今週のメインdeパツイチ2007
第14回マーチステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 マーチステークス 中山・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2007年3月25日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シーチャリオット 東京ダービー 1着 叩き3戦目で変わった。ここで完全復活?
2 カイトヒルウインド しらかばS 5着 低迷。今回叩き2戦目だが一変は? - -
2 3 トラストジュゲム 甲南S 1着 この相手では力不足。ハンデ55kgも問題。 - -
4 マルブツリード 春望S 1着 前走のダイオライト記念がイマイチで... - -
3 5 トーセンブライト エルムS 4着 去年夏場の勢い戻るなら怖い。仕上がり次第。
6 クーリンガー 東京大賞典 2着 ほどほどに結果出す。展開向けば上位も。
4 7 ツムジカゼ シリウスS 2着 強敵相手に好走あり。上位狙えそうで。
8 テイエムプリキュア 小倉大賞典 6着 ダート使ってみるもサッパリ。一変は... - -
5 9 スナークファルコン 雅S 1着 昇級後の成績がイマイチ。ただ53kgは怖い。 -
10 ヤマタケゴールデン ユニコーンS 2着 去年の秋の成績が散々。出番はなさそう。 - -
6 11 オーガストバイオ 仁川S 3着 この条件地味に走る。3着はありそうで。 -
12 オリンピアンナイト 金蹄S 1着 今回相手強いが展開ハマれば上位も可能。 - -
7 13 ビッググラス フェブラリS 3着 実績的には問題ない。流れに乗れれれば。 -
14 ヒシハイグレード 石清水S 1着 前走がいくらなんでも負けすぎ。一変は? - -
8 15 クワイエットデイ 仁川S 1着 今回は前走ほど楽できぬ。ハンデも微妙。 - -
16 ヒカルウイッシュ 根岸S 4着 どこでも相手なりの感。3着はありそうだが。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回マーチステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第14回マーチステークスの展望と予想とヨタ話
「3度目の正直?」の巻

 西ではGI・高松宮記念が開催されていますが...
 馬券的にはこちらの方が面白い?荒れる重賞・第14回マーチS。

 という訳でこのマーチステークス。前述の通り、荒れる重賞として有名な一戦。とにかく、人気薄が上位によく絡む。 去年は10番人気のプライドキム、7番人気のベラージオがそれぞれ2・3着、一昨年は6番人気のクーリンガー、8番人気のサミーミラクルが1・2着に入って2年連続で3連単大波乱。 2度あることは3度ある?今年もやはり荒れてしまうんでしょうか。

 それはそれとして、今回のマーチステークス。ハンデ戦ということもあって、重い斤量背負わされることになる実績馬は出てこなかったりするのだが...今年はそれなりに出てきています。 ...といっても、単に「実績の割にはハンデ背負わされなかったから出てきた」だけなのかもしれませんが。フェブラリーステークス3着のビッググラスでさえ57kg止まり。 さらに、南関東二冠馬シーチャリオットは他のOP勝ち馬と同じ55kgだもんなぁ。さすがに、このハンデだったら出てきますわな。

 でもって、この辺りを踏まえて予想を。このハンデこれだったら、実績馬で無難に決まっても文句は言えないかも。しかし、そこはやはりマーチステークス。 何か一波乱あっても不思議ではない。そこをうまく拾えるかどうかが今回のポイント。元々重賞で好走あるトーセンブライトとか、 ハンデ嫌われて人気落としそうなクーリンガーとか。あと、たまーに3着に突っ込んでくるオーガストバイオとかさ。

<第14回マーチステークス予想>

◎ビッググラス
○トーセンブライト
▲ツムジカゼ
△シーチャリオット
△クーリンガー

 人気なければシーチャリオットも妙味あるんだが...

結果

1着クワイエットデイ
2着トーセンブライト
3着ヒカルウイッシュ
4着ツムジカゼ
5着カイトヒルウインド

タイム:1分51秒4 3F:39.1秒
出走取消:12番
クワイエットデイ 牡7歳
騎手:角田晃一 厩舎:栗東・松元省厩舎
単勝:15番1910円
複勝:15番550円、5番510円、16番300円
枠連:3-8 1770円 馬連:5-15 15680円
馬単:15-5 33620円
3連複:5-15-16 40560円
3連単:15-5-16 306630円
ワイド:5-15 3710円
    15-16 2540円 5-16 2210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、クワイエットデイはないわ。
 トーセンブライトはいい狙いだったんだけどねぇ...

 でもって、マーチステークスの結果。まあ、やる前からある程度は予想ついていたことなのだが...やはり荒れましたな。 勝ったのは9番人気のクワイエットデイ。前走の仁川ステークスみたいに「楽に単騎逃げ」という展開にはならず。 それどころか、今回は最後方からの競馬に。しかし、終わってみればこの待機策が大正解。最内が開いたところを突いて一気に進出。 気がつけば、いつの間にか先頭に踊り出ていて、最後までそのまんま。

 しかし...前走もそうだったが、今回も展開ハマった感は否めませんな、クワイエットデイ。これで休み明け後2連勝したが...この調子を維持できるかどうかは微妙ですな。 むしろ2・3着のトーセンブライトやヒカルウイッシュの方が期待できるんじゃないでしょうか...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。