今週のメインdeパツイチ2006
第41回北九州記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第41回 北九州記念 小倉・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2006年8月13日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サチノスイーティー アイビスSD 1着 ハンデ1kg増止まり。重賞連勝ありそうで。 -
2 2 コスモフォーチュン 疾風S 1着 軽量だが重賞ではちと足りない。入着まで。 - -
3 3 ローランジェネルー 秋吉台特別 1着 着順はイマイチも差は小差。軽量で一変も。 -
4 エイシンヘーベ シルクロード 8着 たまに一発ある馬。53kgだし多少は... - -
4 5 リミットレスビッド 根岸S 1着 前走は展開ハマらず。巻き返しあっていい。 - -
6 マルカキセキ アンドロメダ 1着 重賞でも好走ある馬。叩き2戦目で注意。 -
5 7 リボンアート 朱雀S 1着 ハマったときの末脚強烈。一発に注意。 -
8 ゴールデンキャスト 北九州短距離 1着 58kgだがこの時期の小倉得意。好勝負。 -
6 9 スピニングノアール バーデンC 6着 尻すぼみ。立ち直っていればいいのだが... -
10 ホーマンテキーラ セントウルS 2着 休み明け上々の内容。上積みあれば。 -
7 11 ケイエスストロング 香港ジョッキ 1着 前走優秀。51kgだし出番あって良さそう。 -
12 タマモホットプレイ シルクロード 1着 実績的には上。あとは展開がハマれば... - -
8 13 タガノバスティーユ ファルコンS 1着 距離短縮で巻き返しあっていい。一発注意。
14 マヤノシャドー CBC賞 6着 小倉得意だが前走イマイチ。一変は? -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第41回北九州記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第41回北九州記念の展望と予想とヨタ話
「天王山」の巻

 あれ?スプリント戦?芝1800mじゃないの?
 サマースプリントシリーズ3戦目・第41回北九州記念。

 まぁ、そんなこんなでこの北九州記念。サマースプリントシリーズに組み込まれてしまった為、今年から条件変更。 芝1800mから芝1200mに変更されてしまいました。だけど、よくみれば「小倉日経オープンが重賞に昇格しただけ」なんですけどね。

 さて、そんな小倉日経オープン改め北九州記念。前述の通りサマースプリントシリーズ3戦目。さしづめ、サマースプリントシリーズの「天下分け目の一戦」といったところ。 函館スプリントステークス、アイビスサマーダッシュでポイントゲットした馬がここでさらにポイントを上積みできるか、そこが問題。 状況次第では、この北九州記念でサマースプリントシリーズの覇者が確定的になってしまう可能性もありますからね。注目の一戦。

 で、注目はアイビスサマーダッシュを制したサチノスイーティー。重賞連覇でさらにポイントゲットとなれば、もうサマースプリントシリーズを制したも同然。 そんなこんなで、ここでビシッと決めてしまいたいところだが...今回の北九州記念、相手揃ってますからねぇ。ゴールデンキャストやタマモホットプレイ、 マルカキセキにリミットレスビッドといった強豪もいるし、同じ3歳勢にもファルコンS勝ちのタガノバスティーユがいたりするし。 まぁ、3歳牝馬ということもあってハンデには恵まれたが、果たして前走のようにうまくいくかどうか...

<第41回北九州記念予想>

◎ゴールデンキャスト
○ローランジェネルー
▲マルカキセキ
△ホーマンテキーラ
△タガノバスティーユ
△サチノスイーティー

 あと、大駆けする馬も結構揃ってますからねぇ。波乱含みの一戦。

結果

1着コスモフォーチュン
2着ゴールデンキャスト
3着ホーマンテキーラ
4着タマモホットプレイ
5着リミットレスビッド

タイム:1分08秒0 3F:35.1秒
コスモフォーチュン 牝4歳
騎手:角田晃一 厩舎:栗東・宮厩舎
単勝:2番2540円
複勝:2番710円、8番290円、10番190円
枠連:2-5 5600円 馬連:2-8 10760円
馬単:2-8 23790円
3連複:2-8-10 12140円
3連単:2-8-10 107960円
ワイド:2-8 3090円
    2-10 1650円 8-10 740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、コスモフォーチュンですか。
 それ以外はいい感じで突っ込んできたのに...いやぁ、残念。

 というわけで、北九州記念の結果。逃げたのはやはりサチノスイーティー。前走のアイビスサマーダッシュの再現を狙ったのだが... このメンバーじゃさすがに楽させてくれません。逃げたものの後続馬がぴったりマーク。 さらにペース自体も、前半3ハロン通過が32.9秒とかなりのハイペース。これじゃさすがに厳しい。4コーナーでずるずる後退してしまい終了。

 で、そんなサチノスイーティーに代わってやってきたのがコスモフォーチュン。 他の馬も一気に詰めてきたが、みんな馬場の良い外を目指し大外を回ったため、コーナーワークで内を突いたコスモフォーチュンとの差は逆に開いてしまう始末。 これでもう勝負は決まったようなもの。最後、馬場の良い外目を突いた馬が猛追するも、直線が短い小倉じゃさすがに間に合いません。 結局、4コーナーで先頭に立ったコスモフォーチュンがそのまま押し切り勝ち。

 ま、そんなこんなで4コーナーでうまく立ち回ったコスモフォーチュンが勝ったわけですが...今回は展開もハンデも恵まれた、そんな内容でしたな。 むしろ気になるのは2着以下。ゴールデンキャスト、ホーマンテキーラ、タマモホットプレイ、リミットレスビッドといった実績馬がきっちり突っ込んできました。 次はこの辺りの馬が上位を争いそうな気がするが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。