今週のメインdeパツイチ2006
第41回京都大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第41回 京都大賞典 京都・芝2400m  3歳上オープン(GII) 2006年10月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 インティライミ 日本ダービー 2着 春の成績が今一つ。一変あればいいが... - -
2 2 アルファフォーレス ブリーダーGC 2着 オールカマーではブービー。芝では辛い。 - -
3 3 ニッシングリン 読売レディ杯 1着 さすがに芝では見劣りそう。厳しい。 - -
4 4 マイソールサウンド 阪神大賞典 1着 最近2ケタ着順ばかり。さすがに厳しい。 - -
5 5 ローゼンクロイツ 菊花賞 3着 立ち直っている。そろそろ完全復活も?
6 6 ストラタジェム 天皇賞春 3着 どこでも相手なりの感ある。2着まで。 -
7 トウショウナイト 札幌日経OP 1着 前走圧勝も、相手強化されるここでは。 - -
7 8 ファストタテヤマ みなみ北海道 1着 京都は鬼。流れさえ向けば出番あっていい。
9 スイープトウショウ エリ女杯 1着 実績ダントツも長期休養明けが気がかりで。
8 10 キーボランチ メトロS 1着 京都では好走多い馬。相手手強いが注意。 -
11 アイポッパー 目黒記念 2着 相手関係楽。あとは流れにさえ乗れれば。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第41回京都大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第41回京都大賞典の展望と予想とヨタ話
「前哨戦なの?」の巻

 秋の天皇賞に向けて有力馬が始動。第41回京都大賞典。
 ただ、今年はなんだか妙なメンバー構成になってますなぁ...

 というのも、今回の京都大賞典。天皇賞秋には向かいそうもない面子ばかりだからなぁ。どう考えても「2000mは短い」という馬ばかり。 アイポッパーとかファストタテヤマ、トウショウナイト、ストラタジェムとかさ。インティライミだって長いほうがいいでしょ。 何だかこの後天皇賞秋じゃなくて、アルゼンチン共和国杯→ステイヤーズステークスっていうローテーションになりそうな気が。

 まぁ、次の天皇賞秋に結びつくかどうかは置いておくとして、この京都大賞典の予想を。条件的には前述の「2000mは短いという馬」にはもってこいの条件。 これらの馬が台頭してきてもいいのだが...いかんせ、絶対的な能力の差というものがあるからね。この辺りをきちんと考慮しとかないと。 長期休養明けだが、牡馬相手に宝塚記念勝ちがあるスイープトウショウとか、ディープインパクトが三冠達成した菊花賞で3着に入ったローゼンクロイツとかさ。

<第41回京都大賞典予想>

◎ローゼンクロイツ
○キーボランチ
▲スイープトウショウ
△アイポッパー
△ファストタテヤマ

 長期休養明けの分スイープトウショウはちょっと減点。ローゼンクロイツ中心で。

結果

1着スイープトウショウ
2着ファストタテヤマ
3着トウショウナイト
4着ローゼンクロイツ
5着ストラタジェム

タイム:2分31秒5 3F:33.3秒
スイープトウショウ 牝5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・鶴留厩舎
単勝:9番510円
複勝:9番230円、8番460円、7番250円
枠連:7-7 4180円 馬連:8-9 4770円
馬単:9-8 7460円
3連複:7-8-9 7390円
3連単:9-8-7 49450円
ワイド:8-9 1440円
    7-9 800円 7-8 1240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。うーん、スイープトウショウでしたか。
 しかし、ファストタテヤマ。軽視されすぎです。7番人気って。

 まぁ、それはともかく。京都大賞典の結果。これといった逃げ馬がいなかったんでペースが遅くなるのは仕方ないが...これはいくらなんでも遅すぎ。 凱旋門賞(タイム訂正前)かよ!とツッコミを入れたくなるくらいのスローペースに。

 で、こういう流れになるとねぇ、待っているのはアレですよ。瞬発力勝負。となると、やはりこの馬が台頭するのは仕方がないところ。スイープトウショウ。 レースの上がりが33.3秒という「前に行った馬が残って不思議ではない」流れの中、直線で内が開いたところを突いて進出。あとは自慢の末脚で後続馬を置き去りにして完勝。 長期休養明けだったが、そのハンデを全く感じさせない内容。まぁ、実力通りといえばそれまでですが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。