今週のメインdeパツイチ2006
第67回菊花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第67回 菊花賞 京都・芝3000m  3歳上牡牝オープン(GI) 2006年10月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トーホウアラン 京都新聞杯 1着 京都得意。うまく先手取れれば粘り怖い。
2 ミストラルクルーズ セントライト 3着 重賞でちと足りない内容続く。パンチ不足。 - -
2 3 シルククルセイダー 利根川特別 1着 前走の楽勝は評価もダート専門っぽくて。 - -
4 タガノマーシャル TVh賞 1着 実はメイショウサムソンの2着ある馬。怖い。 -
3 5 アドマイヤメイン 日本ダービー 2着 休み明けの前走がイマイチ。展開嵌らぬと。 - -
6 ネヴァブション 九十九里特別 1着 瞬発力勝負は分が悪い。上がりかからぬと。 - -
4 7 マルカシェンク 日本ダービー 4着 力は通用。距離克服できれば逆転も可能。
8 マンノレーシング 納屋橋S 3着 芝こなせれば面白いのだが。こそっと3着? -
5 9 インテレット 毎日杯 2着 前2戦がイマイチ。叩き2戦目でも厳しい。 - -
10 フサイチジャンク 皐月賞 3着 前走は不利あって競馬にならず。巻き返し。 -
6 11 トーセンシャナオー セントライト 1着 今回は楽できぬ。展開よほど嵌らぬと。 - -
12 メイショウサムソン 日本ダービー 1着 ここ勝てば三冠達成。ただ、前走の敗北が... -
7 13 ドリームパスポート 神戸新聞杯 1着 瞬発力勝負なら逆転も可能。最後ぐらいは。 -
14 アペリティフ 京都新聞杯 2着 京都新聞杯ぐらい走れば3着はありそうで。 -
15 アクシオン HTB賞 1着 なんとか間に合った。準OP馬だが侮れぬ。 -
8 16 トウショウシロッコ セントライト 2着 妙に詰め甘い。上がり勝負だと辛い。 - -
17 パッシングマーク ベンジャミン 1着 ダービー・神戸新聞杯が負けすぎ。厳しい。 - -
18 ソングオブウインド ラジオNIKKEI 2着 神戸新聞杯3着評価。上位狙える馬。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第67回菊花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第67回菊花賞の展望と予想とヨタ話
「二度あることは三度あるの?」の巻

 今週は3歳牡馬クラシック最終戦・第67回菊花賞。
 ディープに続いて今年も三冠馬が誕生するのか?要注目!

 という訳で、今回の菊花賞。注目はやはりこの馬、メイショウサムソン。去年のディープインパクトに続いて三冠馬となることができるんでしょうか。 皐月賞・日本ダービーとまんまと逃げ切って二冠達成したが、今回はどうでしょうかね?二冠時のようにうまく事が運ぶかどうか。 実際、前哨戦の神戸新聞杯ではドリームパスポートに差し切られてしまってますし...

 というのも、今回の菊花賞。前に行った馬が残ってしまうこともよくある京都の芝3000mというのはメイショウサムソンにとって有利な条件なのだが... 問題は今の京都、馬場が軽くスピード勝負になりやすい点。ペースが落ち着いて「直線に入ってよーいドン」の競馬になると、瞬発力が劣る分、分が悪い。 前走のようにねじ伏せられてしまう可能性も。

 で、その辺りを踏まえて菊花賞の予想を。うまくメイショウサムソンが押し切れるような展開になればいいのだが... 今回これといった逃げ馬もおらず、直線に入って瞬発力勝負になるのは目に見えている。だったら、瞬発力に秀でた馬を選ぶのが正解でしょう。 皐月賞・日本ダービーは展開がハマらず取りこぼしてしまったドリームパスポート、京都新聞杯で上がり3ハロン33.0秒を叩き出したマルカシェンク、 スンナリ先手取ると終いキッチリまとめて残りそうなトーホウアランとかさ。人気がメイショウサムソン一本被りになるようだと馬券的妙味もたっぷりだし、悪くはないと思うが。

<第67回菊花賞予想>

◎マルカシェンク
○アクシオン
▲ドリームパスポート
△メイショウサムソン
△フサイチジャンク
△トーホウアラン

 一発狙うならアクシオン。芝で一変。まだ上目指せそうだし。

結果

1着ソングオブウインド
2着ドリームパスポート
3着アドマイヤメイン
4着メイショウサムソン
5着アクシオン

タイム:3分02秒7(R) 3F:35.6秒
ソングオブウインド 牡3歳
騎手:武幸四郎 厩舎:栗東・浅見厩舎
単勝:18番4420円
複勝:18番760円、13番190円、5番230円
枠連:7-8 2770円 馬連:13-18 6480円
馬単:18-13 24280円
3連複:5-13-18 11700円
3連単:18-13-5 144520円
ワイド:13-18 1550円
    5-18 2410円 5-13 540円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まさか、ソングオブウインドとは...
 差し馬狙いは良かったんだが、一番の脚を使ったのがソングオブウインドとはねぇ。

 でもって、菊花賞の結果。アドマイヤメインが逃げるのは予定どおりなのだが、まさかここまでぶっ飛ばすとはね。前半3ハロンが35.4秒、1000m通過が0:58.7だもんなぁ。 その後ペースを落としたが、リードは変わらず。相変わらずアドマイヤメインが大逃げ。

 で、この流れの中、三冠目指すメイショウサムソンは好位を追走。ペースが上がってスタミナ勝負、そして上がりがかかる展開になれば、 この馬にチャンスが巡ってくるはずだったのだが...今の京都、やたらと時計が出る馬場ですからねぇ。このペースにも関わらず最後それなりの瞬発力を要求される展開になってしまい撃沈。 自身もそれなりの上がり(34.9秒)でまとめたが、末脚は他馬の方が上。ぴったりメイショウサムソンをマークしていたドリームパスポートや、後方から一気の脚で追い込んできたソングオブウインドにあっさり捕まってしまい終了。 それどころか、逃げたアドマイヤメインさえ捕らえられず4着。

 まぁ、そんなこんなありましたが、勝ったのはソングオブウインド。前走の神戸新聞杯は早め早めの競馬で3着に入ったが、今回は再び控える競馬。 道中は後方2〜3番手を追走。直線入った段階で前との差が相当あったが、一頭だけ33秒台の上がりタイムを叩き出しこれを一気に逆転。いやいやいや、ここまでの脚を使える馬だったとは。

 で、あと他の馬。メイショウサムソンはガチの時計勝負になってしまったのが敗因でしょう。皐月賞や日本ダービーのようにやや時計のかかる馬場がベストなんじゃないでしょうか? 毎年やや時計のかかる馬場になる暮れの中山・有馬記念での巻き返しに期待したいところ。あとはマルカシェンク。距離が長すぎたのか?伸びがイマイチでした。ベストは中距離、そんな感じの内容でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。