今週のメインdeパツイチ2006
第26回ジャパンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第26回 ジャパンカップ 東京・芝2400m  3歳上オープン(GI) 2006年11月26日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ハーツクライ ドバイシーマ 1着 この馬も帰国緒戦。去年2着の再現あれば。
2 2 スウィフトカレント 天皇賞秋 2着 天皇賞秋2着は評価も相手強化が問題で。 -
3 3 ウィジャボード BCフィリー 1着 去年は5着。それ以上となると辛い? -
4 4 ユキノサンロイヤル 福島記念 14着 平地に戻るも成績パッとせず。厳しい。 - -
5 5 トーセンシャナオー セントライト 1着 今回相手手強すぎ。ハマっても入着まで。 - -
6 6 ディープインパクト 宝塚記念 1着 前走は度外視。巻き返しあって当然。 -
7 ドリームパスポート 菊花賞 2着 3歳馬筆頭はこっち?前走ぐらい走れば。
7 8 フサイチパンドラ エリ女王杯 1着 前走1着も繰り上がってのもの。ちと辛い。 - -
9 フリードニア J.Hターフ 2着 やや格下感は否めず。日本の馬場も微妙で。 - -
8 10 コスモバルク シンガポール 1着 一昨年の2着馬。立ち直っているだけに。
11 メイショウサムソン 日本ダービー 1着 やや時計かかる今の東京なら。展開次第で。 -

以上登録11頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第26回ジャパンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第26回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話
「遠征帰り」の巻

 今週はジャパンカップウィーク。二発目は第26回ジャパンカップ。
 海外に遠征していたアノ馬がこのレースでついに戦列に復帰します!

 ま、そんなこんなで、海外に遠征していたディープインパクト・ハーツクライがこのジャパンカップで国内のGI戦線に復帰。 ディープインパクトに限って言えば「失格」という憂き目にあい、何のために遠征したんだか分からん状況になってしまったが、まぁ、それはそれ。 とにもかくにも、今回のジャパンカップでどれだけの走りをみせるか、注目の一戦ですな。

 でもって、今回のジャパンカップ。やはり遠征帰りのディープインパクト・ハーツクライ中心になってしまうのは仕方がないところ。 皐月賞・日本ダービーを制したメイショウサムソン、エリザベス女王杯を制した(繰り上がりですが)フサイチパンドラ、 3歳クラシックで好走したドリームパスポートといった3歳馬もいることはいるのだが...このメンバーじゃ陰が薄くならざるを得ないよなぁ。

 ジャパンカップの予想自体は「遠征帰りがどうだか」という不安はあるがディープインパクト中心で仕方がないんじゃないでしょうか? 去年の走りっぷりを考慮すればハーツクライでもいいんだが、東京だったらもうディープインパクトでいいでしょ。問題はヒモ。 ハーツクライでアッサリ決まってしまう可能性もあるが、余計な馬が紛れ込みそうな気もしないでもない。外国馬のウィジャボードや前述の3歳勢、 調子が戻りつつあるコスモバルクとかさ。

<第26回ジャパンカップ予想>

◎ディープインパクト
○ドリームパスポート
▲ハーツクライ
△コスモバルク
△ウィジャボード

 「ディープがコケる可能性に賭ける」という考え方もあるが...ま、無難な決着になるでしょ。

結果

1着ディープインパクト
2着ドリームパスポート
3着ウィジャボード
4着コスモバルク
5着フサイチパンドラ

タイム:2分25秒1 3F:34.3秒
ディープインパクト 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・池江泰郎厩舎
単勝:6番130円
複勝:6番110円、7番210円、3番190円
枠連:6-6 750円 馬連:6-7 750円
馬単:6-7 860円
3連複:3-6-7 1400円
3連単:6-7-3 3830円
ワイド:6-7 270円
    3-6 280円 3-7 840円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。これくらいズバっと当たれば良しとしましょう。
 ただ、もう少しついてもいい気もするが。3連単でも3830円か...

 でもって、ジャパンカップの結果。やはりこの程度の相手には負けられません。ディープインパクト。相変わらずスタートが悪く最後方からの競馬も、まぁ、これはご愛嬌。 いつも通り3〜4コーナーにかけてじわりじわりと進出し前との差を詰めると、あとは直線で自慢の末脚を炸裂させあっさりGI制覇。ペースが緩く「よーいドン」の競馬になったのも幸いして、 上がり3ハロンを33.5秒でまとめ、他馬を一蹴。こういう流れだったら、まあ仕方がないでしょう。

 しかし。問題はハーツクライ。まさか後ろにユキノサンロイヤルしかいない状況になるとは。道中は好位追走も直線で失速。 10着に大敗してしまいました。しかも、9着のトーセンシャナオーとの差が6馬身。休み明けとはいえ、いくらなんでも負けすぎです。 ここからうまく立て直すことができるのか、不安になる結果。次、大丈夫なんでしょうか...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。