今週のメインdeパツイチ2006
第23回エプソムカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 エプソムカップ 東京・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2006年6月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マチカネキララ エイプリルS 1着 ようやく大成した感有。重賞だが問題なし。 -
2 シェイクマイハート 新潟大賞典 4着 前走の善戦評価も、さすがにこの相手では。 - -
2 3 デアリングハート NHKマイルC 2着 ちょっと立ち直った。一変あれば怖い一頭。 -
4 ルーベンスメモリー 迎春S 1着 東京は地味に走る。だが重賞だと辛いか。 - -
3 5 ロードフラッグ 谷川岳S 6着 東京好走多いが最近の成績がサッパリで... - -
6 ペールギュント NHKマイルC 4着 ここなら巻き返しあっていい。軽視は禁物。 -
4 7 ダイワバンディット 師走S 4着 前2戦がサッパリ。一変は望めそうもない? - -
8 クラフトワーク AJC杯 1着 長期休養明け2戦目。一変あるか? -
5 9 コンラッド ラジオたんぱ 1着 末脚生かせる東京なら怖い。一発あっていい。 -
10 ニシノデュー 晩春S 1着 今回は重賞。前走ほどうまくいくかどうか... - -
6 11 ダンスインザモア ダービー卿CT 4着 前走は展開ハマらず。巻き返しあっていい。 -
12 タイガーカフェ 府中S 1着 どこでも相手なりに走る。2・3着なら。
7 13 スズノマーチ エプソムC 1着 去年の勝ち馬だが近走イマイチ。様子見か。 - -
14 トップガンジョー 清水S 1着 展開さえハマれば重賞でも好勝負できる。
15 グラスボンバー 福島記念 1着 叩き2戦目。上積みあれば上位争いも。 - -
8 16 サイドワインダー 関屋記念 1着 末脚強烈。久々が問題だが仕上がっていれば...
17 カナハラドラゴン 新潟大賞典 2着 上がり勝負だと厳しい。馬場渋らないと。 - -
18 ツルマルヨカニセ 朝日CC 3着 今年の成績イマイチ。もう少し時間かかるか。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回エプソムカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第23回エプソムカップの展望と予想とヨタ話
「油断は禁物」の巻

 今週で春の東京開催もラスト。最後は第23回エプソムカップ。
 ...正直、最後にしては地味ですけどね。まぁ、見てやってくださいよ。

 しかしだ、このエプソムカップ。馬券的にはずいぶん派手にやらかしてくれます。上位人気馬が手堅く上位を確保するのだが...余計な馬が絡んでくることがしばしば。 お約束のように2ケタ人気馬が絡んで荒らして帰る、それがこのエプソムカップな訳でして。最近はそれほど極端な荒れ方はしていないが...油断は禁物。その心の隙を突いて穴馬が台頭してくるんですよ。

 さて、そんなエプソムカップ。今年はというと...波乱含みなことは間違いないでしょう。それなりの実績馬が揃っていることは確かだが、どの馬も一長一短あるんだよなぁ。 休み明け後の成績が今ひとつの馬だったり、ハマるハマらないがある馬だったりとかさ。その辺りをどう取り扱うか、そこが今回のエプソムカップのポイントですな。 割と無難なマチカネキララ辺りを中心にして、ちょっと穴っぽいところに流してみますか。割と好走しているのにいつも人気がないタイガーカフェとか、 相手弱化で一発ありそうなNHKマイルC4着馬ペールギュント、休み明けで軽視されそうなサイドワインダーとかさ。

<第23回エプソムカップ予想>

◎マチカネキララ
○ペールギュント
▲トップガンジョー
△タイガーカフェ
△ダンスインザモア
△サイドワインダー

 ただ、正直何が人気になるか自体が分からんからなぁ(笑)

結果

1着トップガンジョー
2着グラスボンバー
3着マチカネキララ
4着デアリングハート
5着ニシノデュー

タイム:1分49秒2 3F:37.1秒
トップガンジョー 牡4歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:美浦・和田厩舎
単勝:14番1980円
複勝:14番370円、15番250円、1番120円
枠連:7-7 3440円 馬連:14-15 5690円
馬単:14-15 14160円
3連複:1-14-15 3080円
3連単:14-15-1 39050円
ワイド:14-15 1550円
    1-14 740円 1-15 470円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いやぁ、トップガンジョーはいい狙いだったんだが...
 肝心のマチカネキララが粘れなかった。最後交わされてしまい3着。

 でもって、エプソムカップの結果。マチカネキララが圧倒的1番人気になったが、蓋を開けてみれば7番人気のトップガンジョーが勝利。 道中はマチカネキララをみるような形で追走。そのマチカネキララは4コーナーで内を突き一足先に先頭に立ったのだが...これがちょっと早仕掛けだったようで。 直線半ばで伸び悩む始末。結局、トップガンジョーが伸び悩むマチカネキララを交わし先頭に立つと、あとはそのまま押し切ってしまいました。

 にしてもなぁ、差し・追込馬さっぱりでしたな。展開的には前半3ハロン通過が35.1秒、1000m通過が0:59,4と馬場を考慮すれば結構速いペースだったにも関わらず、 追い込んできたのはグラスボンバーだけ。さらに、ニシノデュー、デアリングハートがあのペースで行ったにも関わらず残っちゃってますからね。 まぁ、この馬場状態で「追い込んで来い」というのはさすがに無茶だったようで。結局、来たのはこういう上がりのかかる馬場を得意とするグラスボンバーだけだもんなぁ。 今回のエプソムカップ「馬場がすべて」でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。