今週のメインdeパツイチ2007
第21回根岸ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第21回 根岸ステークス 東京・ダ1400m  4歳上オープン(GIII) 2007年1月28日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トウショウギア 欅S 1着 東京ダ1400mは鬼だが前2戦がイマイチで... - -
2 ヒカルウイッシュ 武蔵野S 4着 重賞で好走しているが前走が案外で。 - -
2 3 ヒシハイグレード 石清水S 1着 前走は展開ハマっただけ。格下感否めず。 - -
4 セレスダイナミック ガーネットS 6着 前走まずまずだったがさすがにここでは。 - -
3 5 ダイワバンディット オーロC 1着 ダートは大丈夫。前走ぐらい走れば怖い。 -
6 ボードスウィーパー 霜月S 1着 前々走ぐらい走れば重賞でも怖い。侮れぬ。
4 7 タイキエニグマ 平安S 4着 連闘。今回は末脚勝負で逆転狙う? -
8 オフィサー 神無月S 1着 直線長い東京なら一発ある。大駆け注意。 -
5 9 リミットレスビッド 兵庫GT 1着 今回58kg。あっさり勝っても不思議ではない。 -
10 ビッググラス アクアルミS 1着 前々走評価。うまく流れに乗れれば。 -
6 11 スナークファルコン 雅S 1着 距離は大丈夫そうだが相手強化が問題で。 - -
12 シーキングザベスト 武蔵野S 1着 この条件手堅く走る。無難に連対しそうで。 -
7 13 マルカフレンチ ジャニュアリ 1着 スランプ脱出したが1400mは微妙に長くて。 -
14 ニホンピロサート 兵庫GT 2着 復調しつつある。展開ハマれば上位狙える。
8 15 インセンティブガイ 京王杯SC 2着 ダートよりも前3戦の敗北が問題で。 - -
16 アルドラゴン 門松S 1着 東京での成績悪くなく。ただ相手が... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第21回根岸ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第21回根岸ステークスの展望と予想とヨタ話
「誕生」の巻

 今年の主役はこのレースから誕生?
 フェブラリーSへのステップ・第21回根岸ステークス。

 という訳でこの根岸ステークス。前述の通りフェブラリーステークスへのステップレース。本番と同じ東京コースということもあって例年賑わうステップレースなのだが、今年もそれは変わりません。 主要な短距離〜マイルOP・重賞好走馬がここに集結。ステップレースらしいステップレースに。

 さらに、今年の根岸ステークスは大事な一戦になりそうですからね。去年はカネヒキリという強力な馬がいたため、ここを勝っても本番で勝てるかどうか微妙だったのだが...今年は違います。 今年のダート路線、主役不在ですからね。ここで結果を残せば、そのまま次のフェブラリーステークスに繋がってくる訳でして。前哨戦として大事な一戦。

 さて、そんな今年の根岸ステークス。とりあえず、ダート短距離重賞で結果を出しているリミットレスビッドとシーキングザベストの一騎打ち、といったところでしょうか。 ただ、それ以外の馬にも注意必要。トウショウギア、ボードスウィーパー、オフィサーといった準OP・OP好走馬が揃ってますからね。「重賞の壁」があるかもしれないが、 展開さえ嵌れば出番はありそう。この辺りが絡んでちょっと波乱になるのか、それとも順当に実績馬で決まるのか、そこの選択が鍵でしょう。

<第21回根岸ステークス予想>

◎リミットレスビッド
○タイキエニグマ
▲シーキングザベスト
△ボードスウィーパー
△ニホンピロサート
△オフィサー

 あと、重賞で好走しているのに人気がないニホンピロサート・タイキエニグマにも注意。

結果

1着ビッググラス
2着シーキングザベスト
3着ニホンピロサート
4着リミットレスビッド
5着ヒカルウイッシュ

タイム:1分23秒5 3F:37.6秒
ビッググラス 牡6歳
騎手:村田一誠 厩舎:栗東・中尾秀厩舎
単勝:10番5590円
複勝:10番780円、12番120円、14番880円
枠連:5-6 450円 馬連:10-12 4050円
馬単:10-12 16980円
3連複:10-12-14 45480円
3連単:10-12-14 410370円
ワイド:10-12 1290円
    10-14 17320円 12-14 1720円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うわぁ、いい狙いしてたんだが。
 ビッググラスとかニホンピロサートとかさ。でも順番が違う(笑)

 という訳で、根岸ステークスを制したのはビッググラス。前走は芝ということでいい結果を残すことが出来ませんでしたが、ダートできっちり巻き返し。 というより、いきなり重賞制覇ですか。休養明け緒戦から好走、その後順当に準オープンを勝った勢いは評価するが... 今回、この相手を破って重賞制覇するとはね。この勢いは侮れないでしょう。

 あと、気になる馬といえば、リミットレスビッド。兵庫ゴールドトロフィーの圧勝を考慮すればここでもいい勝負していい筈だったんだが... どうもイマイチな内容でしたな。道中は中団を追走。直線では前を捕らえられる位置にいたのだが、追ってからの伸びがイマイチ。 シーキングザベストについていけないどころか、後ろからきたニホンピロサートに交わされてしまう始末。やはり以前のように末脚勝負する方が合ってるんでしょうかねぇ?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。