 内外タイムス 1着 ハンデもまずまず。前走ぐらい走れば。
2 2 バアゼルキング オークランド 1着 逃げても軽ハンデでもいいところなくて... - -
3 3 イサオヒート エニフS 6着 中山得意だが入着すら出来ぬ現状では。 - -
4 4 ジンクライシス エルムS 2着 ここ数戦物足りない内容続く。巻き返しは? - -
5 ヒシアトラス 平安S 1着 59kg背負うがこれは前走と同じ。力は出せる。 -
5 6 ベラージオ 東京大賞典 4着 どこでも相手なりの感あり。3着なら。 - -
7 オーガストバイオ 北山S 1着 この条件合う。流れに乗れれば勝ち負け。 -
6 8 サンライズバッカス 武蔵野S 1着 ダートでカネヒキリを破った唯一の馬だが... -
9 ワイルドワンダー フェアウェル 1着 前走は展開向かなかっただけ。重賞でも。
7 10 ラッキーブレイク 甲南S 3着 末脚は重賞でも通用する。展開さえ嵌れば。 -
11 クワイエットデイ 仁川S 3着 少々展開に左右される面あり。連下まで。 -
8 12 オルレアン スパーキング 2着 今回単騎逃げ濃厚。楽に行かせると... -
13 プライドキム 全日本2歳 1着 立ち直りつつある。そろそろ復活あっていい? -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回マーチステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第13回マーチステークスの展望と予想とヨタ話
「波乱」の巻

 ダートで荒れる重賞といえばこの重賞。第13回マーチステークス。
 ハンデ戦、消える1番人気、中山巧者、前残り...荒れる要因てんこもり。

 さてさて、そんなマーチステークス。前述の通り、荒れるんです。最近はまともな決着になることもあるが、やはり荒れるケースが圧倒的に多い。 勝つ馬はことごとく人気薄だし、油断していると2ケタ人気馬も突っ込んでくる、それがこのマーチステークス。

 で、そんなマーチステークスの予想しなければいけないのだが...前にも書いているが、ポイントは「ハンデ」「1番人気」「中山巧者」「前残り」。 軽ハンデ馬が爆走するのは分かりやすいパターンだが、ハンデ重いのが嫌われて人気を落とした実績馬にも注意。 実際、クーリンガーやスマートボーイが人気落ちしたにも関わらず奮起して勝ったりしてますし。

 あと、単騎で逃げた馬が強いのも特徴。単勝万馬券をぶっ放したアミサイクロンが代表的だが、その他にも単騎で逃げたスマートボーイが過去3回連対していたり、 ナモンレグラスやサンエムキング等も人気の割には好走。単騎逃げまでいかなくても、好位追走組も上位に食い込むこと多し。とりあえず、先行勢はおさえておくのが正解でしょう。 これら以外に一発狙うなら追込馬。勝てはしないが、2・3着に突っ込んできて波乱を巻き起こすこともしばしば。 2000年のゴールドジャパンや2003年のワンモアマイライン、去年のサミーミラクルとか、そんなパターン。

 この辺りを踏まえてマーチステークスの予想。まずは、素直にヒシアトラスを買うかどうかでしょうな。ハンデ59kgを嫌って人気落とすなら妙味あるが、 このハンデにも関わらず人気被るようなら切るのも一つの手でしょう。あとは人気を見つつ準オープン・オープン好走馬を拾うのが無難かな。 一発狙うなら単騎逃げ濃厚なオルレアン。牝馬だがハンデも軽いし...

<第13回マーチステークス予想>

◎ワイルドワンダー
○オルレアン
▲オーガストバイオ
△イブロン
△ヒシアトラス
△プライドキム

 あとプライドキムも妙味有。一応GI馬だし徐々に立ち直ってきているし...

結果

1着ヒシアトラス
2着プライドキム
3着ベラージオ
4着ラッキーブレイク
5着ワイルドワンダー

タイム:1分51秒4 3F:37.8秒
ヒシアトラス 牡6歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・中野隆厩舎
単勝:5番510円
複勝:5番190円、13番1030円、6番480円
枠連:4-8 4490円 馬連:5-13 12280円
馬単:5-13 19940円
3連複:5-6-13 44760円
3連単:5-13-6 258590円
ワイド:5-13 3180円
    5-6 1210円 6-13 7280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。プライドキムはいい狙いだったんだが...
 ヒシアトラスまで微妙に手が回ってないッス。あー、もったいない。

 でもって、マーチステークスの結果。やはりオルレアンが単騎で逃げる展開。ただ「マイペースの逃げ」と言えるほどゆったりした逃げにはならず、 1頭だけブンブン飛ばしていくような展開。ちなみに、3ハロン通過が36.0秒、1000m通過が1:01.0。

 で、さすがにこのペースが堪えたのか逃げたオルレアン、4コーナーまでもたず。でもって、そのオルレアンの代わりにやってきたのが勝ったヒシアトラス。 同じような位置にいたプライドキムがずいぶん食い下がったが、最後は1/2馬身きっちり交わして1着確保。

 という訳で、勝ったのはヒシアトラス。59kg背負わされたのが嫌われて2番人気止まり。これがある意味幸いしたかのかもしれんな(笑)。 1番人気の呪縛から解き放たれ見事1着確保。そして、マーチステークスの本領を発揮したのが2・3着。10番人気のプライドキム、 7番人気のベラージオがそれぞれ2・3着に突っ込み大波乱。馬連は久々の万馬券、そして3連単は去年より10万円UPの258590円。やはりマーチステークスはこうでないとね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。