今週のメインdeパツイチ2006
第57回朝日チャレンジカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 朝日チャレンジカップ 中京・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2006年9月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サクラゲイル 但馬S 1着 別定戦では分が悪い。今回はスルー。 - -
2 2 アルスブランカ 白富士S 1着 前走ぐらい走ればいいが...今回久々だし。 - -
3 3 ツルマルヨカニセ 小倉日経OP 1着 前走は展開ハマった感否めず。ここでは。 - -
4 4 トリリオンカット 鴨川S 1着 別定戦が気がかりだが展開次第で出番も。 -
5 5 メジロマイヤー 小倉大賞典 1着 久々と同型が問題。様子見するのが妥当? -
6 タイガーカフェ 府中S 1着 金鯱賞は5着。この相手なら3着ぐらいは。 -
6 7 マーブルバルダー 西部スポニチ 1着 重賞ではさすがに力不足っぽく。入着まで。 - -
8 ケイアイガード 毎日王冠 3着 叩き2戦目。上積みあれば面白いが。
7 9 ブラックタイド スプリングS 1着 長期休養明け3戦目。そろそろ復活か? -
10 エイシンニーザン 信濃川特別 1着 新潟記念がイマイチ。展開ハマらぬと。 -
8 11 コンゴウリキシオー 金鯱賞 1着 この相手・この条件なら巻き返しあって当然。 -
12 スズカフェニックス 札幌日刊スポ 3着 前走は展開向かず。重賞でも通用していい。 -

以上登録12頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第57回朝日チャレンジカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第57回朝日チャレンジカップの展望と予想とヨタ話
「微妙な変更」の巻

 今週から秋競馬。という訳で、阪神開催開幕です...って、ん?中京?
 今年は中京で行われる重賞・第57回朝日チャレンジカップ。

 で、この朝日チャレンジカップ。今年は阪神競馬場改装のため中京に変更。この変更が微妙ですなぁ。 直線短いし、坂もないし。しかも、開幕週。ベタベタに前残りの競馬になってしまう可能性もあるんじゃないでしょうか?というより、濃厚。

 でもって、朝日チャレンジカップの予想ですが...ここならコンゴウリキシオーで仕方ない気がするが。金鯱賞の再現あっても不思議ではないでしょう。 問題はヒモ。重賞ではパンチ不足な馬ばかりだからなぁ。とりあえず、スズカフェニックス、ブラックタイド等、夏場好走した馬を狙うのが無難なんだろうけど... ちょっとクセあるかねぇ。どうだろう?

<第57回朝日チャレンジカップ予想>

◎コンゴウリキシオー
○ケイアイガード
▲スズカフェニックス
△ブラックタイド
△タイガーカフェ

 相手絞ってガツンと勝負か、それともヒモ荒れ狙いの3連単か。どちらかだな。

結果

1着トリリオンカット
2着コンゴウリキシオー
3着ケイアイガード
4着スズカフェニックス
5着ツルマルヨカニセ

タイム:1分57秒4 3F:35.0秒
トリリオンカット 牡6歳
騎手:和田竜二 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:4番3090円
複勝:4番510円、11番130円、8番250円
枠連:4-8 1620円 馬連:4-11 2850円
馬単:4-11 10350円
3連複:4-8-11 4630円
3連単:4-11-8 52550円
ワイド:4-11 870円
    4-8 1880円 8-11 380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うわぁ、ヤな抜け方したなぁ。コレ。
 本紙は◎−△、私的予想は◎−○で2・3着、穴予想は▲−◎で1・3着とは...

 でもって、朝日チャレンジカップの結果。やはりコンゴウリキシオーが逃げる展開。で、そのコンゴウリキシオーが快調に逃げ、 金鯱賞同様押し切ってしまうかと思われたが...直線に入ってから後続を思うように突き放せず。

 で、そんな伸び悩むコンゴウリキシオーに襲い掛かったのがトリリオンカット。直線で差をじわりじわり詰め、ちょうどコンゴウリキシオーを捕らえたところがゴール。 格下ということもあって人気はあまりなかったが、1000万下勝ちの内容は悪くなかったですからね。休み明け3戦目できっちり一変、力を出し切った結果がコレだった、まぁ、そんなところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。