今週のメインdeパツイチ2006
第11回ユニコーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 ユニコーンステークス 東京・ダ1600m  3歳オープン(GIII) 2006年6月2日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ユーワハリケーン プラタナス賞 1着 東京ダートで圧勝有。そろそろ復活あっても。
2 アエローザ 京都新聞杯 4着 前走は展開ハマらなかっただけ。能力は上。 -
2 3 フィールドオアシス 昇竜S 2着 東京ダ1600mで楽勝あり。展開次第で上位も。
4 ヤマタケゴールデン 端午S 1着 前走は展開に恵まれた感有。東京では。 - -
3 5 アテスト 全日本2歳 2着 中央入りしてからの成績がサッパリ。辛い。 - -
6 ダイアモンドヘッド デ杯2歳S 2着 目先変えてダート使ってみるが...一変は? - -
4 7 マイネルスパークル 山藤賞 1着 中途半端。ダート使ってみるが変わる? -
8 サイレントプライド 500万下 1着 ダートもこなせる。相手揃うが3着ぐらいは。
5 9 マルターズマッシブ 500万下 1着 相手強化でこれまでのようにスンナリとは。 - -
10 モエレソーブラッズ 全日本2歳 3着 やはりベストはダートか。一変に期待。 -
6 11 ナイキアースワーク 500万下 1着 展開ハマらず取りこぼしもあったが力は通用。
12 ゼットコマンダー ベンジャミン 3着 前走サッパリ。もう少しやれていい馬だが... - -
7 13 バンブーエール 昇竜S 1着 端午ステークスがイマイチ。ちと足りない? - -
14 ウォーターポロ 昇竜S 5着 ヒヤシンスS大敗が問題。ちと足りないか。 - -
8 15 タガノアルサルディ ゆきつばき賞 1着 ダートこなすが問題は距離。マイルでは? - -
16 ハンナフレグランス 500万下 1着 現状ダート向きだが...重賞では荷が重いか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回ユニコーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第11回ユニコーンステークスの展望と予想とヨタ話
「主役不在」の巻

 春の主要GIは終わってしまいましたが、ダート路線はこれからが勝負。
 3歳ダート王決定戦・JDダービーへのステップ、第11回ユニコーンステークス。

 しかしなぁ、今回のユニコーンステークス。主役不在感は否めないよなぁ。本来だったら、 このユニコーンステークスでUAEダービー帰りのフラムドパシオンが戦列に復帰する筈だったのだが...故障で長期休養を余儀なくされてしまうとはねぇ。

 そんなこんなで、急に主役不在になったユニコーンステークス。とりあえず、重賞・オープン好走馬や500万下圧勝馬を拾っていけばいいのだが...これもまた不安定な馬ばかり。 一応、2歳ダートGI・全日本2歳優駿の2・3着馬がいることはいるんだが、ここ数戦の成績がイマイチ。じゃあ、オープン好走馬はというと...これまた中途半端な馬ばかり。 昇竜S勝ちのバンブーエール、端午S勝ちのヤマタケゴールデンは展開に恵まれて勝った感あるからなぁ。

 だったら、ちょっと未知数な面あるが芝の重賞で好走あるアエローザや、サイレントプライド辺りも通用して良さそうな気もするが。 特にアエローザは前走の京都新聞杯でマルカシェンク(ダービー4着馬)を負かしてますからね。能力的にはダントツなだけに、あとはダートさえこなしてくれればチャンスは十分。 あとはプラタナス賞を圧勝したユーワハリケーンや、ひと捲りで500万下条件を楽勝したナイキアースワークとかその辺りをつついてみましょうか。

<第11回ユニコーンステークス予想>

◎アエローザ
○モエレソーブラッズ
▲ユーワハリケーン
△サイレントプライド
△ナイキアースワーク
△フィールドオアシス

 一発狙うならダート戻りで一変ありそうなモエレソーブラッズか。

結果

1着ナイキアースワーク
2着ヤマタケゴールデン
3着フィールドオアシス
4着サイレントプライド
5着バンブーエール

タイム:1分37秒2 3F:38.3秒
ナイキアースワーク 牡3歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・大久保龍厩舎
単勝:11番900円
複勝:11番310円、4番400円、3番270円
枠連:2-6 2370円 馬連:4-11 5920円
馬単:11-4 10460円
3連複:3-4-11 10360円
3連単:11-4-3 74630円
ワイド:4-11 1830円
    3-11 990円 3-4 1090円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ヤマタケゴールンデンはちょっとなぁ。
 しかし、ナイキアースワークって結構人気だったのね。4番人気とは。

 でもって、ユニコーンステークスの結果。人気のアエローザ・ユーワハリケーンが直線で抜け出てくると思いきや...これがサッパリ伸びませんでした。 で、代わってやってきたのが大外から追い込んできたナイキアースワーク。一頭だけ違う脚色で前の馬をごぼう抜き。あとはその勢いのまま後続馬を4馬身ぶっちぎって勝利。

 にしてもなぁ...アエローザとユーワハリケーン。さっぱりでしたな。まぁ、前半3ハロン通過が34.1秒、1000m通過が0:58.9という芝並みのハイペースだったにもかかわらず、 前を追っかけてしまったからねぇ。こういう結果に終わっても仕方ないんでしょうけどさ。終わってみれば、後方待機組が上位を占めているように先行馬総崩れの競馬。 とりあえず、今回の結果は度外視して次走の結果で判断しましょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。