今週のメインdeパツイチ2007
第24回フェブラリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第24回 フェブラリーステークス 東京・ダ1600m  4歳上オープン(GI) 2007年2月18日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サカラート 平安S 5着 多少はマシになったがこの条件では厳しい。 - -
2 アジュディミツオー 帝王賞 1着 叩き3戦目でそろそろ復活。だが東京では。 - -
2 3 タガノサイクロン フェアウェル 1着 末脚はまずまずだが平安S9着で決着済み? - -
4 シーキングザダイヤ JCダート 2着 GI勝てていい頃だが...今回相手揃って。 -
3 5 カフェオリンポス 東京大賞典 4着 前走15着で決着済み。ここでは出番なし。 - -
6 メイショウトウコン 平安S 1着 この勢い侮れぬ。東京コースだし一発警戒。
4 7 ブルーコンコルド 東京大賞典 1着 JCダート大敗もマイルなら。ただ相手強化が... -
8 フィールドルージュ JCダート 3着 末脚は堅実。展開次第でJCダート以上も。
5 9 リミットレスビッド 兵庫GT 1着 前走4着がちと問題。GIでは少々足りない。 - -
10 シーキングザベスト 武蔵野S 1着 流れに乗れれば上位も十分可能。ヒモで。
6 11 オレハマッテルゼ 高松宮記念 1着 さすがにダートでは厳しい。距離も微妙で。 - -
12 サンライズバッカス 平安S 2着 末脚は強烈。展開さえハマれば勝ち負け。
7 13 ダイワバンディット オーロC 1着 ダートはこなせるが...GIではさすがに辛い。 - -
14 メイショウバトラー JBCマイル 2着 やや頭打ちだが軽い東京ダートなら一変も。 -
8 15 ビッググラス 根岸S 1着 前走フロック視できぬ。ここでも注意。 -
16 トーセンシャナオー セントライト 1着 ここ数戦サッパリ。ダートだしこの条件では。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第24回フェブラリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第24回フェブラリーステークスの展望と予想とヨタ話
「主役は...」の巻

 冬はダートの季節。ダートの大一番・第24回フェブラリーステークス。
 カネキヒリがいない今のダート路線。統一するのは誰でしょうか?

 という訳で今回のフェブラリーステークス。前述の通り、今のダート路線は主役らしい主役が不在。 実績的には去年秋のダートGIを総なめしたブルーコンコルドとかGIでこれでもかと2着を繰り返しているシーキングザダイヤ、 地元南関東では鬼のような強さを発揮するアジュディミツオー辺りが抜けているんだが...これらの馬がそのまんま主役になるかというとちと微妙だったりしますな。

 というのも、今回のフェブラリーステークス。新興勢力がそれなりに揃っていますし、重賞で好走している馬も多数揃ってますし。能力的には相当拮抗しているんじゃないでしょうか? JCダートで3着に入ったフィールドルージュを基準にすると、たとえ準オープン勝ち→重賞で好走という流れでこのフェブラリーステークスに挑んできた馬だって即通用してもいいはず。 ブルーコンコルドやシーキングザダイヤに人気が集まって平安ステークス・根岸ステークス上位馬が軽視されるようなら結構妙味あるんじゃないでしょうか?

<第24回フェブラリーステークス予想>

◎サンライズバッカス
○メイショウバトラー
▲シーキングザベスト
△フィールドルージュ
△メイショウトウコン
△ブルーコンコルド

 あと注意したいのが展開。行く馬がアジュディミツオーぐらいしかいないんで...

結果

1着サンライズバッカス
2着ブルーコンコルド
3着ビッググラス
4着カフェオリンポス
5着フィールドルージュ

タイム:1分34秒8 3F:35.9秒
サンライズバッカス 牡5歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:12番590円
複勝:12番220円、7番200円、15番590円
枠連:4-6 900円 馬連:7-12 1490円
馬単:12-7 3210円
3連複:7-12-15 11710円
3連単:12-7-15 54210円
ワイド:7-12 740円
    12-15 2000円 7-15 2260円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。あー、でも思っていた以上に人気でしたな。
 3連単まできっちり当てればデカかったんだが。微妙に印が届かず。

 まぁ、それはともかくとして、フェブラリーステークスの結果。勝ったのはサンライズバッカス。スタートで出遅れ後方からの競馬になったが、 この程度なら折り込み済み。ペースが速かったこともあって無理に巻き返しを図ろうとせず、そのまま後方待機。結果的にはこれが大正解でしたな。 時計が出やすいダートだったことを考慮しても、前半3ハロン通過が34.6秒、1000m通過が0:58.9はさすがに速すぎ。先行勢、それなりに粘っていたが...やはり最後までもちませんでした。 直線半ばで伸びあぐねる先行勢を後方待機組が強襲。

 その後方待機組の中でも、先に抜け出したのが勝ったサンライズバッカス。直線に入って外に持ち出すと、あとは末脚全開。 もたもたしている先行勢を交わし先頭に立つと、一方的にその差を広げてそのまんまゴール。一応ブルーコンコルドも差を詰めてきたが...さすがにこの差は挽回できず。 1・1/2馬身差の2着に。

 という訳で、勝ったサンライズバッカス。まぁ、元々GIで好走していた馬だし、今回の舞台はダート王者カネヒキリを破ったことがある東京ダート1600mだったからね。 ベストの条件でやれて、さらにライバルのカネヒキリは不在とくれば、こういう結果になっても仕方ないでしょう。あと、2着のブルーコンコルド。 4コーナーでちとごちゃついたのがイタかった。そこをうまく立ち回れたならいい勝負になったんだが...残念。それともう1頭、1番人気のシーキングザダイヤ。 勝ち馬を同じような位置にいたのだが、その後の伸びがサッパリ。9着という結果に終わってしまいました。さすがにこれは負けすぎ。もうピーク過ぎてしまったんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。