今週のメインdeパツイチ2006
第40回ステイヤーズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 ステイヤーズステークス 中山・芝3600m  3歳上オープン(GII) 2006年12月2日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 チャクラ 宝塚記念 10着 長距離走るが最近の成績が散々で。 - -
2 2 チェストウイング AR共和国杯 4着 別定戦不安だがこの相手なら大丈夫。 -
3 3 ゴーウィズウィンド 札幌日経OP 6着 単騎で逃げても粘りない。厳しい。 - -
4 4 ラヴァリージェニオ ステイヤーズ 4着 去年の4着馬。叩き3戦目で一変あれば。 -
5 5 グラスポジション AR共和国杯 6着 一昨年の2着馬。叩き3戦目でそろそろ。 -
6 アイポッパー AR共和国杯 2着 あっさり勝てていい条件だが取りこぼしも。 -
6 7 シンハルカジョウ 500万下 1着 長い距離得意だが格下感否めなくて。 -
8 ルーベンスメモリー みなみ北海道 2着 AR共和国杯が案外の内容も得意の中山で。 -
7 9 メジロコルセア 松前特別 1着 格下だが、単騎で楽に逃げるとなると... -
10 ブリットレーン 札幌日経OP 3着 重賞ではイマイチも前々走ぐらい走れば。 -
8 11 トウカイトリック 阪神大賞典 2着 前走流れに乗れず。楽に先行できるなら。
12 ファストタテヤマ 京都大賞典 2着 得意の京都ではないがこのメンバーなら。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回ステイヤーズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第40回ステイヤーズステークスの展望と予想とヨタ話
「ステイヤーの祭典」の巻

 有馬記念よりもダイヤモンドS・天皇賞春が目標?
 ステイヤーの祭典・第40回ステイヤーズステークス。

 しかしやねぇ、このステイヤーズステークス。ここ数年「ステイヤーの祭典」に相応しいレースになりつつありますな。 ここの上位馬、どいつもこいつも「距離長くないと勝てない馬」ばかり。しかもここ数年その傾向がより顕著になってきてますからね。 2000〜2400mでも「距離短けぇよ」と言わんばかりの走りっぷり。で、距離が2500mを越えたところで急に好走が増える馬ばかりだもんなぁ。

 でもって、そんなコテコテのステイヤーが集結するこのステイヤーズステークス。今回もなかなかのコテコテっぷり。 もうこの手の長距離OP・重賞ではお馴染みのアイポッパー・ファストタテヤマ・チャクラに、阪神大賞典2着・ダイヤモンドS3着のトウカイトリック、 一昨年の2着馬グラスポジションがこの祭典に参加。ここにメルボルンC組が加われば最強だったのだが、それは欲張りすぎ(笑) このメンバーで良しとしましょう。

 で、そんな馬が集まったステイヤーズステークスの予想を。実績ならアイポッパー・ファストタテヤマでいいだが、問題は展開。 展開がハマってしまうと差し・追込馬が届かなくなってしまうのがこの中山コース。そこは力でねじ伏せて欲しいところだが... ナリタトップロードでさえ撃沈してますからねぇ。この辺りが不安。だったら前に行けるトウカイトリックから入るのが無難でしょう。

<第40回ステイヤーズステークス予想>

◎トウカイトリック
○メジロコルセア
▲チェストウイング
△アイポッパー
△グラスポジション
△ファストタテヤマ

 ただ、前走が前走だったからねぇ。中団からの競馬となるとキツいなぁ。

結果

1着アイポッパー
2着トウカイトリック
3着チェストウイング
4着グラスポジション
5着チャクラ

タイム:3分43秒4 3F:35.8秒
アイポッパー 牡6歳
騎手:O.ペリエ 厩舎:栗東・清水出厩舎
単勝:6番170円
複勝:6番100円、11番120円、2番180円
枠連:5-8 190円 馬連:6-11 300円
馬単:6-11 470円
3連複:2-6-11 670円
3連単:6-11-2 1670円
ワイド:6-11 160円
    2-6 240円 2-11 410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。あー、ガチガチですなぁ。
 もうちょっとつくと思ったんだが、これじゃなぁ...

 まぁ、それはともかく、ステイヤーズステークスの結果。圧倒的人気のアイポッパーがその人気に応え1着でゴール。 GIでもそれなりに好走しているだけに、すでに重賞ぐらい勝っていても不思議ではないのだが...実はこのステイヤーズステークスが初の重賞。

 で、レース自体はというと、メジロコルセアが単騎で逃げる展開。ま、この馬以外に積極的に行く馬もいなかったため、ペースも上がらず長距離戦にありがちなスローな流れに。 ただ、それも途中まで。後半辺りから各馬動き出し徐々にペースアップ。そんな中、早め早めに動いていったのが勝ったアイポッパー。 いつもなら末脚勝負に出るところだが、今回は中団からの競馬。そして早め早めの進出で直線に入った段階で早々に先頭に。で、あとはご覧の通り。 後続馬を寄せ付けず3馬身差をつけ完勝。

 という訳で今回のステイヤーズステークス。展開に注文つきそうだったアイポッパーが積極的に動きこれを克服。 これくらい無難に競馬できるようになれば、GIでもそれなりの成績残せるはず。メンバーが手薄な天皇賞春だったらGI制覇も夢ではない。 あとは...こんなもんでしょうか。割と無難な馬が無難な結果を残した、そんな感じですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。