今週のメインdeパツイチ2007
第56回川崎記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 川崎記念 川崎・ダ2100m  4歳上オープン(GI) 2007年1月31日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オウシュウクラウン 桐花賞 1着 ダービーGP7着が問題。GIでは厳しいのか。 - -
2 2 レマーズガール クイーン賞 1着 牡馬相手でも好走あるが...この相手では。 -
3 3 チョウサンタイガー テレビ埼玉杯 1着 末脚はそこそこ。展開ハマれば3着はある。 -
4 ビービートルネード 東京ダービー 1着 交流重賞の成績イマイチも前走ぐらい走れば。
4 5 アジュディミツオー 帝王賞 1着 東京大賞典案外だったが叩き2戦目で一変も。 -
6 テンショウボス トウケイ記念 1着 ダービーGP8着が問題。ちと厳しい。 - -
5 7 ヴァーミリアン 名古屋GP 1着 能力はGIでも通用する。あとは展開次第。
8 ジルハー JBCマイル 5着 そこそこ走る。展開ハマれば3着はある? - -
6 9 ゲットゥザサミット 総の国OP 1着 重賞では物足りない。交流重賞では。 - -
10 ボンネビルレコード JBCクラ 3着 末脚はこの相手でも通用。一発注意。
7 11 ゴールデンイースト 東京記念 5着 2ケタ着順ばかりでは厳しい。出番なし。 - -
12 シャーベットトーン 平安S 3着 前走まずまず。流れに乗れれば上位狙える。
8 13 ドンクール 名古屋GP 3着 ようやく立ち直る。あとは展開次第か。 -
14 パーソナルラッシュ ブリーダーズ 2着 マイペースの逃げ怖いが前走が負けすぎ。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回川崎記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第56回川崎記念の展望と予想とヨタ話
「ステップレース?」の巻

 中央のGIはフェブラリーステークスで開幕ですが...
 GI自体はこのレースで一足先に開幕。交流GI・第56回川崎記念。

 さて、そんなこんなで2007年のGI開幕戦・川崎記念。まぁ、GIであることには違いはないのだが、 「ここが目標」というよりここを使ってフェブラリーステークスへという馬が集結したような一戦。 レベル的には十分GI級にあるんだが、ガチンコ勝負かというと...微妙なんだよなぁ。

 とはいえ、フェブラリーステークスに出るにはここできっちり結果出さないとね。前走の東京大賞典ではイマイチだったアジュディミツオーとか、 GIではもう一歩足りないヴァーミリアン、賞金上積みしないと出れそうにないシャーベットトーンとかさ。 ここで上位争いできないようだと、フェブラリーステークスに出たとしても上位争いは難しいでしょうし。ま、ここは「試金石」といったところでしょ。

 ま、それはともかくこの川崎記念。実績的にはアジュディミツオーなんだろうけど...東京大賞典5着をどう考えるか、そこが問題。 「前走は休み明け。2戦目できっちり変わるだろう」と考えるのが妥当だが不安がないわけでもない。展開次第でヴァーミリアンやビービートルネード、 レマーズガールの逆転があってもいいでしょう。まぁ、展開がアレだとアジュディミツオーの押し切り勝ちが濃厚ですが。

<第56回川崎記念予想>

◎アジュディミツオー
○ボンネビルレコード
▲ヴァーミリアン
△ビービートルネード
△シャーベットトーン

 あと、3着が荒れそうな雰囲気。頭堅くてもヒモが...ということも。

結果

1着ヴァーミリアン
2着アジュディミツオー
3着ドンクール
4着シャーベットトーン
5着ビービートルネード

タイム:2分12秒9 3F:38.9秒
ヴァーミリアン 牡5歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:7番170円
複勝:7番100円、5番110円、13番250円
枠連:4-5 180円 馬連:5-7 180円
枠単:5-4 340円 馬単:7-5 360円
3連複:5-7-13 730円
3連単:7-5-13 2080円
ワイド:5-7 130円
    7-13 310円 5-13 590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、この配当ではなぁ(笑)
 3着に6番人気のドンクールが入ったけど、3連単2080円だもん。あー。

 まぁ、それはともかく川崎記念の結果。終わってみればやはりこの2頭で順当に決まりましたな。ヴァーミリアンとアジュディミツオー。 ただし、今回勝ったのはヴァーミリアンのほう。逃げ切りを図るアジュディミツオーだったが、これをヴァーミリアンが2番手でぴったりマーク。 4コーナーで早々とこれを捕らえ先頭に立つと、あとはそのまんま。最終的には2着のアジュディミツオーに6馬身もの差をつけ圧勝してしまいました。

 という訳で、勝ったのはヴァーミリアン。今回6馬身もの差をつけ圧勝したのだが、能力的にはこれくらいはやれて当然の馬。 肝心なところでうまく流れに乗れず中途半端な結果に終わったり意味不明な大敗をしたりして結果を残すことができなかったのだが、 ようやくここで結果を出すことができました。この調子を維持できるなら、今年のダート戦線を席巻することも十分可能なんじゃないでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。