今週のメインdeパツイチ2007
第41回シンザン記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第41回 シンザン記念 京都・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2007年1月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エーシンビーエル あけび賞 1着 朝日杯FS11着が問題。重賞では辛いか。 - -
2 2 エイシンイッキ さざんかS 1着 マイル克服できれば上位も可能。連下で。
3 3 ビンチェロ 中京2歳S 4着 中京2歳Sは差のある4着。決着済みか。 - -
4 4 マイネルフォーグ 京王杯2歳S 2着 楽に先手取れるなら前残りある。注意。 -
5 5 ローレルゲレイロ 朝日杯FS 2着 相手なりに走る馬。取りこぼす可能性も。 -
6 6 ジャングルテクノ 朝日杯FS 9着 朝日杯FS9着が微妙。ちょっと足りない? - -
7 7 アドマイヤオーラ 中京2歳S 2着 前走は展開ハマらなかっただけ?逆転も。
8 ダイワスカーレット 中京2歳S 1着 前走ぐらいうまく事が運べばここでも。
8 9 スズカライアン 芝千六1:36.7 1着 未勝利勝ちの末脚は評価もこの相手では。 - -
10 キングブレーヴ さざんかS 8着 前走は展開嵌らず。もう少しやれていい馬。 -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第41回シンザン記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第41回シンザン記念の展望と予想とヨタ話
「取り扱い注意」の巻

 取り扱いが難しい3歳重賞・第41回シンザン記念。
 去年はこっそりNHKマイルカップ馬を輩出したりするしなぁ...

 しかしなぁ。今年のシンザン記念も取り扱い難しいレースになりそうですな。このレース自体は中京2歳ステークス上位馬と 朝日杯FS2着のローレルゲレイロ辺りで無難に決着しそうだが、勝ったところで「どの程度のレベルにあるのか」が判断しにくいんだよなぁ。 ローレルゲレイロをものさしにして計ってもいいのだが、ローレルゲレイロがそこまで信用できるものさしかどうか分からんし...

 ...って、あれですな。そういうことは結果が出てから考えるとしましょう。とりあえずシンザン記念の予想を。前述した通り、 中京2歳S上位と朝日杯FS2着のローレルゲレイロで無難に決着していいメンバー構成。ただ、ここに割って入る馬が全くいない訳ではないんだが。 さざんかS勝ちのエイシンイッキとか、朝日杯FS敗北組でも展開ハマれば出番ありそうなマイネルフォーグとか。...でも、パンチ力に欠くメンバーばかりだなぁ。 まぁ、順当に決まるんじゃないでしょうか?

<第41回シンザン記念予想>

◎ダイワスカーレット
○マイネルフォーグ
▲アドマイヤオーラ
△エイシンイッキ
△ローレルゲレイロ

 穴狙うならキングブレーヴ、ジャングルテクノ、スズカライアンの3着狙いかな?

結果

1着アドマイヤオーラ
2着ダイワスカーレット
3着ローレルゲレイロ
4着エーシンビーエル
5着ジャングルテクノ

タイム:1分35秒1 3F:34.9秒
アドマイヤオーラ 牡3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:7番440円
複勝:7番120円、8番100円、5番100円
枠連:7-7 370円 馬連:7-8 380円
馬単:7-8 920円
3連複:5-7-8 210円
3連単:7-8-5 1590円
ワイド:7-8 140円
    5-7 160円 5-8 120円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、この組み合わせじゃなぁ。
 多少人気順は違うが、結局人気の3頭で無難に決着。

 ま、そんなこんなで順当な結果に終わったシンザン記念。レース自体はほぼ「直線入ってよーいドン」の競馬といっていい内容。 エイシンイッキが単騎で逃げるがこれを誰も追いかけず、結果的に大逃げする形に。ただ、ペース自体は前半3ハロン通過が35.6秒、 1000m通過が1:00.2と大逃げしている割にはそれほど速くなく、エイシンイッキがそのまま押し切っても不思議ではなかったのだが...最後まで持ちませんでした。

 で、そんな一人で突っ走って勝手にバテたエイシンイッキを除くと、道中は各馬ほぼ一団。でもって、前述しているように「直線入ってよーいドン」。 有力所の中でも比較的前につけていたダイワスカーレットとアドマイヤオーラが一歩先に抜け出し一騎打ち。 しかし、それも長くは続かずアドマイヤオーラがダイワスカーレットをあっさり交わしてそのままゴール。 ローレルゲレイロはちょっと位置取りが後ろだったのが堪えたようで、最後伸びてはいるもののエーシンビーエルを交わして3着に上がるのがやっとでした。

 しかし、終わってみればこの上位3頭、やはり能力が一枚上でしたな。ラスト3ハロンを33秒台で上がったのはこの上位3頭しかいませんからねぇ。 まぁ、展開の有利不利が多少あった分、ローレルゲレイロは3着確保が精一杯でしたが、この内容だったらそれほど悲観する必要はないでしょう。 展開次第で上位2頭を逆転する可能性も十分あるでしょうし。ただ、どこにいっても「相手なり」の馬なのかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。