今週のメインdeパツイチ2006
第44回アルゼンチン共和国杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 アルゼンチン共和国杯 東京・芝2500m  3歳上オープン(GII) 2006年11月5日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アドバンテージ 南武特別 1着 このハンデは歓迎。ただジリっぽくて。 -
2 2 トレオウオブキング オクトーバS 3着 前2戦は展開ハマった感有。重賞では辛い。 - -
3 3 グラスポジション ステイヤーズ 2着 休み明け2戦目だが...頭打ち気味の現状で。 - -
4 アイポッパー 目黒記念 2着 ハンデ58kgは問題ないが相手揃っているのが... -
4 5 チェストウイング オクトーバS 1着 東京5勝。今回重賞だが即通用していい。 -
6 ドラゴンキャプテン 本栖湖特別 1着 軽ハンデだがやや格下気味。展開嵌らぬと。 - -
5 7 トウカイトリック 阪神大賞典 2着 楽に先行できるなら相当粘る。押し切りも。
8 ルーベンスメモリー みなみ北海道 2着 重賞の成績がサッパリ。ハンデも重くて。 - -
6 9 トウショウナイト 京都大賞典 3着 詰め甘い。上位狙えるが勝てるかどうか。 -
10 メジロトンキニーズ ダイヤモンド 2着 末脚と軽ハンデ脅威。ダイヤモンドSの再現も。
7 11 ウインジェネラーレ オールカマー 3着 休み明けの前走悪くなく。上積みあれば。
12 スズジャパン 丹沢S 1着 芝もこなせる。ハンデ手頃で上位狙える。 -
8 13 メジロコルセア 松前特別 1着 前2戦の敗北が問題。ここか壁っぽい。 - -
14 ブリットレーン 札幌日経OP 3着 長距離ではたまに一発ある馬。重賞でも。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回アルゼンチン共和国杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第44回アルゼンチン共和国杯の展望と予想とヨタ話
「裏街道まっしぐら」の巻

 今週はGIお休み。第44回アルゼンチン共和国杯。
 ジャパンカップ・有馬記念へのステップ...ならいいんだけどね。

 というのも、このアルゼンチン共和国杯。条件的には前述のGIに繋がって良そうそうな重賞なのだが...これが全くといっていいほどアテにならん。 走り出したとしても、年明けの日経新春杯とかダイヤモンドSとかそういうのばかり。このアルゼンチン共和国杯、ひょっとして裏街道への入り口?

 まぁ、それはそれとして。このアルゼンチン共和国杯そのもに目を向けましょう。毎年余計な馬が突っ込んできて荒れる傾向にあるのがこのアルゼンチン共和国杯。 人気どころもきちんと絡むのだが、2ケタ人気馬も絡んでくるからなぁ。そこが問題。

 順当にトウショウナイトやアイポッパー、トウカイトリック、チェストウイング辺りが上位確保しても、ここに絡んでくる人気薄をうまく当てないとダメですからね。 1000万下特別勝ちの軽ハンデ馬とか、頭打ちの実績馬が一変するとかそういうのをうまく拾えないと。札幌日経OPでトウショウナイト・コスモバルクに次ぐ3着のブリットレーンとか、 末脚はそこそこあるスズジャパンとかさ。

<第44回アルゼンチン共和国杯予想>

◎トウカイトリック
○ブリットレーン
▲チェストウイング
△メジロトンキニーズ
△ウインジェネラーレ
△アイポッパー

 ま、あっさり実績馬同士で決まってしまう可能性もあるが。

結果

1着トウショウナイト
2着アイポッパー
3着ドラゴンキャプテン
4着チェストウイング
5着トウカイトリック

タイム:2分31秒0 3F:35.7秒
トウショウナイト 牡5歳
騎手:武士沢友治 厩舎:美浦・保田厩舎
単勝:9番410円
複勝:9番160円、4番170円、6番340円
枠連:3-6 820円 馬連:4-9 940円
馬単:9-4 1820円
3連複:4-6-9 5090円
3連単:9-4-6 19690円
ワイド:4-9 390円
    6-9 1050円 4-6 1380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。結局、無難な決着でしたか。
 トウショウナイトもアイポッパーも、来ても何ら不思議でもない馬だし。

 さて、そんなアルゼンチン共和国杯の結果。それほど逃げそうな馬もおらず、スローで淡々とした流れになるかと思われたが...蓋をあけてみれば大違い。 アドバンテージが思い切って逃げ、そしてこれをメジロコルセアが追走。まぁ、行く馬が行くにしてもうまくペースを調整してくれれば問題はなかったのだが... 変に競っちゃったもんだからオーバーペース気味に。

 しかし、ペースが速くなり最後の上がりがかかる展開になったのが幸いした馬もちらほら。勝ったトウショウナイトもアイポッパーも瞬発力で勝負する馬じゃないからね。 多少時計を要しスタミナが必要とされる展開になったのが今回の勝因なんじゃないでしょうか?裏を返せは、展開がハマったからトウショウナイトもアイポッパーも勝てた、 今回のアルゼンチン共和国杯それだけだったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。