今週のメインdeパツイチ2006
第29回帝王賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第29回 帝王賞 大井・ダ2000m  4歳上オープン(GI) 2006年6月28日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コアレスタイム 船橋記念 1着 前走は仕掛け祟った?末脚勝負なら3着は。
2 2 アジュディミツオー かしわ記念 1着 強敵いるが、大井ではそう簡単に負けられぬ。
3 3 サイレントディール ブリリアント 1着 ようやく立ち直った?一応警戒は必要か。 -
4 4 クールアイバー 大井記念 3着 ちょっと甘い。この相手では入着までか。 - -
5 ヤマノブリザード 祖母山特別 1着 今回相手一気に強化され。さすがに辛いか。 - -
5 6 カネヒキリ フェブラリS 1着 実績ダントツ。ただ、絶対視は禁物か。 -
7 タイムパラドックス 帝王賞 1着 去年の勝ち馬だが最近甘い競馬ばかりで... -
6 8 エイシンチャンプ 大井記念 1着 大井記念勝ちは評価。ただ今回相手強い。 -
9 ティーケーツヨシ 皐月盃 3着 格下感否めず。ここでは入着すら厳しい。 - -
7 10 エルマタドール かがり火特別 5着 地元の自己条件で入着するのが精一杯では。 - -
11 ケージーチカラ おおとりOP 3着 重賞で入着すらできず。この相手では... - -
8 12 ボンネビルレコード 大井記念 2着 末脚はなかなか。前崩れの展開なら一発も。 -
13 マイネルボウノット 佐賀記念 1着 先手取れればしぶとい。連下なら可能性有。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第29回帝王賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第29回帝王賞の展望と予想とヨタ話
「ダートの帝王」の巻

 中央のGIは宝塚記念で一段落しましたが...
 ダート路線はこれから。まずは古馬のダート王決定戦・第29回帝王賞。

 ま、そんなこんなで今回の帝王賞。その名の通り「ダートの帝王」を決めるに相応しい一戦になりましたな。 JCダート、フェブラリーステークスで圧倒的な強さで制したカネヒキリと、東京大賞典を連覇しさらに今年に入ってから川崎記念・かしわ記念をする制するなど、 交流GIでは滅法強いところをみせるアジュディミツオーがこの帝王賞で激突。

 という訳で今回の帝王賞、前述の2頭の争いになるのはほぼ確実。実績的にはタイムパラドックスもいい勝負できそうだが...ここ数戦、詰め甘い競馬ばかり。 カネヒキリ・アジュディミツオーを負かすまでには至らないでしょう。となれば、あとは「この2頭のうちどちらが勝つか」でしょうな。JCダート・フェブラリーステークスで2回先着しているカネヒキリが一見有利そうだが、 今回海外遠征帰りで間隔が開いてますからね。さらに、コースの利があるのはアジュディミツオーの方。今回はホームグラウンドの大井ですからね。逆転あってもいいのではないでしょうか?

<第29回帝王賞予想>

◎アジュディミツオー
○コアレスタイム
▲カネヒキリ
△マイネルボウノット
△タイムパラドックス
△ボンネビルレコード

 あとは3着馬だな。無難に中央勢が確保するのか、それとも南関東勢の一発か...

結果

1着アジュディミツオー
2着カネヒキリ
3着サイレントディール
4着タイムパラドックス
5着ボンネビルレコード

タイム:2分02秒1(R) 3F:37.0秒
アジュディミツオー 牡5歳
騎手:内田博幸 厩舎:船橋・川島正厩舎
単勝:2番220円
複勝:2番110円、6番100円、3番200円
枠連:2-5 160円 馬連:2-6 160円
枠単:2-5 340円 馬単:2-6 350円
3連複:2-3-6 710円
3連単:2-6-3 2000円
ワイド:2-6 130円
    2-3 420円 3-6 360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。アジュディミツオーの1着付けはお見事。
 だけど、3着まで当てないといーみーがーなーいー。あーあー。

 まぁ、こんなこんなで今回の帝王賞。アジュディミツオーがカネヒキリを封じて帝王賞制覇。 やはり「ホームグラウンドの大井ならそう簡単に負けられん」といったところでしょうか。 内枠を生かして単騎ですんなり逃げる展開。しかし、対するカネヒキリも3番手からの競馬とアジュディミツオーをきっちりマーク。 直線であっさり交わされても不思議ではなかったんだが...やはりそこはGI馬。直線で二の脚を使い、迫るカネヒキリを振り払い1着でゴール。

 というわけで、見事アジュディミツオーが雪辱を晴らしたわけですが...まー、2頭の強さが際立った一戦でしたな。 終わってみれば3着のサイレントディールとの差は6馬身。やはり格が違いましたな。あと、カネヒキリ。今回2着に敗れてしまいましたが、 展開もコースもアジュディミツオーに味方した分及ばなかった、そんな内容でしたな。ここでアジュディミツオーが勝ったからといって 「力関係が逆転した」とまでは言えないでしょう。勝負付けはまだまだ終わっていませんぜ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。