今週のメインdeパツイチ2006
第11回秋華賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 秋華賞 京都・芝2000m  3歳牝オープン(GI) 2006年10月15日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キストゥヘヴン 桜花賞 1着 叩き2戦目。巻き返しあっていい条件で。 -
2 ソリッドプラチナム マーメイドS 1着 前走展開ハマらず。得意の京都で巻き返し。 -
2 3 タッチザピーク 紅梅S 1着 重賞での成績がサッパリ。さすがに... - -
4 シェルズレイ ローズS 2着 今回も先行馬不在。前走の再現もある? -
3 5 フサイチパンドラ オークス 2着 流れに乗れればチャンス。前残りありそう。
6 ブルーメンブラット 大倉山特別 1着 オークスの内容悪くない。一発あっていい。 -
4 7 シークレットコード 阪神JF 2着 休み明けの前走イマイチ。一変あっても... - -
8 ホウショウルビー エーデルS 1着 ローズSそこそこ走った。ただGIでは... - -
5 9 アドマイヤキッス ローズS 1着 前走きっちり勝利。流れに乗れれば... -
10 ヤマトマリオン フローラS 1着 フローラSぐらい走れば面白い。一変あれば。 -
6 11 キープユアスマイル 紫苑S 2着 前走の末脚評価。ただ、この相手では辛い? - -
12 カワカミプリンセス オークス 1着 今回久々。これが吉とでるか凶とでるか。 - -
7 13 サンドリオン 紫苑S 1着 TR勝ちも相手一気に強化。さすがに力不足。 - -
14 ブロンコーネ フローラS 2着 前2戦がどれも散々な内容。一変は望めぬ。 - -
15 ニシノフジムスメ オークス 5着 そこそこ走るが、ハマっても3着までか。 -
8 16 アサヒライジング オークス 3着 GI実績を評価。今回は先行?それとも差し? -
17 トシザサンサン 月岡特別 1着 相手強化よりも距離が問題。厳しい。 - -
18 コイウタ 桜花賞 3着 故障休養明けが問題。能力はあるが。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回秋華賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第11回秋華賞の展望と予想とヨタ話
「変わらず?」の巻

 今週から本格的に秋のGIシリーズスタートです。
 まずは3歳牝馬クラシック最終戦・第11回秋華賞。

 まぁ、そんなこんなで3歳牝馬路線もこの秋華賞で最後。一冠目の桜花賞はキストゥヘヴン、二冠目のオークスはカワカミプリンセスがそれぞれ制した訳ですが... その春の成績を鵜呑みにできないのがこの秋華賞。秋になったとたん勢力図がガラリと一変、なんてことはよくあること。そのお陰でこの秋華賞、大波乱の決着になることもしばしば。

 で、今回の秋華賞。前述の通り、今年は桜花賞・オークスで実績残した馬が脱落せずほとんどそのままこの秋華賞に出走。 問題はこれらの馬が春と同じような働きをするかどうか、でしょうな。前哨戦のローズステークスでは春実績を残している馬がきっちり上位を確保。 これだけをみれば、春の実績馬がそのままこの秋華賞でもきっちり上位確保しそうな気がするが...

<第11回秋華賞予想>

◎アドマイヤキッス
○ヤマトマリオン
▲キストゥヘヴン
△フサイチパンドラ
△アサヒライジング
△ソリッドプラチナム

 そんなこんなで春の実績馬中心。だけどカワカミは外してみました。

結果

1着カワカミプリンセス
2着アサヒライジング
3着フサイチパンドラ
4着アドマイヤキッス
5着シェルズレイ

タイム:1分58秒2 3F:35.6秒
カワカミプリンセス 牝3歳
騎手:本田優 厩舎:栗東・西浦厩舎
単勝:12番360円
複勝:12番190円、16番370円、5番340円
枠連:6-8 1680円 馬連:12-16 2260円
馬単:12-16 3320円
3連複:5-12-16 6550円
3連単:12-16-5 25630円
ワイド:12-16 810円
    5-12 910円 5-16 1570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、やっちゃったか。
 ヒモはまずまずだったが、軸が全く違ってました。むー。

 でもって、秋華賞の結果。いやぁ、参った。休み明けぶっつけで挑んだカワカミプリンセスがオークスに続きこの秋華賞も制覇。 これで5戦5勝。無敗のまま牝馬二冠達成。うーん、ここまで強かったとはねぇ。ちょっと甘くみてました。

 で、レース自体はというと...行く馬が行って流れは平均ペース。ちなみに勝ったカワカミプリンセスは中団よりちょっと前での競馬。 そして、このカワカミプリンセスをマークするような形で人気のアドマイヤキッス・キストゥヘヴンが追走。

 こういう流れの中、一足先に仕掛けたのが、何を隠そうカワカミプリンセス。これが大正解でしたな。 アドマイヤキッス・キストゥヘヴンは少し控えて直線勝負に賭けたが、今の京都コース、馬場が軽く前につけた馬が簡単に止まりません。 結局、先に動いたカワカミプリンセスとの差を詰める以前の問題になってしまい共に撃沈。逆にカワカミプリンセスは、 直線で先頭に立ち逃げ込みを図るアサヒライジングをゴール手前できっちり料理。まぁ、「きっちり捕らえた」といっても、 勝負どころでもうちょっとガマンしていたら間に合っているかどうか微妙な内容でしたからね。いいタイミングで仕掛けた、それが今回の勝因でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。