今週のメインdeパツイチ2006
第42回金鯱賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第42回 金鯱賞 中京・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2006年5月27日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 セフティエンペラー 小倉記念 4着 この相手なら多少はやれる。ヒモ穴で一考。 -
2 2 アサカディフィート 中山金杯 2着 連闘が不安。ただ展開ハマれば出番はある。
3 3 サンバレンティン 道頓堀S 2着 末脚鋭い。展開次第で大外一気あっていい。
4 4 エリモシャルマン 大阪ハンC 9着 最近全く見せ場ない。さすがに厳しい。 - -
5 5 ブルートルネード 日経賞 3着 前走は度外視。流れに乗れれれば巻き返しも。 -
6 6 ローゼンクロイツ 菊花賞 3着 中京記念2着を評価。巻き返しあっていい条件。 -
7 7 エリモハリアー 朝日CC 2着 この相手では少々力不足。3着までか。 - -
8 タイガーカフェ 府中S 1着 ジリっぽいが堅実に走る。連は確保できそう。
8 9 エルカミーノ 新潟大賞典 3着 ちょっと時計かかる馬場歓迎。今回も穴で。 -
10 コンゴウリキシオー エイプリルS 2着 まずまずの走りっぷり。そろそろ一変も? -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第42回金鯱賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第42回金鯱賞の展望と予想とヨタ話
「中京記念」の巻

 今週はダービーだけじゃないぞ。このレースにも注目。
 宝塚記念に向けて古馬の有力所が再始動。第42回金鯱賞。

 ...といってみたが、ごめん、嘘。今年の金鯱賞、大したことありません。正直言ってレベル的には中京記念と同じくらいなんじゃないでしょうか(笑) 「有力所が始動」とか言ってみたけど、実績的にみて「有力所」と呼べるのはローゼンクロイツぐらいだもんなぁ。今回の金鯱賞「別定戦の中京記念」といったところでしょうか。

 というわけで、今回の中京記...いや、金鯱賞。別定戦なだけに割と実績馬同士で順当に決まるんじゃないでしょうか。とりあえずローゼンクロイツはおさえておきます。 あとはヒモですな。重賞実績あるエリモハリアーやブルートルネード、アサカディフィートなのか、それとも準オープンの好走を評価してサンバレンティン・タイガーカフェ辺りを買うのか、 そこが問題でしょう。

<第42回金鯱賞予想>

◎ローゼンクロイツ
○サンバレンティン
▲タイガーカフェ
△アサカディフィート
△ブルートルネード

 という訳で、後者を選んでみました。

結果

1着コンゴウリキシオー
2着ローゼンクロイツ
3着エリモハリアー
4着ブルートルネード
5着タイガーカフェ

タイム:1分58秒8 3F:35.3秒
コンゴウリキシオー 牡4歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・山内厩舎
単勝:10番600円
複勝:10番170円、6番130円、7番140円
枠連:6-8 780円 馬連:6-10 780円
馬単:10-6 1970円
3連複:6-7-10 1160円
3連単:10-6-7 6980円
ワイド:6-10 320円
    7-10 390円 6-7 270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。何だか「あーあ」という結果でしたな。
 コンゴウリキシオー買えなくはない馬なんだが...

 でもって、金鯱賞の結果。終わってみれば上位陣は妥当な馬ばかり。まぁ、実力通りといえばそれまでなんだが... それにしてもコンゴウリキシオーを楽に行かせすぎましたねぇ。前半3ハロン通過が35.5秒、1000m通過が0:59.8という絶妙なペースでコンゴウリキシオーが単騎で逃げる展開。 これを追いかける馬がいれば良かったんだが...一息入れた後、早々にスパートしたもんだから後続馬は全くついていけず。 結局、レースの主導権を終始握ったコンゴウリキシオーがそのまま後続馬を完封してしまいました。

 まぁ、勝ったコンゴウリキシオーはいいとして、1番人気のローゼンクロイツ。2着に敗れてしまいましたが、内容的には悪くはないんじゃないでしょうか。 この展開の中でここまでやれたなら十分でしょう。最後一頭だけいい脚で伸びていることだし。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。