今週のメインdeパツイチ2006
第54回京都新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 京都新聞杯 京都・芝2200m  3歳オープン(GII) 2006年5月6日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アペリティフ 500万下 1着 たんぱ杯2歳Sで4着あり侮れぬ。ヒモで。
2 2 マイネルポライト あざみ賞 1着 重賞では力不足?あって連下までか。 -
3 3 マルカシェンク デ杯2歳S 1着 課題は骨折明けのみ。能力はダントツで。 -
4 4 タニノディキディキ 芝二六2:45.2 1着 距離は歓迎だが切れる脚ないのが問題で。 - -
5 5 トーホウアラン セント賞 1着 前走展開ハマらず。巻き返しあっていい条件。
6 6 アエローザ 山吹賞 1着 新馬・500万下特別いづれも楽勝。ここも? -
7 7 オーキッドコート マーガレット 8着 芝でもダでも今ひとつ。しかも今回重賞だし。 - -
8 テューダーローズ はなみずき 2着 毎日杯8着で決着済?重賞ではちょい辛い。 -
8 9 セレスケイ 500万下 1着 芝こなせれば面白いが...さすがにムリ? -
10 エリモエクスパイア ムーニーRC賞 1着 ちょっとパンチ不足。相手強化のここでは。 - -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回京都新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第54回京都新聞杯の展望と予想とヨタ話
「西の秘密兵器工場」の巻

 ダービーの伏兵馬はこの重賞から。第54回京都新聞杯。
 去年のインティライミ、一昨年のハーツクライに続けるか?注目のトライアル。

 そんなこんなでこの京都新聞杯。ダービーへのトライアル重賞。条件的には東京で行われる青葉賞やプリンシパルステークスの方がトライアルらしいレースなのだが、 実際、本番で走る馬はこの京都新聞杯を使った馬が多数。前述の通り、去年はインティライミ、一昨年はハーツクライが本番でそれぞれ2着確保。さらにその前にはダービーを勝ったアグネスフライトもいたりするし。 ダービーが近づくとよく「西の秘密兵器」なんて言ったりして伏兵馬を探したりしますが、さしづめこの京都新聞杯、「西の秘密兵器工場」といったところでしょうな。

 さて、そんな京都新聞杯ですが、今年も西の秘密兵器工場はフル稼働。ゴールデンウィークだからといって休んではいられません(笑)。 注目は、デビューが3月だったため皐月賞には間に合わなかったアエローザと、骨折して半年ほど休んでいたマルカシェンク。

 アエローザは新馬戦・山吹賞といづれも楽勝。まだ底を見せていない魅力あるし、マルカシェンクは2歳時にデイリー杯2歳ステークスを含む3戦3勝。 しかも、その3戦いづれも能力の違いをみせつけて勝っているし。この2頭が本格的に3歳クラシック戦線に乗ってくるようだとねぇ...秘密兵器どころの話じゃなくなるんじゃないでしょうか? どちらにせよ、まずはここを突破しないとね。

<第54回京都新聞杯予想>

◎マルカシェンク
○セレスケイ
▲アエローザ
△トーホウアラン
△アペリティフ

 前述の2頭以外はガクッと格が落ちるからなぁ。多少難があっても何とかなるでしょ。

結果

1着トーホウアラン
2着アペリティフ
3着マイネルポライト
4着アエローザ
5着マルカシェンク

タイム:2分14秒8 3F:33.5秒
トーホウアラン 牡3歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・藤原英厩舎
単勝:5番1410円
複勝:5番370円、1番480円、2番450円
枠連:1-5 8420円 馬連:1-5 8570円
馬単:5-1 16290円
3連複:1-2-5 17030円
3連単:5-1-2 133600円
ワイド:1-5 2090円
    2-5 1490円 1-2 1690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、両方とも来ないのかよ!
 トーホウアラン自体は来ても不思議ではない馬なんだけどさぁ...

 まぁ、そんなこんなで京都新聞杯。前述の通り、人気を分け合ったマルカシェンク・アエローザ、両方とも来ませんでした。 いや、来なかったというよりも「及ばなかった」といった方がいいかもしれんな。2頭とも大外からよく追い込んできているのだが、 レースの上がりが33.5秒ではいくらなんでも厳しいでしょう。結局、4コーナーでうまく立ち回り早めに先頭に立ったトーホウアランが2頭の追撃を振り切ってそのままゴールという結果に。

 という訳で、勝ったのはトーホウアラン。前走のスプリングステークスはサッパリだったが、ここできっちり巻き返し。見事敗者復活となりました。 前走のスプリングステークスがそうだったように、道悪だとどうも力を発揮できないタイプなんでしょうな。スピードの出る今の京都が見事ハマった、まぁ、そんなところでしょう。

 あと、例の2頭。「今回は展開がハマらなかっただけ」と割り切っていい内容。 この敗北で勝負付けが済んだと結論付けるにはまだ早いでしょう。次走も注意必要。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。