今週のメインdeパツイチ2007
第25回中山牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第25回 中山牝馬ステークス 中山・芝1800m  4歳上牝オープン(GIII) 2007年3月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネサマンサ オーロC 3着 以前の勢いない。なのに56kg背負うとは... - -
2 キストゥヘヴン 桜花賞 1着 叩き2戦目で一変あれば怖い。一発注意。 -
2 3 ニシノフジムスメ オークス 5着 前走が案外。一息入れて変わればいいが... -
4 レクレドール 札幌記念 2着 夏場の勢い戻るならここでも。ヒモで一考。
3 5 ウイングレット 京都牝馬S 2着 牝馬限定戦連続2着。復調したようで。 - -
6 サンレイジャスパー 府中牝馬S 2着 末脚は健在。展開さえハマれば上位狙える。 -
4 7 アサヒライジング 秋華賞 2着 GIでの好走評価。ただハンデ56.5kgが微妙。 -
8 ヤマニンメルベイユ 天の川S 1着 重賞成績サッパリなのが問題。ただ53kg魅力。 -
5 9 ピアチェヴォーレ ターコイズS 4着 重賞でもそこそこ健闘。51kgだし展開次第で。 -
10 アクロスザヘイブン 京都牝馬S 5着 50kgは魅力だが前走が負けすぎで... - -
6 11 ロフティーエイム 福島記念 4着 前走が負けすぎ。重賞ではちと足りないのか。 - -
12 キープクワイエット 中日新聞杯 8着 ここ数戦サッパリ。50kgでもさすがに... - -
7 13 マドモアゼルドパリ 飛鳥S 1着 案外能力高い?前走フロック視するのは禁物。
14 ピサノグラフ ユートピアS 2着 距離微妙に長い?マイル専門っぽいのが問題。 - -
8 15 ワディラム 米子S 1着 伸び悩む。今回相手もそこそこ揃ってるし... - -
16 ジョースマイル 牝1000万下 1着 格下だが、前走の末脚と51kgは脅威。注意。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第25回中山牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第25回中山牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話
「ステップレース?」の巻

 忘れてしまいそうだが、このレースもGIの前哨戦ですよ。
 ヴィクトリアマイル目指す有力馬が集結、第25回中山牝馬ステークス。

 ...といってみたものの、この中山牝馬ステークス、ステップレースらしいメンバーが揃わないんだよなぁ。 何頭かそれなりの馬が出てくるのだが、どちらかといえば福島牝馬S狙いのような馬ばかりだもんな。 まぁ、単に「ハンデ戦」だからその兼ね合いでそういう馬しか出てこないのかもしれんが。

 まあ、それはともかく今回の中山牝馬ステークス。アサヒライジングやキストゥヘヴンといった実績馬もいるのだが、問題はやはりハンデ。 自身のハンデ自体はそれほど気にしなくてもいいのだが、問題は他の馬が軽いということ。準オープン・オープンクラスで好走している馬が軽いハンデで出てくるだけにねぇ。 これだったらむしろこっちの方が妙味あるんじゃないでしょうか。

<第25回中山牝馬ステークス予想>

◎サンレイジャスパー
○ピアチェヴォーレ
▲アサヒライジング
△マドモアゼルドパリ
△レクレドール
△キストゥヘヴン

 という訳で中心はサンレイジャスパー。あとはハンデ51kg組辺りか。

結果

1着マイネサマンサ
2着ウイングレット
3着ヤマニンメルベイユ
4着ピアチェヴォーレ
5着キストゥヘヴン

タイム:1分50秒2 3F:37.2秒
マイネサマンサ 牝7歳
騎手:蛯名正義 厩舎:栗東・中村厩舎
単勝:1番3110円
複勝:1番790円、5番230円、8番970円
枠連:1-3 850円 馬連:1-5 7390円
馬単:1-5 19220円
3連複:1-5-8 88240円
3連単:1-5-8 608080円
ワイド:1-5 2540円
    1-8 10840円 5-8 2960円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マイネサマンサはちょっと厳しいなぁ。
 元々牝馬限定重賞で好走していた馬だからこれくらいは走れていいのだが。

 とまぁ、ちょっと予想外の馬が突っ込んできてしまった中山牝馬ステークス。前半3ハロン通過が37.0秒、1000m通過が1:00.8という一見遅そうなペースだったが、 重馬場ということを考慮すれば「やや速め」のペースだったのかもしれませんな。本当にその通りだったのかは分からんが、結果的には差してきた馬が1・2着しているんだし。

 で、勝ったマイネサマンサ。これが実力...と言いたいところだが、今回は何もかもハマったんでしょうな。 普段は先行することが多かったこの馬だが、今回は後方からの競馬。で、この流れですからね。いい具合に展開が嵌りました。 ただ、どちらかというと「展開よりも馬場に助けられた」といっていい内容でしょう。切れ味勝負にならなかった分、この馬も上位争いすることが出来た、まぁ、そんなところでしょうか。

 しかし...アサヒライジング。まさか13着とは。ハンデや重馬場、休み明けということを考慮しても、これは負けすぎです。 次走、叩き2戦目で一変を期待したいところだが、もう少し様子見しないとダメなのかもしれんなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。