今週のメインdeパツイチ2007
第135回天皇賞春出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第135回 天皇賞春 京都・芝3200m  4歳上オープン(GI) 2007年4月30日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マツリダゴッホ AJC杯 1着 重賞実績は評価もジリっぽい面あって。 - -
2 ファストタテヤマ 大阪ハンC 1着 京都では鬼。菊花賞を再現できれば。
2 3 ユメノシルシ 湾岸S 1着 楽に行かせると前残りも。一発注意。 -
4 アドマイヤモナーク 日経賞 5着 去年の14着が問題。重賞では足りない。 - -
3 5 アドマイヤタイトル 日経賞 4着 前走は展開ハマった感あり。この条件では。 - -
6 メイショウサムソン 大阪杯 1着 実績的にはあっさり勝てていい筈。だが... -
4 7 トウカイエリート 日経新春杯 2着 前走が案外。一変あれば怖いが... -
8 アイポッパー 阪神大賞典 1着 GIではあと一押し足りない。相手手頃だが。 -
5 9 ウイングランツ 函館記念 3着 長期休養明け2戦目。まだまだ様子見。 - -
10 トウショウナイト AR共和国杯 1着 ジリっぽいのが難点。3着はありそうだが。 -
6 11 マイソールサウンド 京都記念 6着 思い切って逃げるなら怖いが...ちと厳しい。 - -
12 トウカイトリック ダイヤモンド 1着 ここ数戦の成績評価。流れに乗れれば。 -
7 13 ダークメッセージ 大阪ハンC 2着 格下感あるが侮れない一頭。展開次第で。
14 ネヴァブション 日経賞 1着 前走は一応評価するが...この相手だと? - -
8 15 デルタブルース メルボルンC 1着 長距離戦得意だが前走4着がちと気になる。 - -
16 エリモエクスパイア ダイヤモンド 2着 前走が負けすぎの感有。立ち直ればいいが。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第135回天皇賞春枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第135回天皇賞春の展望と予想とヨタ話
「GI?」の巻

 今週からゴールデンウィーク突入です。そしてGIも盛り沢山。
 そんなゴールデンウィーク一発目のGI・第135回天皇賞春。

 しかし、ゴールデンウィーク一発目を飾るGIなのに...メンバーがちょっとなぁ。頭数自体は揃っているのだが、どの馬も小粒。 まぁ、去年の二冠馬メイショウサムソンやデルタブルースが出ているんで一応はGIらしくはなっているんだが...問題は他の馬。 アイポッパーやネヴァブション、マツリダゴッホ、トウショウナイトなどGIIを勝っている馬がいることはいるのだが、どの馬もGIではイマイチだからなぁ。 さらに、それ以外の馬といえば...もうオープン・準オープン勝ち馬になっちゃうし。

 ま、それはそれとして、とりあえず天皇賞春の予想を。実績的に抜けているメイショウサムソンやデルタブルースであっさり決まっても不思議ではないんだが...問題は馬場。 開幕2週目ということもあって相変わらずスピードが出やすい馬場なんだが...これが問題。前述の2頭、瞬発力に秀でてる馬じゃないからなぁ。 長距離戦でありがちな「よーいドン」の競馬になると、ファストタテヤマとかアイポッパー、ダークメッセージ辺りにあっさり屈してしまう可能性も十分あるでしょう。 うまい具合に仕掛けてこれらの馬をなんとか封じることが出来ればいいのだが...さて、どうなんでしょ?

<第135回天皇賞春予想>

◎メイショウサムソン
○ユメノシルシ
▲トウカイトリック
△ファストタテヤマ
△ダークメッセージ
△アイポッパー

 あと注意しないといけないのが展開。楽に逃げ馬を逃がすと...ね。

結果

1着メイショウサムソン
2着エリモエクスパイア
3着トウカイトリック
4着アイポッパー
5着トウショウナイト

タイム:3分14秒1 3F:34.8秒
メイショウサムソン 牡4歳
騎手:石橋守 厩舎:栗東・高橋成厩舎
単勝:6番450円
複勝:6番220円、16番1420円、12番290円
枠連:3-8 1070円 馬連:6-16 20750円
馬単:6-16 25210円
3連複:6-12-16 44540円
3連単:6-16-12 306390円
ワイド:6-16 5350円
    6-12 960円 12-16 4620円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。メイショウサムソンはいいとしても,,,
 エリモエクスパイアは厳しい。3着なら分からんでもないんだが。

 でもって、天皇賞春の結果。行く馬がおらず、スローで流れてよーいドンの競馬になると予想していたんだが...妙に速い流れになってしまいましたな。 いつもなら、早々に1ハロン12-13秒台を連発する展開になるのだが、今回はペースが落ちず11秒台後半を連発。1000m通過が1:00.3とこの距離のレースにしてはやや速めの流れに。

 後半はペースが落ち着きいつもの天皇賞春の流れになったのだが...ペースが落ち着いたところを狙って後続馬が一気に進出。ユメノシルシ・マイソールサウンド・デルタブルースといった先行勢との差を詰め、馬群は一団に。 で、ここからは例年通りの天皇賞春。坂の下りで各馬一斉にスパート。

 そんな中、積極的に動いていったのが勝ったメイショウサムソン。中団につけていたが、この坂の下りで一気にスパート。 4コーナーで先頭集団に並びかけると、直線入り口で早々に先頭へ。エリモエクスパイア・トウカイトリックも並びかけてきたが...「並ぶと抜かせない」のがメイショウサムソン。 エリモエクスパイアをハナ差退け1着でゴール。

 というわけで、まぁ、割と無難な馬が掲示板に乗った今回の天皇賞春ですが...問題は2着のエリモエクスパイア。前走がさっぱりだっただけに厳しいかと思われたが、来ちゃいましたか。 条件戦走ってた内容を考慮すれば重賞でも通用して良さげな馬だっただけに...ねぇ。これくらいはやはりやれていい馬だったんでしょうな。 これ以外は順当。アイポッパー・トウショウナイトは相変わらずGIでは足りないしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。