今週のメインdeパツイチ2006
第59回鳴尾記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第59回 鳴尾記念 阪神・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2006年12月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アルビレオ 小倉日経OP 2着 最近OPでの好走増えた。ヒモで一考。 -
2 サンバレンティン 福島記念 1着 今回相手手強くなる。ちと厳しいか。 - -
2 3 サクラメガワンダー ラ杯2歳S 1着 多少はマシになるも...復活はまだ先か。 - -
4 ホッコーソレソレ カシオペアS 2着 展開嵌れば重賞でも通用。軽視できぬ。
3 5 ラッセルバローズ 東山特別 1着 格下感否めず。この相手ではちと足りぬ。 - -
6 アサカディフィート アンドロメダ 1着 末脚強烈。前走ぐらい走れば重賞でも。
4 7 キョウワスプレンダ 日経新春杯 7着 休み明け2戦がともにイマイチ。上積みは? - -
8 ブライトトゥモロー テレビ静岡 1着 前2走を評価。この勢いなら重賞でも。 -
5 9 ヴィータローザ 小倉記念 2着 尻すぼみ。やはりローカル場じゃないと... - -
10 マルカシェンク 日本ダービー 4着 前走の大敗気がかりだがこの相手なら。 -
6 11 セフティーエンペラ シリウスS 4着 最近芝での成績イマイチ。前々走以上は。 - -
12 ローエングリン 毎日王冠 3着 前走より相手楽。末脚生かす競馬なら。 - -
7 13 シルクタイガー アプローズ 1着 重賞でそこそこ好走していた馬が復活。注意。 -
14 オースミグラスワン 新潟大賞典 1着 相手弱化のここなら巻き返し濃厚。勝ち負け。
8 15 メイショウオウテ 比叡S 1着 前走は評価もその前2走がイマイチで... - -
16 サンレイジャスパー 府中牝馬S 2着 末脚はなかなかのもの。牝馬だがハマれば。 -
17 グロリアスウィーク 弥生賞 2着 GI好走馬相手に接戦有。仕上がっていれば。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回鳴尾記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第59回鳴尾記念の展望と予想とヨタ話
「裏街道」の巻

 有馬記念に滑り込め!第59回鳴尾記念。
 ...というより来年の金杯や日経新春杯・AJC杯が目標なのかもしれんが。

 さて、そんなこんなで裏街道重賞・鳴尾記念。時期的にも条件的にも中途半端な重賞なだけにどれだけのメンバーが集まるか心配だったが...杞憂でしたな。 この手の裏街道的な重賞にしては豪華なメンバー構成。有馬記念はともかく来年のGIには繋がってきそうな一戦。

 とまぁ、そんな感じのメンバー構成な訳ですが、予想をするとなるとねぇ...難しいですな。構図としては「重賞好走ある3歳馬」「勢いのある準OP・OP勝ち馬」「この手の重賞ではお馴染みの古参古馬勢」の争い。 GIでの成績考えるとマルカシェンクが一歩抜けているような気もするが、準OP・OP勝ち馬も侮れんからなぁ。末脚強力なホッコーソレソレや重賞でも好走あるアサカディフィート・オースミグラスワン、 さらにブライトトゥモロー・メイショウオウテも十分勝負になるでしょう。

<第59回鳴尾記念予想>

◎マルカシェンク
○シルクタイガー
▲オースミグラスワン
△アサカディフィート
△ホッコーソレソレ
△ブライトトゥモロー

 予想はその辺りをつついてみました。後はオッズとの兼ね合い。

結果

1着サクラメガワンダー
2着マルカシェンク
3着ホッコーソレソレー
4着ローエングリン
5着メイショウオウテ

タイム:1分46秒9 3F:33.6秒
サクラメガワンダー 牡3歳
騎手:O.ペリエ 厩舎:栗東・秋山厩舎
単勝:3番370円
複勝:3番160円、10番220円、4番180円
枠連:2-5 700円 馬連:3-10 1400円
馬単:3-10 2380円
3連複:3-4-10 2870円
3連単:3-10-4 12490円
ワイド:3-10 530円
    3-4 430円 4-10 870円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。サクラメガワンダーか...
 まぁ、終わってみれば人気通りの順当な結果でしたが。

 でもって、鳴尾記念の結果。ラッセルバローズやグロリアスウィーク辺りが逃げるのかと思いきや、なんと逃げたのはマルカシェンク。 そしてそれを追いかける形でローエングリン。差し・追い込みで勝負しかけてくると思われたこの2頭が前に行って逃げる展開。

 で、この2頭が逃げたのが影響したのかどうかは分からんが、1000m通過が1:01.2と遅めのペースに。 こんなペースだったもんだから、この後待っているのはお約束のアレですよ。「直線入ってよーいドン」の競馬。 直線に入ると逃げたマルカシェンクと3番手につけていたサクラメガワンダーといった人気馬同士の一騎打ちに。 結局、後ろからいったサクラメガワンダーがしぶとく粘るマルカシェンクを1/2馬身交わして勝利。

 しかし...こういう展開でしたからねぇ。どう評価していいのか正直分からんですな。終わってみれば前に行った馬がそのまんま残っただけ。 順当に能力のある馬が勝ったレースと言い切るのはちょっとどうかと。さらに今回、着順がイマイチだった馬もタイム差でみればそれほど大負けしていないんだよな。 4着からビリまで0.5秒差。展開一つでどうとでもなってたレースだったんじゃないでしょうか。今回結果が出なかったといっても、 それほど悲観する必要はなさそうだが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。