今週のメインdeパツイチ2007
第44回弥生賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 弥生賞 中山・芝2000m  3歳オープン(GII) 2007年3月4日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ノワールシチー 共同通信杯 6着 共同通信杯が完敗。ここでは荷が重い。 - -
2 2 メイショウレガーロ 京成杯 2着 京成杯3着馬が先週すみれS制覇。侮れず。
3 3 インパーフェクト コスモス賞 3着 多少時計かかる今の中山悪くないが... - -
4 アドマイヤオーラ シンザン記念 1着 前走は順当勝ち。相手強くなるがここも。 -
4 5 サムライタイガース きさらぎ賞 3着 展開嵌れば前残りも。3着ぐらいはある。 -
6 キングオブロマネ ゆりかもめ賞 4着 前走が案外。実はこの距離長いのかも。 - -
5 7 ドリームジャーニー 朝日杯FS 1着 末脚強烈だが展開に左右される面あって... -
8 ココナッツパンチ 芝千六1:35.6 1着 新馬戦の切れ味評価。1勝馬でも侮れず。
6 9 マンハッタンバー セント賞 3着 前走悪くはないが重賞ではちと辛い。 -
10 モチ 若駒S 1着 よく粘る。単騎逃げなら前走の再現も? -
7 11 マツノショウマ Gジュニア 1着 芝こなせるか微妙。この条件では辛い。 - -
12 トーセンクラウン 東スポ2歳S 4着 詰めが甘い。入着はありそうだが連対は? - -
8 13 リンリンリン カトレア賞 6着 芝もこなせそうだが...前走がイマイチで。 - -
14 タスカータソルテ 福寿草特別 1着 前走の勝ちっぷり評価。重賞でも通用しそう。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回弥生賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第44回弥生賞の展望と予想とヨタ話
「逃げてよし、差してよし」の巻

 3歳クラシック戦線も本格的にスタート。
 試される一戦。皐月賞トライアル・第44回弥生賞。

 という訳で、この弥生賞。3歳牡馬クラシックの行方を占う上で大事な一戦である...ということはもうすでに分かりきっていること。 有力馬が当たり前のようにこの弥生賞に出走、そしてここで結果を出した馬が皐月賞、そしてダービーで当たり前のように好成績を残す、それが当然の流れ。

 でもって、今年もそれなりに有力どころが揃いました。フサイチパンドラは共同通信杯から皐月賞に直行するためここには出てこないが、 今回の弥生賞、去年の2歳チャンプ・ドリームジャーニーが出走してきました。朝日杯FS以来の出走となる今回、どういう走りをみせるか要注目の一戦。 他にもシンザン記念を勝ったアドマイヤオーラ、重賞でも好走しているメイショウレガーロ、サムライタイガースがどこまで結果を出せるか、そこにも注目。

 ...しかしだ、今回の弥生賞。誰もそんなのに注目してないのかもしれんな(笑)ある意味、この馬のためにこの重賞が存在するといっていいでしょう。「モチ」 そう、モチですよ、モチ。漢字で書くと餅。でも、馬。モチだけど馬。馬なのにモチ。...何でやー!きーっ!!!

 ...まぁ、それはともかく。別の意味でいろんな期待をされているこのモチ。逃げたら逃げたで「モチ、粘れ!」、出遅れても直線で差してきたら「モチが伸びた!」。 そして、勝ったら勝ったで「モチ、クラシックに向けて期待が膨らむ」と、何かと餅に引っ掛けていろいろ迷フレーズが生まれるのは間違いない。 今回の弥生賞、もうそれがばかり気になってさ...

<第44回弥生賞予想>

◎アドマイヤオーラ
○ココナッツパンチ
▲タスカータソルテ
△メイショウレガーロ
△ドリームジャーニー
△モチ

 しかし、「大外からモチが飛んできた!」とか言うと...
 それはもう馬じゃないよな。モチが飛んでくるって、何の祝い事だよ(笑)

結果

1着アドマイヤオーラ
2着ココナッツパンチ
3着ドリームジャーニー
4着メイショウレガーロ
5着サムライタイガース

タイム:2分00秒5 3F:35.2秒
アドマイヤオーラ 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:4番170円
複勝:4番110円、8番300円、7番150円
枠連:3-5 300円 馬連:4-8 1170円
馬単:4-8 1510円
3連複:4-7-8 1720円
3連単:4-8-7 6650円
ワイド:4-8 450円
    4-7 190円 7-8 990円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!ココナッツおいしい!
 ...と言うほどでもないか。まぁ、3連単6650円なら悪くないでしょ。

 というわけで、アドマイヤオーラが順当に勝った今回の弥生賞。今回もこれまで通り中団からの競馬。 ペース自体は、インパーフェクトが一人で飛ばしていったため、3ハロン通過34.5秒と相当速くなってしまったが、それも途中まで。 その後ペースが落ち着き、1000m通過は0:59.8と比較的常識的なペースに。

 しかし、ペースが落ち着いた隙に後続馬が挽回。中団につけていたアドマイヤオーラもその中の一頭。 じわりじわりと前との差を詰め直線へ。これまでほどの切れ味はなかったが、逃げ込みを計るサムライタイガースをじっくり料理して先頭に立ち、 迫るココナッツパンチをクビ差封じて弥生賞制覇。鮮やかに勝ってくれることを期待していたのであれば、この内容はちと不満だが...ま、勝ちは勝ちですからね。

 という訳で、アドマイヤオーラが勝った弥生賞ですが...どちらかといえば2着のココナッツパンチの方がこの先面白いんじゃないでしょうか? 今回2戦目、初重賞でこの相手に2着ですからね。新馬戦でみせた末脚はこの相手でも通用したことだし、展開さえハマればGIでも十分通用したっていいんじゃないでしょうか。

 あと、モチ。レースでは見せ場もなく中途半端な結果に。逃げようにも、インパーフェクト・サムライタイガースが飛ばしていったもんだから手出しできず、 ちょっと離れた好位からの競馬に。4コーナーではいいポジションにいたのだが「馬群を割ってモチが伸びてきた!」という場面もなく、じりじり後退して終了。 もうちょっと相手が楽になって、自分の競馬が出来るようになれば巻き返しあっていいんでしょうけど。ただ、このままずるずる負け続けて「煮ても焼いても食えない馬」になるのは勘弁な(笑)



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。