今週のメインdeパツイチ2006
第11回アンタレスステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 アンタレスステークス 京都・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2006年4月23日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビッグドン 甲南S 1着 その末脚には常に警戒。展開ハマれば重賞でも。 -
2 サカラート NTV盃 1着 多少持ち直す。うまく先手取れれば復活も。 -
2 3 オーガストバイオ 北山S 1着 京都ではきっちり結果出す。あとは展開。 -
4 ピットファイター アンタレスS 1着 去年の勝ち馬。ただ、前走が負けすぎで。 - -
3 5 ベラージオ 東京大賞典 4着 どこでも相手なり。2・3着なら十分可能。 -
6 エーピーフラッシュ コーラルS 5着 多少立ち直るが...重賞では厳しくて。 - -
4 7 プライドキム 全日本2歳 1着 マーチS2着で復活?GI馬なだけに軽視禁物。 -
8 カフェオリンポス JDダービー 1着 立ち直ったが59kgは酷。ちと厳しいか。 - -
5 9 ホーマンベルウィン 平安S 5着 前走そこそこ走ったが...さすがにムリか。 - -
10 クワイエットデイ 仁川S 3着 京都に良績集中。巻き返しあっていい条件。 -
6 11 ヒシアトラス マーチS 1着 57kgなら問題なし。重賞連勝濃厚か。 -
12 インタータイヨウ シリウスS 4着 前2戦がイマイチ。今回相手も揃ってるし。 - -
7 13 フィフティーワナー 摩耶S 1着 圧勝に次ぐ圧勝でOP入り。ただこの相手だと? -
14 フィールドルージュ 韓国馬事会杯 1着 前走の末脚なかなか。重賞でも通用していい。 -
8 15 ヒカルウイッシュ ウエルカムS 1着 ダート戻りで一変ある。この相手でも注意。 -
16 エンシェントヒル 仁川S 1着 京都だと追い込み届くか少々不安。展開次第。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回アンタレスステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第11回アンタレスステークスの展望と予想とヨタ話
「恐怖の重賞」の巻

 間隔狭いが、かしわ記念に向かう?それともゆったり帝王賞?
 どちらにせよGIに向けて大事な一戦、第11回アンタレスステークス。

 という訳で、このアンタレスステークス。前述の通り、ダート交流GIかしわ記念・帝王賞に向けてのステップレース。 ただ...ステップレースの割にはやたらと荒れるんですけどね。別定戦に変わってしばらくの間は落ち着いたんだが... 去年ついに大爆発。3連単で1159180円が飛び出るとはね。

 さて、そんなアンタレスステークスですが...今年も怖いメンバー揃い。去年の再現あってもいいのでは? 重賞実績あるヒシアトラスや、圧勝続きで一気にオープンまで上り詰めたフィフティーワナー辺りが人気になりそうだが、去年同様伏兵陣が揃ってますからねぇ。

 展開ハマれば一発あるビッグドンやクワイエットデイ、さらに去年の100万馬券の一因となったオーガストバイオ辺りが展開次第で一発やらかしそうだし、 人気の盲点になればフィールドルージュ・プライドキム・ベラージオ辺りも面白い。この辺りを穴で狙っていくのが正解かも。 あと、今回強烈に人気なさそうだが、インタータイヨウ・ホーマンベルウィンだってたまに大駆けあるからなぁ。ここが絡むと上位が手堅く人気馬で決まっても即大波乱になるからね。怖いっすよ。

<第11回アンタレスステークス予想>

◎ヒシアトラス
○プライドキム
▲オーガストバイオ
△エンシェントヒル
△クワイエットデイ
△サカラート

 現実的に考えると1頭無難な馬、そして他が穴馬というパターンかな?

結果

1着フィフティーワナー
2着ヒシアトラス
3着サカラート
4着フィールドルージュ
5着ビッグドン

タイム:1分49秒0 3F:36.1秒
フィフティーワナー セン4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:13番360円
複勝:13番150円、11番120円、2番170円
枠連:6-7 470円 馬連:11-13 620円
馬単:13-11 1120円
3連複:2-11-13 1310円
3連単:13-11-2 5240円
ワイド:11-13 240円
    2-13 580円 2-11 320円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、人気通りの決着で面白くないなぁ...
 フィールドルージュ・ビッグドン・プライドキムはいい狙いだったんだが…掲示板まで。

 さて、そんなアンタレスステークス。荒れるかと思ったらエラくガチガチの結果になってしまいました。2番人気のフィフティーワナーが1着、 1番人気のヒシアトラスが2着、そして3番人気のサカラートが3着と、上位人気馬が上位を占める結果に。ある意味ガッカリです(笑)

 まぁ、それはともかく。勝ったのはフィフティーワナー。未勝利勝ちから5連勝でついに重賞制覇。 レース自体はというと、外枠を引いてしまったがこの馬がハナを奪って逃げる展開。内枠のサカラートやプライドキム辺りが絡んでくるかと思いきや、 あっさり身を引いてしまったため、このフィフティーワナーが楽に単騎逃げする展開に。そんなこんなで、先行争いがアッサリ決着してしまったもんだから、結局前残りの競馬に。 逃げたフィフティーワナーは直線に入ってもその勢いは衰えず、最後の3ハロンを36.1秒でまとめてしまい後続馬を完封。 そして、好位にいたヒシアトラス・サカラートが2・3着を確保。

 という訳で、今回のアンタレスステークス。強い馬がきっちり結果を出しました、そんな内容でしたな。 それぞれ次に繋がる競馬はできたんじゃないでしょうか。あと、気になるところといえば4着のフィールドルージュ。 この前残りの展開の中、一頭だけ違う脚色で追い込んできてますからね。これはこれで要注意ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。