今週のメインdeパツイチ2006
第57回毎日王冠出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 毎日王冠 東京・芝1800m  3歳上オープン(GII) 2006年10月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サイドワインダー 米子S 4着 相変わらずスランプ状態。一変は厳しい。 - -
2 ダイワバンディット 関屋記念 2着 関屋記念2着は評価。だが、東京苦手で... - -
2 3 メジロマントル 鳴尾記念 1着 単騎逃げ怖い。楽に行かせすぎると... -
4 カンパニー 大阪杯 1着 GIIなら十分勝負になる馬。仕上がり次第。
3 5 オースミグラスワン 新潟大賞典 1着 前走は展開向かず。巻き返しあっていい。 -
6 クラフトワーク AJC杯 1着 復帰後の成績が散々。以前の調子には... - -
4 7 アサクサデンエン 安田記念 1着 時々ポカある馬だが東京得意なだけに。 -
8 ロジック NHKマイルC 1着 NHKマイルC馬だが古馬相手だとどうだか。 - -
5 9 グレイトジャーニー ダービー卿CT 1着 叩き2戦目。展開さえ嵌れば末脚炸裂も。 -
10 ダンスインザムード ヴィクトリア 1着 牡馬相手だが何ら問題なし。好勝負。 -
6 11 ハットトリック 香港マイル 1着 今年春の成績が散々。一変あればいいが。 - -
12 マルカシェンク 日本ダービー 4着 前2戦はハマらなかっただけ。能力高い。
7 13 ローエングリン 京成杯AH 4着 戦法変更で一変。揉まれ弱かっただけ? -
14 サクラメガワンダー ラ杯2歳S 1着 春の成績が尻すぼみ。早熟だったのか? - -
8 15 テレグノシス 京王杯SC 3着 東京は鬼。ただし、さすがに衰え隠せぬ。 - -
16 ダイワメジャー マイラーズC 1着 開幕週の東京。先手とって楽に押し切りも。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回毎日王冠枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第57回毎日王冠の展望と予想とヨタ話
「どっちの前哨戦?」の巻

 今週から東京開催スタート。デカいターフビジョンもあるよ。
 それは兎も角。天皇賞秋への大事な一戦・第57回毎日王冠。

 さて、そんなこんなで毎日王冠。天皇賞秋へのステップと同時にマイルチャンピオンシップへのステップでもあるレース。 そういうこともあって、裏の京都大賞典に比べれば「マイル色」の濃いメンバーが集結。今年の安田記念2着馬アサクサデンエンやテレグノシスもこの毎日王冠から始動。

 という訳で、マイル路線の有力馬が集まったこの毎日王冠。前述の2頭に加え、ヴィクトリアマイルを制したダンスインザムードに去年マイルCS・香港マイルを連勝したハットトリック、 NHKマイルカップ馬ロジックにマイルCS2着のダイワメジャーといった辺りが出走。まぁ、順当ならこれらの馬でアッサリ決まりそうだが...東京開幕週ですからね。前に行った馬が止まらないのはお約束。 前に行けるダイワメジャー、ダンスインザムード辺りは問題なさそうだが、他の馬はどうなんでしょ?末脚に賭ける馬ばかりだからねぇ。この辺りの取捨が今回の毎日王冠の鍵になりそうですな。

<第57回毎日王冠予想>

◎ダイワメジャー
○グレイトジャーニー
▲ダンスインザムード
△カンパニー
△マルカシェンク
△オースミグラスワン

 一発狙うなら別路線組だが...どこまでやれるか未知数だからなぁ。

結果

1着ダイワメジャー
2着ダンスインザムード
3着ローエングリン
4着マルカシェンク
5着カンパニー

タイム:1分45秒5 3F:34.6秒
ダイワメジャー 牡5歳
騎手:安藤勝己 厩舎:美浦・上原厩舎
単勝:16番640円
複勝:16番230円、10番200円、13番390円
枠連:5-8 910円 馬連:10-16 1560円
馬単:16-10 3290円
3連複:10-13-16 9720円
3連単:16-10-13 45840円
ワイド:10-16 710円
    13-16 1870円 10-13 1520円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。きれいに決まりましたな。
 ただし。3着のローエングリンは微妙ですが。うー。

 さてさて、そんな毎日王冠の結果。メジロマントルを先に行かせ、2番手を追走したダイワメジャー。 直線でそのメジロマントルを交わし先頭に立つと、じわりじわりと差を詰めてくるダンスインザムードと叩き合い。 一旦交わされるものの、なんとか巻き返し1着でゴール。

 しかし、終わってみれば前につけていたダイワメジャー・ダンスインザムードの2頭が後続を少し離して1・2着確保。 やはり東京開幕週。前に行った馬はそう簡単に止まりませんな。ペース自体は前半3ハロン通過が34.7秒、1000m通過が0:58.8というまずまずの流れだったが、 差し・追込勢はなんとか3着争いに加わるのがやっとでした。

 とはいえ、今回の上位陣、この先それなりに期待できるんじゃないでしょうか?今回は展開がハマらなかっただけと割り切れる内容。 4着のマルカシェンクから8着のオースミグラスワンまでなら十分勝負になるでしょう。ただ、13着のアサクサデンエンとビリのロジックはどうなんだろう? この内容はちょっといただけないなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。