今週のメインdeパツイチ2006
第42回CBC賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第42回 CBC賞 中京・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2006年6月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ホーマンアピール 淀屋橋S 1着 時々一発あり怖い存在。ハンデも軽いし。 -
2 プレシャスカフェ CBC賞 1着 最近の低迷が問題。一変あればいいのだが。 - -
2 3 ウインレジェンド 葵S 1着 3歳馬なだけにハンデ手頃だが古馬相手では。 - -
4 マヤノシャドー 福島民友C 4着 ハマればそれなりに走る。そろそろ一発も? -
3 5 シンボリエスケープ 心斎橋S 1着 準OPの内容評価。重賞でもやれていい。 -
6 ワイルドシャウト テレビ愛知OP 1着 4連勝は素直に評価。ハンデも56kg止まりで。 -
4 7 ゴールデンキャスト 福島民報杯 1着 トップハンデも良馬場ならチャンス有。 -
8 ブルーフランカー 名古屋城S 1着 能力はなかなかだが、芝未経験なのが問題。 -
5 9 カシマフラワー テレビ愛知OP 5着 展開ハマってようやく入着程度の馬では。 - -
10 ギャラントアロー 淀短距離S 1着 同型の出方が問題。単騎逃げできる? - -
6 11 ナゾ テレビ愛知OP 6着 オープンが壁っぽく。51kgでも重賞では。 - -
12 リミットレスピッド 根岸S 1着 高松宮記念は7着。これで58kgは微妙かも... - -
7 13 ステンカラージン 栗東S 2着 前走は展開ハマった感否めず。しかも芝だし... - -
14 アグネスラズベリ ヴィクトリア 5着 GI5着は素直に評価。1200m&相手弱化で。 -
8 15 カネツテンビー CBC賞 2着 得意の中京コース、そしてハンデも53kgで。
16 シーイズトウショウ 高松宮記念 3着 57kgは微妙も馬体減らなければチャンス。 -
17 テイエムチュラサン アイビスSD 1着 やはりこの馬がハナ?スピードで押し切りも。

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第42回CBC賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第42回CBC賞の展望と予想とヨタ話
「左遷」の巻

 春の中京開催も今週でラスト。来週からは阪神開催です。
 で、そんな春の中京開催を締めくくる重賞・第42回CBC賞。

 ...ん?CBC賞?と思った方。そうです、CBC賞ですよ。CBC賞。いろいろあって今年からこっちでやることになりました。 単純に春の中京開催に移動しただけならいいんですけど...よく見てくださいよ。GIIからGIII格下げされた上に、ハンデ戦に変更されてしまいました。 まぁ、極端な言い方すれば「左遷」ですわ、SA・SE・N(笑)。時期的にまだ夏競馬じゃないので、今年から始まったサマースプリントシリーズにも入れてもらえないし。

 そんなこんなで、やさぐれ気味なこの重賞、CBC賞の予想を。条件的には微妙になってしまいましたが、出走馬はまずまず揃ってます。 シーイストウショウやアグネスラズベリ、プレシャスカフェといったGI好走馬もいるし、スプリント重賞ではお馴染みの馬も多数出走。 そして、準オープン・オープン勝ち上がり組もそれなりに揃っています。ここで結果を残せばこの先期待できそうな馬ばかりです。

 しかしなぁ...中京最終週&ハンデ戦ですからね。強い馬で順当に決まりそうもないんですが。ひと波乱あっても不思議ではないでしょう。 中京2勝、かつCBC賞2着の割に妙にハンデ軽いカネツテンビーとか、去年の小倉日経OP時の勢い戻るなら怖いマヤノシャドー、 ハンデが嫌われて人気落とせば妙味ありそうなシーイズトウショウ、プレシャスカフェとかどうっすか?

<第42回CBC賞予想>

◎アグネスラズベリ
○マヤノシャドー
▲カネツテンビー
△テイエムチュラサン
△ホーマンアピール
△シーイズトウショウ

 とりあえず、アグネスラズベリから入ってみますが...難しい。

結果

1着シーイズトウショウ
2着ワイルドシャウト
3着リミットレスピッド
4着カシマフラワー
5着シンボリエスケープ

タイム:1分09秒0 3F:35.7秒
シーイズトウショウ 牝6歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・鶴留厩舎
単勝:16番820円
複勝:16番280円、6番210円、12番320円
枠連:3-8 770円 馬連:6-16 2200円
馬単:16-6 5100円
3連複:6-12-16 7570円
3連単:16-6-12 44940円
ワイド:6-16 920円
    12-16 1340円 6-12 1230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。分からんでもない結果だけどなぁ...
 軸馬がサッパリではどもならん。アグネスラズベリ8着ですか。あーあ。

 でもって、CBC賞の結果。ハンデ57kg背負わされたが実力にものを言わせシーイズトウショウが押し切り勝ち。 ここ最近馬体重の増減が激しく力を発揮できずにいたが、ここにきてようやく安定。好位追走から抜け出すというお決まりのパターンに持ち込み、 内で粘るワイルドシャウトを1馬身振り切って久々の重賞制覇。

 しかしねぇ...アグネスラズベリ。さっぱりでしたな。位置取り的には悪くなかったのだが、直線に入ってからの伸びが今ひとつ。 うーん、ちょっと時計のかかる馬場が合わないのかもなぁ。パンパンの良馬場でスピード勝負じゃないと辛いのかも。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。