今週のメインdeパツイチ2006
第13回函館スプリントステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 函館スプリントステークス 函館・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2006年7月2日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シンボリグラン CBC賞 1着 この条件なら巻き返しあって当然。上位争い。 -
2 2 ダイワパッション フィリーズ 1着 斤量は有利だがさすがに古馬相手となると... - -
3 3 プレシャスカフェ シルクロード 1着 スランプに陥ったまま。一変は望み薄か。 - -
4 トールハンマー バレンタイン 1着 重賞での成績が振るわず。今回相手強いし。 - -
4 5 フサイチホクトセイ バーデンC 2着 叩き2戦目で一変あっていい。この相手でも。
6 シーイズトウショウ CBC賞 1着 中2週。馬体維持できれば好勝負可能だが。 -
5 7 ギャラントアロー 淀短距離S 1着 別定戦は歓迎。ただ最近粘り欠いてばかりで... -
8 タニノマティーニ 富士S 2着 函館3勝。相手手強いが上位も可能。
6 9 キーンランドスワン 北海道SC 4着 前走4着で復活の兆し伺えた。一変警戒。 -
10 マイネルアルビオン シルクロード 2着 冬場の調子戻ればこの相手でも通用しそう。
7 11 ブルーショットガン 阪急杯 1着 阪急杯ぐらい走ると怖いが...それは可能? - -
12 ビーナスライン 船橋S 3着 前2戦が案外の内容。しかも今回重賞だし。 - -
8 13 プリサイスマシーン マイラーズC 2着 重賞実績評価。ただこの距離忙しいかも。 - -
14 マイネルハーティー 都大路S 4着 ハマったときの末脚怖い。前崩れなら。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回函館スプリントステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第13回函館スプリントステークスの展望と予想とヨタ話
「サマースプリントシリーズ」の巻

 一見例年通りっぽいが...第13回函館スプリントステークス。
 よく見ると、なんだか「妙なシリーズ」に組み込まれてますなぁ。

 という訳で、この函館スプリントステークス。前述の通り、今年から「サマースプリントシリーズ」って妙な冠がついてます。 何やアレですよ。夏競馬を盛り上げようと今年はいろんなシリーズを仕込んでいるようで。その一環として、夏の短距離路線を「サマースプリントシリーズ」と銘打って、 何かいろいろやろうとしているようです。シリーズを制した者にはボーナスも出るとか言ってるし。

 まぁ、そんなこんなで、そんなサマースプリントシリーズの一戦目・函館スプリントステークスな訳ですが... ボーナスに目がくらんだのか、夏場の重賞にしてはなかなかのメンバーが揃いました。去年のCBC賞を制し、春のGIでもそれなりに結果出したシンボリグランに、 前走のCBC賞で57kg背負ったにも関わらずきっちり勝った高松宮記念3着馬シーイズトウショウ。さらにダート・芝、短距離・中距離問わずそれなりに結果出す高松宮記念4着馬プリサイスマシーンや、 フェアリーS・フィリーズレビューを連勝した3歳馬ダイワパッション等も出走。さらにさらに、短距離重賞・オープンで好走している馬も多数出走。どの馬も虎視眈々とボーナスを狙っています。

 しかしねぇ、この函館スプリントステークス。別定戦です。実績馬で割と手堅く決まってしまいそうな気もしなくはない。 実際、ここ数年1・2番人気馬がきっちり上位確保してるしさ。ま、ここは順当に決まるんじゃないでしょうか。

<第13回函館スプリントステークス予想>

◎シンボリグラン
○キーンランドスワン
▲マイネルアルビオン
△フサイチホクトセイ
△タニノマティーニ
△シーイズトウショウ

 ただ、3着までなら穴馬も結構突っ込んできてますからねぇ。3連単なら波乱も...

結果

1着ビーナスライン
2着シーイズトウショウ
3着ブルーショットガン
4着タニノマティーニ
5着シンボリグラン

タイム:1分09秒1 3F:35.0秒
出走取消:2番
ビーナスライン 牝5歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:12番7740円
複勝:12番1140円、6番140円、11番800円
枠連:4-7 1680円 馬連:6-12 5740円
馬単:12-6 23970円
3連複:6-11-12 32350円
3連単:12-6-11 306260円
ワイド:6-12 1830円
    11-12 9830円 6-11 1250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、これはちょっとムリっすよ。
 しかし、軸馬がサッパリでは何言ってもムダですけどね。伸びなかった...

 というわけで、今回の函館スプリントステークス。「3着までなら穴馬も結構突っ込んでくる」といっていたが...まさか3着だけじゃないとは。 勝ったのは「ケツ人気」のビーナスライン。1番人気のシーイズトウショウが抜け出し、そのまま押し切ってしまうかと思われたが...大外一気でビーナスラインが強襲。 直線だけで他馬をまとめてぶった切り重賞制覇。

 しかしなぁ、勝ったビーナスライン。人気なさすぎな気も。格下だったにせよ、サンシャインSや船橋Sの内容考慮すれば重賞でも多少はやれていい馬。 そして3勝を上げている函館コースですからね。いくらなんでもケツ人気はないんでないでしょうか?まぁ、だからといって、 まとめて差し切ってしまうとは思いもしませんでしたけどね。いやぁー、競馬って難しい。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。