今週のメインdeパツイチ2006
第8回中山グランドジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第8回 中山グランドジャンプ 中山・芝4250m  4歳上オープン(J.GI) 2006年4月15日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ローレルデフィー 障・オープン 1着 ここ数戦サッパリ。巻き返しはあるのか? - -
2 2 マイネルユニバース 中山大障害 5着 地味に突っ込んでくる馬。3着穴で一考。 -
3 マーロス ペガサスJ 9着 前走完敗。さすがにこの条件では厳しいか。 - -
3 4 メジロアービン ペガサスJ 8着 前走多少マシになる。前崩れなら台頭も。 -
5 メジロベイシンガー 中山大障害 3着 中山好走多い。流れに乗れれば上位も可能。
4 6 アズマビヨンド 阪神SJ 2着 重賞実績評価するが中山大障害イマイチで。 - -
7 テレジェニック ペガサスJ 1着 中山大障害4着で決着済み?ちと足りない。 - -
5 8 テイエムドラゴン 中山大障害 1着 前々走凡走も次走できっちり一変。連覇可能。 -
9 フォンテラ ペガサスJ 2着 前走がサッパリ。去年ぐらい走ればいいが... -
6 10 マイネルオーパー 中山大障害 3着 勝てはしないまでも2・3着はある。注意。
11 メルシーエイタイム 中山大障害 2着 脚ためたほうが良い馬?展開次第で浮上も。 - -
7 12 アインオーセン 春麗JS 1着 中山の成績芳しくなく。ちょっと厳しい。 - -
13 メジロオーモンド イルミネJ 1着 中山大障害に好走多い馬。一発注意。 -
8 14 カラジ 中山GJ 1着 去年の勝ち馬。前走きっちり走っているだけに。 -
15 バルトフォンテン 新春JS 1着 前々走ぐらい走れば多少はやれる。ヒモで。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第8回中山グランドジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第8回中山グランドジャンプの展望と予想とヨタ話
「2強対決?」の巻

 今週は3歳牡馬クラシック一冠目・皐月賞ばかり注目を集めていますが...
 こっちも忘れるなよ。ジャンプ界のジャパンカップ、第8回中山グランドジャンプ。

 ってな訳で、この中山グランドジャンプ。国際競走ということもあって、海外からの遠征馬が多数。 特に、中山グランドジャンプ連覇を狙うカラジが遠征してきました。前哨戦のペガサスジャンプでは2着に敗れてしまいましたが、あくまで狙いはここ。 遠征2戦目ということもあって、万全の状態で出てくることは間違いない筈。当然去年の再現あって不思議ではないでしょう。

 で、その海外勢を迎え撃つ国内勢はというと...やはり、去年の中山大障害を圧勝したテイエムドラゴンでしょう。 春麗ジャンプSではイマイチ伸びず4着に敗れてしまいましたが、次走の阪神スプリングジャンプではきっちり一変。 こちらも万全の状態でこの中山グランドジャンプに臨むことになりそう。上位争いは必至でしょうな。 あとは、他にも大障害コースなら妙に走るメジロ勢3頭やマイネルオーパーといった馬がいるが...穴候補まででしょう。 今回の中山グランドジャンプ、中山グランドジャンプ連覇を狙うカラジとジャンプGI連勝を狙うテイエムドラゴンとの「一騎打ち」といった感じでしょうな。

<第8回中山グランドジャンプ予想>

◎カラジ
○メジロオーモンド
▲テイエムドラゴン
△メジロベイシンガー
△マイネルオーパー
△マイネルユニバース

 問題は3着。前述の穴候補がここらに絡んできそうだが...

結果

1着カラジ
2着テイエムドラゴン
3着テレジェニック
4着メルシーエイタイム
5着メジロアービン

タイム:4分50秒8 3F:38.8秒
カラジ セン11歳
騎手:B.スコット 厩舎:豪・E.マスグローヴ厩舎
単勝:14番320円
複勝:14番130円、8番120円、7番220円
枠連:5-8 410円 馬連:8-14 460円
馬単:14-8 1200円
3連複:7-8-14 1360円
3連単:14-8-7 5040円
ワイド:8-14 230円
    7-14 490円 7-8 480円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょう。
 ただ、3着まできっちり当てたかったなぁ。テレジェニックか...

 という訳で、今回の中山グランドジャンプ。見事カラジが中山グランドジャンプ連覇を達成。今年で11歳なのにその勢いは全く衰えることはナシ。 去年同様2周目向こう正面からスパートし早めに先頭に立つと、直線で迫ってくるテイエムドラゴンを凌ぎきり1着。

 しかしなぁ...ジャンプ界の勢力図、なかなか変わりませんなぁ。外国馬のカラジは除外するとして...2着のテイエムドラゴン。 3着のテレジェニックに7馬身も差をつけてますからね。この差がそのまんま他の馬との能力差を示しているような気がしてならないんだが。 春麗ジャンプでコケたとき「あー、この馬もここまでか...」と思ったんだが、その後きっちり立て直してこの結果ですからね。 しばらくはテイエムドラゴンの天下が続きそうですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。