今週のメインdeパツイチ2006
第129回中山大障害出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第129回 中山大障害 中山・芝4100m  3歳上オープン(J.GI) 2006年12月23日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ローレルデフィー 中山GJ 6着 粘り足りない。よほど展開嵌らぬと。 - -
2 ワンモアディネロ イルミネJ 3着 前走が精一杯の感有。ここでは荷が重い。 - -
2 3 マルカラスカル 淀ジャンプ 1着 前2戦は平地なので度外視。一変に期待。
4 シンワインザダーク 障・オープン 6着 昇級してからの成績が散々。出番なし。 - -
3 5 オンワードタイタン 障・オープン 2着 前走は度外視。この相手なら3着はある。 -
6 バローネフォンテン 東京オータム 1着 復帰緒戦が負けすぎ。まだまだ時間かかる。 - -
4 7 アグネスハット 秋陽ジャンプ 2着 堅実に走る。展開ハマれば上位も狙える。
8 チアズシャイニング イルミネJ 5着 大障害コースで一変警戒。相手手頃だし。 -
5 9 フミノトキメキ 小倉サマーJ 1着 長期休養明け3戦目。一変あれば上位も。
10 ストームセイコー 新潟ジャンプ 1着 夏場の成績は評価も中山の成績が散々で。 - -
6 11 メルシーエイタイム 秋陽ジャンプ 1着 中山グランドJ4着有。あとは展開次第か。 -
12 ローレルスパーク 障・未勝利 1着 いきなりのGIではさすがに辛い。様子見。 - -
7 13 メジロアービン 中山GJ 5着 大障害コースなら多少は。前崩れなら。 -
14 キャピタルゲイン 障・オープン 4着 末脚で勝負するもパンチ不足。嵌らぬと。 - -
8 15 クールジョイ イルミネJ 1着 イルミネーションJ1着で復活?一応注意。 - -
16 テレジェニック 東京ハイJ 2着 最近の詰めの甘さが問題。取りこぼしも。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第129回中山大障害枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2006年版
第129回中山大障害の展望と予想とヨタ話
「主役不在」の巻

 今週は有馬記念がありますが...このレースも忘れるな。
 暮れの名物レース。そしてジャンプ界の最高峰・第129回中山大障害。

 しかしなぁ、今回の中山大障害。本来ここに出走して、それでもって中心になるであっただろうスプリングゲントがなんと故障で戦線離脱。 ここも制して一気に頂点を極めるかどうか注目の一戦だったのだが...スプリングゲントのリタイアによって主役不在の大混戦に。さて、どうなることやら。

 というわけで、いろいろあったお陰で大混戦になってしまったこの中山大障害。チャンスはどの馬にもある...と言いたいところだが、ある程度は絞れるんじゃないでしょうか。 たまにとんでもない馬が突っ込んで大波乱になるのがこの中山大障害なんだけど、今回は大障害で好走している馬、そして重賞・オープンで好走している馬、この辺りで決まるんじゃないでしょうか。

 とりあえず、手堅く走っているテレジェニックから入ってもいいんだが...だったら、一変ありそうなフミノトキメキの方が妙味あるでしょう。去年の小倉サマージャンプぐらい走ればGIでも上位争いできる馬。 あとは大障害コースの克服ぐらいなもんでしょ。ま、一変がなければそこでアウトですが。

<第129回中山大障害予想>

◎フミノトキメキ
○チアズシャイニング
▲テレジェニック
△アグネスハット
△マルカラスカル
△メルシーエイタイム

 あと、一発狙うならチアズシャイニングかな。去年中山GJで2着に入ってるし。

結果

1着マルカラスカル
2着メルシーエイタイム
3着アグネスハット
4着テレジェニック
5着ストームセイコー

タイム:4分41秒0 3F:38.0秒
マルカラスカル 牡4歳
騎手:西谷誠 厩舎:栗東・瀬戸口厩舎
単勝:3番600円
複勝:3番240円、11番140円、7番190円
枠連:2-6 1380円 馬連:3-11 1180円
馬単:3-11 2890円
3連複:3-7-11 2240円
3連単:3-11-7 12080円
ワイド:3-11 550円
    3-7 750円 7-11 410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まあ、無難な結果でしたな。
 馬券はというと...タテ目になってしまいましたが。うーん。

 それはともかく、中山大障害の結果。ハナを奪って逃げたマルカラスカルが終始自分のペースで事を進め、結局そのまんま逃げ切り勝ち。 2着のメルシーエイタイムを6馬身も突き放し、さらにゴール手前でガッツポーズするなど、余裕の勝ちっぷり。

 にしても...今回の中山大障害。マルカラスカルを楽に行かせすぎましたな。最終障害前後から各馬スパートし4コーナー手前で前を捕らえる...のが、 例年の中山大障害だったのだが、今年は4コーナー付近でもその差は一向に詰まらず。逆に直線に入ったところで突き放されてしまい万事休す。 2・3着の馬だって早め早めに動いていった馬ばかりだし。まぁ、早い話が「前残りの競馬だった」というところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。