今週のメインdeパツイチ2006
第31回エリザベス女王杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第31回 エリザベス女王杯 京都・芝2200m  3歳上牝オープン(GI) 2006年11月12日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アサヒライジング 秋華賞 2着 GI連続2着は評価。展開嵌れば上位も。 - -
2 ヤマニンシュクル 中山牝馬S 1着 ここ数戦ちと頭打ち気味。末脚は怖いが... - -
2 3 アドマイヤキッス ローズS 1着 秋華賞4着も末脚評価。流れ次第で。 -
4 ヤマトマリオン フローラS 1着 多少良化。叩き3戦目&距離延長で一変も。 -
3 5 ソリッドプラチナム マーメイドS 1着 マーメイドS再評価。前が止まれば... -
6 シェルズレイ ローズS 2着 今回は思い切って逃げる?前々走の再現狙う。 -
4 7 レクレドール 札幌記念 2着 GIの成績サッパリ。夏場ぐらい走ればいいが。 - -
8 スイープトウショウ エリ女王杯 1着 去年の覇者。強力な3歳揃うも連覇狙える。 -
5 9 ライラプス 福島牝馬S 2着 最近さらにジリっぽくなり。今の京都では。 - -
10 キストゥヘヴン 桜花賞 1着 ここ数戦は展開ハマらず。人気薄なら妙味。
6 11 ディアデラノビア ヴィクトリア 3着 前2戦は展開ハマらなかっただけ。末脚注意。 -
12 ウイングレット 府中牝馬S 4着 前走まずまずだったがさすがにGIでは。 - -
7 13 サンレイジャスパー 府中牝馬S 2着 力つけている。相手一気に強化だが上位も。 -
14 ヤマニンメルベイユ 天の川S 1着 重賞での成績がサッパリ。ここでは。 - -
8 15 フサイチパンドラ オークス 2着 こっそり上位に食い込むタイプ。ここも? -
16 カワカミプリンセス 秋華賞 1着 未だ無敗の3歳二冠馬。変則三冠達成なるか? -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第31回エリザベス女王杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第31回エリザベス女王杯の展望と予想とヨタ話
「スイープトウショウ VS 3歳勢」の巻

 先週はJBCということで川崎でGI開催でしたが...
 舞台は再び中央へ。最強牝馬決定戦・第31回エリザベス女王杯。

 さて、そんなこんなでこのエリザベス女王杯。3歳牝馬と古馬牝馬、どちらに軍配が挙がるのか注目の一戦。 3歳牝馬勢は、無敗のままオークス・秋華賞を制したカワカミプリンセスを筆頭に、桜花賞馬キストゥヘヴン、 そして3歳牝馬クラシックで好走したアドマイヤキッス、アサヒライジンク、フサイチパンドラとほぼフルメンバー。 迎え撃つ古馬勢はというと...スイープトウショウぐらいか。ただ、スイープトウショウですからねぇ。もうこの馬さえいれば十分でしょ。

 といった訳で、今回のエリザベス女王杯。豪華3歳勢が去年の勝ち馬スイープトウショウ相手どこまで通用するか、そこが最大のポイントでしょう。 だけどねぇ、これが結構厄介。大体この時期までにクイーンステークスとか府中牝馬ステークスとかで3歳勢と古馬勢が対決しているので、 そこで世代間のレベル差を判断すれば良いのだが...今回その辺りがほとんどノーヒントですからね。あるとすればマーメイドSのソリッドプラチナムぐらいか。 でも、これは圧倒的な斤量差があっての結果ですし。

 まぁ、こういう時は割り切って勝負するのがいいでしょう。人気が3歳勢に集まりそうなんでスイープトウショウから入っても十分妙味あるでしょう。 あとは、ここに3歳勢を絡めるのが無難...だけど、それじゃ面白くないからなぁ。だったら、勝てはしないが連下に突っ込んできそうな古馬勢を入れるのも手かも。 ディアデラノビアとかサンレイジャスパーとかさ。

<第31回エリザベス女王杯予想>

◎スイープトウショウ
○キストゥヘヴン
▲カワカミプリンセス
△ディアデラノビア
△アドマイヤキッス

 あと、ここ数戦の敗北で人気落としそうなキストゥヘヴンも妙味ありだな。

結果

1着フサイチパンドラ
2着スイープトウショウ
3着ディアデラノビア
4着アサヒライジング
5着アドマイヤキッス

タイム:2分11秒6 3F:36.5秒
出走取消:14番
フサイチパンドラ 牝3歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・白井厩舎
単勝:15番2620円
複勝:15番510円、8番150円、11番220円
枠連:4-8 400円 馬連:8-15 4180円
馬単:15-8 16200円
3連複:8-11-15 7980円
3連単:15-8-11 92970円
ワイド:8-15 1330円
    11-15 2020円 8-11 410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いろいろあったけど、フサイチパンドラはなぁ。
 スイープトウショウ・ディアデラノビアはまぁ正解だったんだが。

 しかし、今回のエリザベス女王杯。ヒシアマゾンの惨劇再び。3歳馬カワカミプリンセスが完勝、無敗の6連勝で変則三冠達成...かと思われたが、 なんとこのカワカミプリンセス、ヤマニンシュクルの進路を妨害して12着に降着してしまいました。ヒシアマゾンの場合2着入線→降着だったが、今回は1着入線→降着。 しかも、ヒシアマゾンの時と異なり1着がキモとなる馬単・3連単がありますからねぇ。この降着、あまりにもイタすぎです(笑) (カワカミ頭で馬単・3連単買っていた人にとっては笑い事で済まされる状況じゃありませんが...)

 まぁ、そんなこんなでいろいろあったエリザベス女王杯。レース自体はというと、ほぼ予想通りシェルズレイが単騎で逃げる展開。ただ躊躇せずずいぶんブッ飛ばしていきましたな。 前半3ハロン通過が34.8秒、1000m通過が0:57.4という猛ペース。とはいえ、これをムリに追いかける馬もおらず、勝手に走って勝手にバテるという一人相撲をやっただけ。

 で、バテたところを他の馬が一気に強襲。内からディアデラノビア、馬群を割ってカワカミプリンセス、そして大外からフサイチパンドラとスイープトウショウが進出。 ただ、脚色はカワカミプリンセスの方が上。馬群から抜け出し先頭に立つと、外から差を詰めてくるフサイチパンドラとスイープトウショウを寄せ付けずそのままゴール。 ...だけど、結果はご存知の通り。4コーナーで内に斜行しヤマニンシュクルの進路を妨害したことにより12着に降着。タナボタでフサイチパンドラがGI制覇するという結果に。

 とはいえ、よくみれば上位陣は割と順当な組み合わせ。フサイチパンドラがここまでやれる馬だったとは...という感じはするが、 オークス・秋華賞でのカワカミプリンセスとの差を考慮すると、まぁ、これくらいはやれていいでしょ。あとは、順当にスイープトウショウ、 GIでは好走するもいつもあと一歩及ばぬディアデラノビア。ひと波乱あったが、妥当な結果でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。