今週のメインdeパツイチ2007
第12回アンタレスステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 アンタレスステークス 京都・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2007年4月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タガノサイクロン フェアウェル 1着 前2戦イマイチだが相手弱化のここなら。 -
2 エイシンラージヒル ファイナルS 3着 楽に先手なら押し切りも。京都コースだし。
2 3 クワイエットデイ マーチS 1着 連勝は素直に評価。だが相手強化が問題。 -
4 キクノアロー ダイオライト 1着 前走は展開ハマらず。巻き返しに期待。 -
3 5 ワンダーハヤブサ サマーCh 3着 叩き2戦目。一変あれば多少は通用する。 -
6 ワイルドワンダー コーラルS 1着 OPの成績は評価するが、距離ちと長い? - -
4 7 マンオブパーサー ダービーGP 1着 ちょっと尻すぼみ気味。ここは入着まで。 - -
8 オーガストバイオ 仁川S 3着 流れに乗れればそこそこ走る。3着なら。 -
5 9 ヒシハイグレード 石清水S 1着 前2戦がサッパリ。単騎逃げには注意だが... - -
10 メイショウトウコン 平安S 1着 末脚は強烈。ただ、展開が嵌るかどうか。 -
6 11 ストロングブラッド かしわ記念 1着 実績はダントツ。ただ長期休養明けだし... -
12 スナークファルコン 雅S 1着 前3戦の成績がイマイチ。ちと厳しい? - -
7 13 カイトヒルウインド マーチS 5着 多少持ち直したが...この相手では厳しい。 - -
14 ヤマタケゴールデン ダービーGP 4着 2ケタ着順連発では辛い。一変は望み薄。 - -
8 15 トーセンブライト マーチS 2着 前走ぐらいはやれる馬。立ち直った様子。 -
16 クーリンガー 東京大賞典 2着 今回先行勢手薄。楽な展開なら前残りも。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回アンタレスステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第12回アンタレスステークスの展望と予想とヨタ話
「今年は波乱?」の巻

 速攻でかしわ記念?じっくり帝王賞?
 これらのダートGIへのステップ、第12回アンタレスステークス。

 ま、そんなこんなでこのアンタレスステークス。前述の通り、かしわ記念・帝王賞といった春のダートGIへのステップレース。 ということもあって、なかなかのメンバーが揃った一戦になりましたな。重賞勝ち馬もそれなりに揃っているし、 先々いい仕事しそうな準オープン・オープン好走馬もいますからね。ステップとしては十分機能しそうな一戦になりそうですな。

 ただ、気になるのが...この重賞、たまに荒れることがあるからなぁ。ハンデ戦だったときはまあ荒れても仕方がなかったんだが... 一昨年の100万馬券はないよなぁ。別定戦に変更されて割と無難な決着が続いたが突然この仕打ちだもんな。去年はまた元に戻り無難な決着になったが... 再び大波乱になっても不思議ではないでしょうし。特に今年のアンタレスステークス。抜けた馬がいないからねぇ。 ちょっとした展開のもつれで思わぬ馬が突っ込んでくることも十分あるでしょうな。

<第12回アンタレスステークス予想>

◎キクノアロー
○エイシンラージヒル
▲トーセンブライト
△クーリンガー
△メイショウトウコン
△タガノサイクロン

 それほど先行馬揃っていないのが気になるなぁ。前残りに注意。

結果

1着ワイルドワンダー
2着キクノアロー
3着メイショウトウコン
4着タガノサイクロン
5着オーガストバイオ

タイム:1分49秒9 3F:36.2秒
ワイルドワンダー 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:美浦・久保田厩舎
単勝:6番620円
複勝:6番200円、4番160円、10番170円
枠連:2-3 980円 馬連:4-6 1530円
馬単:6-4 3440円
3連複:4-6-10 1860円
3連単:6-4-10 12380円
ワイド:4-6 540円
    6-10 560円 4-10 380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。順当な結果なのだが...ワイルドワンダーかぁ。
 この距離ちと長い感あったんだがアッサリ克服しちゃいましたか。むー

 でもって、アンタレスステークスの結果。先行馬がそれほどおらず淡々とした流れになるかと思われたが... ちょっとした競り合いがあったようで、前半3ハロン通過は35.6秒とやや速めのペースに。で、この辺りでムリをしたのが堪えたようで、 先行馬は直線で粘りきれず。

 代わってやってきたのが、2番人気のキクノアロー...かと思いきや、脚色はその後ろにいたワイルドワンダーの方が上。 ワイルドワンダーがこれらをまとめて交わし先頭に立ち、そのまま後続を突き放して2・1/2馬身差をつけ完勝。2着にはキクノアローが居残り。 そして、後方からよく差を詰めてきたがさすがに間に合わなかったメイショウトウコン・タガノサイクロンが3・4着確保するという結果に。

 ま、そんなこんなで割と順当な結果に終わった今回のアンタレスステークス。多少展開の有利不利があったが、まぁ「実力通りの結果」といっていい内容だったんじゃないでしょうか? この内容だったら、今回の上位馬、ダートGIでもそれなりに好勝負できていいでしょ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。