今週のメインdeパツイチ2006
第58回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 朝日杯フューチュリティステークス 中山・芝1600m  2歳牡牝オープン(GI) 2006年12月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ジャングルテクノ 500万下 1着 地味。函館2歳Sで負けているだけに... - -
2 2 ゴールドアグリ 新潟2歳S 1着 今回叩き2戦目。新潟2歳ぐらい走れば。
3 ドリームジャーニー 東スポ杯2歳 3着 前走3着も強敵相手に接戦。ここでも。
3 4 マイネルレーニア 京王杯2歳S 1着 レベル微妙な京王杯組。ちと厳しいか。 - -
5 マイネルサニベル ききょうS 1着 立ち直ってきたが...ここ相手手強くて。 - -
4 6 アロマンシェス 京王杯2歳S 3着 末脚そこそこあるがGIではさすがに。 - -
7 フライングアップル 東スポ杯2歳 2着 前走2着は評価。流れに乗れれば連対圏内。 -
5 8 アドマイヤホクト 500万下 1着 前2走それなりに評価。前残りあれば。
9 ローレルゲレイロ デ杯2歳S 2着 相手なりなのかこれが精一杯なのか微妙で。 - -
6 10 エーシンビーエル あけび賞 1着 相手強化が問題。展開嵌れば上位あるが... -
11 オースミダイドウ デ杯2歳S 1着 前走小差も余裕の勝利。気性難出なければ。 -
7 12 マイネルシーガル いちょうS 1着 新馬・OPといづれも完勝。侮れぬ。
13 コアレスレーサー 500万下 4着 500万下条件で頭打ち。この条件では... - -
8 14 アドマイヤヘッド 札幌2歳S 2着 前走5着がちと問題。3着までか。 - -
15 マイネルフォーグ 京王杯2歳S 2着 ややパンチ不足。展開の助けないと。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回朝日杯フューチュリティステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、新:新馬or未:未勝利、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第58回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話
「いつも通り?」の巻

 先週は牝馬でしたが、今週は牡馬の出番。
 2歳GIシリーズ2戦目・第58回朝日杯フューチュリティS。

 さて、そんなこんなでこの朝日杯フューチュリティステークス。先週の阪神JFはコース新装だ、アストンマーチャンやらいろいろ見所があったのだが... 今週の朝日杯FSはちょっと微妙ですな。コースはいつも通りの中山芝1600mだし、デビュー後圧倒的な強さで勝ち上がってきたフサイチホウオーは不在だし。 まぁ、いつも通りといえばそれまでですけどね。

 それはともかく、今回の朝日杯フューチュリティステークス。前述の通り、出てくれば当然有力視される筈だったフサイチホウオーは不在。 それはそれで残念だが、まぁ、それ以外の馬が揃ってるんで良しとしましょうか。前哨戦であるデイリー杯2歳S・京王杯2歳S・東スポ杯2歳Sの上位馬が集結。

 で、予想はというと、これらの上位馬から選べばいいでしょう。朝日杯FS自体がそれほど荒れるGIではないんで無難に実績馬中心で良いでしょう。 問題は各前哨戦のレベル。京王杯2歳S組は例年ああいう感じなので放置しても構わないのだが、問題はデイリー杯組と東スポ杯組。 東スポ杯組は勝ち馬がフサイチホウオーですからね。負けたとはいえそのフサイチホウオーを相手にして好走した馬が強いのか、 それともデイリー杯できっちり結果出したオースミダイドウが強いのか。うーん、この辺りの比較が難しいですな。

<第58回朝日杯フューチュリティステークス予想>

◎オースミダイドウ
○マイネルシーガル
▲ドリームジャーニー
△ゴールドアグリ
△アドマイヤホクト

 穴狙うなら別路線組か。あとは前残り期待で逃げ・先行馬か...

結果

1着ドリームジャーニー
2着ローレルゲレイロ
3着オースミダイドウ
4着フライングアップル
5着マイネルレーニア

タイム:1分34秒4 3F:35.5秒
ドリームジャーニー 牡2歳
騎手:蛯名正義 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:3番670円
複勝:3番170円、9番270円、11番120円
枠連:2-5 1720円 馬連:3-9 3750円
馬単:3-9 6730円
3連複:3-9-11 2020円
3連単:3-9-11 18250円
ワイド:3-9 1010円
    3-11 310円 9-11 460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ローレルゲレイロがノーマークじゃなぁ。
 軸のオースミダイドウも3着止まりだし。あー。

 でもって、朝日杯フューチュリティステークスの結果。スタートで出遅れ最後方からの競馬になってしまったドリームジャーニーでしたが... 結果的にはこれが幸いしたのかもしれませんな。逃げたのは1番人気のオースミダイドウ。ただ、人気馬が逃げたこともあってマークがキツめに。 その為かどうかは分からんが、前半3ハロン通過が34.9秒、1000m通過が0:58.9と2歳のマイル戦にしては速いペースになってしまいました。

 この流れの中、出遅れたドリームジャーニーは相変わらず最後方からの競馬。だが、3コーナー付近からじわりじわりと進出し前との差を詰め直線へ。 この段階ではまだ逃げたオースミダイドウと好位につけていたローレルゲレイロが前で争っていたが...坂を上りきったところで両馬とも脚色が鈍くなりそこをドリームジャーニーが強襲。 この2頭をまとめて交わしGI制覇。

 しかし...ステイゴールド産駒が早々にGI制覇するとは。しかも、現役時代には全く歯が立たなかったスペシャルウィークの産駒(オースミダイドウ)を破ってのGI制覇ですか。 まぁ、こればっかりは現役の成績を鵜呑みにできないだけに、こういう結果になってしまうのも仕方がないんだが。 もうこうなったらアレですわ。このまま快進撃続けて「サンデーサイレンスの後継種牡馬」になってしまえ(笑)



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。