今週のメインdeパツイチ2006
第134回天皇賞秋出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第134回 天皇賞(秋) 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2006年10月29日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アサクサデンエン 安田記念 1着 去年の4着馬。叩き2戦目で一変あれば怖い。
2 カンパニー 大阪杯 1着 前走は不利有。ただ妙に詰め甘い面あるのが。 -
2 3 サクラメガワンダー ラ杯2歳S 1着 今年の成績がサッパリ。早熟だったか? - -
4 ダンスインザムード ヴィクトリア 1着 前走2着に敗れたが展開の差。逆転可能。 -
3 5 ローエングリン 毎日王冠 3着 脚質変えて一変。前走ぐらい走れば3着も。 -
6 トリリオンカット 朝日CC 1着 格下。この相手ではとても歯が立たない。 - -
4 7 スイープトウショウ 宝塚記念 1着 前走完勝。この組み合わせなら勝てていい。 -
8 コスモバルク シンガポール 1着 完全に復調。ここで中央GI制覇なるか? -
5 9 インティライミ 日本ダービー 2着 今年はイマイチ。叩いて変わればいいが... - -
10 スウィフトカレント 小倉記念 1着 前走は展開嵌らなかっただけ。上位狙える。 -
6 11 ファストタテヤマ 京都大賞典 2着 京都専門。末脚はそれなりだが東京だと... - -
12 ハットトリック マイルCS 1着 今年はサッパリ。去年の勢いはどこへやら。 - -
7 13 オースミグラスワン 新潟大賞典 1着 前2戦は展開ハマらず。GIだが展開次第で。 -
14 ダイワメジャー 毎日王冠 1着 今回は前走ほど楽できぬ。2・3着まで。 -
8 15 アドマイヤムーン 札幌記念 1着 札幌記念を楽勝。ただこの相手だと辛い? - -
16 グレイトジャーニー ダービー卿CT 1着 着順ほど大負けしていない。3着穴で。 -
17 ローゼンクロイツ 金鯱賞 2着 詰めの甘い競馬ばかり。GIでは辛いか。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第134回天皇賞秋枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第134回天皇賞秋の展望と予想とヨタ話
「今年も波乱?」の巻

 ディープインパクトが出るとか出ないとか言ってたけど...
 やっぱり出ませんでした。第134回天皇賞秋。

 でも、そんなにガッカリする必要はありませんよ。今回の天皇賞秋、ディープインパクトの回避で「馬券的に面白い」一戦になりましたからね。 古馬の牡馬相手でも全く怯まず上位に突っ込んでくる女傑スイープトウショウ、ダンスインザムードに、3歳馬でありながら古馬を相手にした札幌記念を楽勝したアドマイヤムーンに、 マイル〜中距離路線で活躍するダイワメジャー、アサクサデンエンといったGI馬、そして、国内GI制覇を目論むシンガポール国際カップ勝ちのコスモバルクがいますからね。 他にも、実績的には重賞勝ち程度の馬だが展開次第で出番ありそうな馬が揃ってますからね。

 そんなこんなで今回の天皇賞秋。隙のないメンバー構成に。人気自体はアドマイヤムーンにスイープトウショウ、ダンスインザムード、そしてコスモバルク辺りに集中しそうだが、 ホントにその人気通りの決着になるんでしょうか?これらの馬以外にも面白い馬が揃ってますからねぇ...一筋縄ではいかないと思うのだが。人気どころを軸に、そして2・3着に人気薄を絡めて高めを狙う、 これが正解だったりするんじゃないでしょうか。

 あとねぇ...困ったらコレですよ。サイン馬券(笑)。今回の天皇賞秋、「悠仁親王殿下御誕生慶祝」ということなので、その誕生日をとって馬単の9-6。...って、インティライミ→トリリオンカットかよ! いくらなんでもこれはないだろうよ。でも、買うけどな!

<第134回天皇賞秋予想>

◎スイープトウショウ
○オースミグラスワン
▲ダンスインザムード
△ダイワメジャー
△アサクサデンエン
△コスモバルク

 ま、スイープ・ダンス辺りから入るのが無難かな。あとはオッズと相談。

結果

1着ダイワメジャー
2着スウィフトカレント
3着アドマイヤムーン
4着コスモバルク
5着スイープトウショウ

タイム:1分58秒8 3F:35.6秒
競走除外:6番
ダイワメジャー 牡5歳
騎手:安藤勝己 厩舎:美浦・上原厩舎
単勝:14番700円
複勝:14番240円、10番430円、15番240円
枠連:5-7 2400円 馬連:10-14 4780円
馬単:14-10 8690円
3連複:10-14-15 9120円
3連単:14-10-15 60460円
ワイド:10-14 1640円
    14-15 860円 10-15 1650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。買えなくはない組み合わせだが...
 軸馬がサッパリじゃ、どうにもならんですわ。

 という訳で、今年の天皇賞秋を制したのはダイワメジャー。皐月賞以来のGI制覇となりました。皐月賞後、何度もGIで好走あったがいづれも勝ちきれず。 そんなダイワメジャーでしたが、ようやくここに来てチャンスが巡ってきました。ディープインパクト回避で相手関係が楽に。そして、これといった逃げ馬も不在。 前走の毎日王冠を再現できれば...という状況下におかれた今回の天皇賞秋。で、全くもってその通りの結果を出し、久々のGI制覇に。

 まぁ、それはともかく天皇賞秋の詳細を。逃げ馬不在でローゼンクロイツ、ダイワメジャー、ダンスインザムードが押し出されるように逃げるかと思われたが、 蓋を開けてみればインティライミの単騎逃げ。しかも、前半3ハロン通過が35.4秒、1000m通過が0:58.8というなかなかのペースで逃げる展開。 ただ、他の馬はこれを積極的に追いかけようとはせず、インティライミが勝手にペースを作って逃げる形に。

 で、レースが動いたのは4コーナー付近から。ここまで後続を引き離して逃げていたインティライミだが、 好位につけていたダイワメジャー、ダンスインザムードがじわりじわりと差を詰めてきたため苦しい展開に。結局、直線で早々と後続馬につかまり終了。

 そんな流れの中、そのインティライミに代わって先頭に立ったのが勝ったダイワメジャー。前走の毎日王冠同様、早め先頭で押し切る狙い。今回もこれがきちんと機能しました。 外を回ったアドマイヤムーン、スイープトウショウ、コスモバルクが直線で一気に差を詰めてくるのかと思われたが...各馬伸びがイマイチ。 結局、これらの馬に加え、内から抜けてきたスウィフトカレントも及ばず、ダイワメジャーがそのまま押し切ってしまいました。

 しかしねぇ、期待していた牝馬2頭。ともにイマイチの結果でした。ダンスインザムードは直線で粘れず6着、スイープトウショウは爆発的な末脚を発揮できず5着まで。 もうちょっとやれていい馬だと思っていたんだが...残念な結果に。多少馬体重は減っていたが、これくらいは大丈夫な範囲だろうし。ちょっとイヤな負け方ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。