今週のメインdeパツイチ2007
第54回日経新春杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 日経新春杯 京都・芝2400m  4歳上オープン(GII) 2007年1月14日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オースミグラスワン 新潟大賞典 1着 ここ数戦着順はイマイチも内容は悪くなく。
2 2 ウインレガート フェアウェル 3着 芝の重賞ではさすがに厳しいか。3着まで。 -
3 3 トウカイワイルド オリオンS 2着 もう一頭のトウカイと比べると小粒っぽく。 - -
4 4 サイレントディール トパーズS 4着 芝もこなす馬だがここ数戦低迷していて... - -
5 5 ダークメッセージ 500万下 1着 重賞だが50kgならなんとかなる?穴で。 -
6 ジャッキーテースト クリスマス 1着 格下だし牝馬だが末脚とハンデ50kg魅力。 -
6 7 ワイアットアープ 500万下 1着 昇級してから2桁着順連発。49kgでも辛い。 - -
8 トウカイエリート オリオンS 1着 力つけている。この相手なら十分通用。
7 9 アドマイヤフジ 日経新春杯 1着 去年の勝ち馬。休み明けの前走も上々で。 -
10 メイショウオウテ 比叡S 1着 重賞でもそれなりに結果出した。連対圏。 -
8 11 ダンツジャッジ 福島記念 5着 連闘するが前走が負けすぎっぽくて。 - -
12 マキハタサイボーグ 八瀬特別 1着 前走完敗。ハンデは軽いが入着までか。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回日経新春杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第54回日経新春杯の展望と予想とヨタ話
「今年の主役?」の巻

 ディープなき今年の古馬GI戦線を担う馬が現れるのか?
 地味に活躍馬を輩出する重賞・第54回日経新春杯。

 という訳で、この日経新春杯。派手さはないがGIで好走する馬をぽつりぽつりと輩出する重賞。去年の勝ち馬アドマイヤフジは故障で2006年シーズンをほぼ棒に振ってしまいましたが、 2着のスウィフトカレントがサマー2000シリーズの初代覇者になり、さらに天皇賞秋でも2着に突っ込むなどまずまずの活躍。さらに一昨年は去年の宝塚記念2着馬ナリタセンチュリーが出てたりしてますし。

 まぁ、そんな感じで「ほどほどに走る馬」を送り出すこの日経新春杯。今年もまずまずのメンバー揃いだが...注目はアドマイヤフジでしょう。 去年このレースを勝って一気に古馬GI戦線へ...と思いきや、骨折で戦線離脱。その休養明けで挑んだ去年暮れの有馬記念。結果は8着でしたが、 それなりの末脚を披露するなど、長期休養明けの一戦にしては上々の内容。ここで結果を出してうまく軌道に乗れば、今年のGI戦線で活躍することも十分可能なんじゃないでしょうか?

 予想はそのアドマイヤフジから入ればいいんじゃないでしょうか。去年のインティライミみたいな目にあう可能性もなくはないが、 有馬記念の内容考慮すれば...ねぇ。相手には軽ハンデ馬よりも準OP・OPで好走している馬。例年ソツなく絡んでくるし。

<第54回日経新春杯予想>

◎アドマイヤフジ
○ジャッキーテースト
▲オースミグラスワン
△メイショウオウテ
△トウカイエリート

 ハンデ戦だが、それなりに無難な結果になりそうですな。

結果

1着トウカイワイルド
2着トウカイエリート
3着ダークメッセージ
4着メイショウオウテ
5着マキハタサイボーグ

タイム:2分27秒4 3F:35.6秒
トウカイワイルド 牡5歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・中村厩舎
単勝:3番820円
複勝:3番230円、8番220円、5番910円
枠連:3-6 1750円 馬連:3-8 1520円
馬単:3-8 3780円
3連複:3-5-8 13650円
3連単:3-8-5 75720円
ワイド:3-8 550円
    3-5 2990円 5-8 2730円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、トウカイのワンツーフィニッシュですか。
 しかし。トウカイはトウカイでもそっちのトウカイかよ!これは厳しい。

 まぁ、そんなこんなで今回の日経新春杯。勝ったのはトウカイでもトウカイワイルドの方。前走は、 もう1頭のトウカイ、トウカイエリートに破れ2着に終わってしまったが、今回はそれを逆転して見事に勝利。 ...といっても、いろいろ訳ありな内容でしたが。

 というのも、今回の日経新春杯。トウカイワイルドがうまく立ち回った分勝てた、そんな内容でしたからね。道中は内でじっくり待機。 直線では最内が空いたところを突いて進出。一時はメイショウオウテに前に出られてしまったが、最後またひと伸びしてこれを逆転。 あとは外から迫るトウカイエリート・ダークメッセージをなんとか振り切ってゴール。

 しかし...イマイチでしたなぁ。アドマイヤフジ。スピードの出る馬場で瞬発力勝負に持ち込めないとダメなのかも。 今回みたいにやや時計のかかる馬場では自身の持ち味が生きなかった、そんな内容でしたな。条件が変わればもうちょっとまともな結果だせると思うんだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。