今週のメインdeパツイチ2007
第74回日本ダービー(東京優駿)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第74回 日本ダービー(東京優駿) 東京・芝2400m  3歳牡牝オープン(GI) 2007年5月27日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タスカータソルテ 京都新聞杯 1着 好走例多い京都新聞杯組だが内容微妙で。 - -
2 ゴールドアグリ 新潟2歳S 1着 良馬場なら変わる余地有。3着穴で一考。 -
2 3 ウオッカ 桜花賞 2着 牡馬相手でも通用しそう。ただ距離が?で。 - -
4 ゴールデンダリア プリンシパル 1着 前走の勝ちっぷり評価。流れに乗れれば。 -
3 5 トーセンマーチ 青葉賞 2着 出走権は得たが内容微妙。GIでは辛いか。 - -
6 マイネルフォーグ NZトロフィー 2着 前走がサッパリ。この条件は厳しい。 - -
4 7 フィニステール 青葉賞 3着 今回相手が手強すぎ。展開の助けがいる。 - -
8 ドリームジャーニー 朝日杯FS 1着 末脚はなかなか。巻き返しも十分可能。
5 9 ヒラボクロイヤル 青葉賞 1着 青葉賞の内容評価もGIでは少々厳しいか。 - -
10 プラテアード プリンシパル 2着 思い切って逃げる?前残りには注意。 -
6 11 ナムラマース 毎日杯 1着 皐月賞が負けすぎも毎日杯ぐらい走れば... -
12 サンツェッペリン 皐月賞 2着 今回も楽に逃げられそう。前残り注意。 - -
7 13 ローレルゲレイロ NHKマイルC 2着 どこでも相手なりに走る。軽視は禁物。 -
14 アドマイヤオーラ 弥生賞 1着 皐月賞はコース取りの差。能力は通用。 -
15 フサイチホウオー 共同通信杯 1着 皐月賞は展開嵌らず。東京で巻き返し。 -
8 16 アサクサキングス きさらぎ賞 1着 前2戦が散々。よほど展開ハマらぬと。 - -
17 ヴィクトリー 皐月賞 1着 今回も逃げ馬不在。軽視するとイタい目に。
18 フライングアップル スプリングS 1着 皐月賞12着で決着済みか。巻き返しは... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第74回日本ダービー(東京優駿)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第74回日本ダービー(東京優駿)の展望と予想とヨタ話
「再び?」の巻

 波乱続きのGIシリーズも若干落ち着きましたが...
 再び波乱?実力馬同士で順当な決着?混迷の第74回日本ダービー。

 まぁ、そんなこんなでようやく落ち着きだした春のGI戦線。ここ数週間は大波乱続きだったが、先週のオークスは5番人気=1番人気という比較的無難な決着に。 しかし、3連単が5万円台になっているように、まだまだ波乱含みであることには違いない。さて、今週はどういう結果になるんでしょうか?

 ...なんていってみたものの、今週も一波乱ありそうな予感が。この日本ダービー、3歳牡馬クラシック二冠目なのだが...一冠目の皐月賞がああいう結果でしたからねぇ。 前に行った2頭が残って3連単100万馬券。そんな皐月賞の流れを受けてのこの日本ダービーですからね。

 順当なら、皐月賞で展開嵌らず3・4着に負けてしまったフサイチホウオー、アドマイヤオーラの巻き返しに期待するのが妥当なんだろうけど...ねぇ。 今回も先行馬不在ですからね。前回の皐月賞同様ヴィクトリー・サンツェッペリンが前に行ってそれを誰も追っかけないとなると、 いくら直線が長い東京でもそのまま押し切られてしまう可能性も。さらに、こんな流れでフサイチホウオー、アドマイヤオーラの末脚が不発...なんてことになると、即大波乱。 また暗黒時代に逆戻りなんてこともあるでしょ。

<第74回日本ダービー(東京優駿)予想>

◎フサイチホウオー
○ナムラマース
▲アドマイヤオーラ
△ゴールデンダリア
△ドリームジャーニー
△ヴィクトリー

 とりあえずはフサイチ・アドマイヤから入るけど…あとはオッズと相談。

結果

1着ウオッカ
2着アサクサキングス
3着アドマイヤオーラ
4着サンツェッペリン
5着ドリームジャーニー

タイム:2分24秒5 3F:34.4秒
ウオッカ 牝3歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:3番1050円
複勝:3番420円、16番2140円、14番350円
枠連:2-8 1990円 馬連:3-16 54470円
馬単:3-16 97890円
3連複:3-14-16 248790円
3連単:3-16-14 2155760円
ワイド:3-16 12900円
    3-14 2000円 14-16 15140円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ウオッカも厳しいけど...
 それよりも2着のアサクサキングスだよな。いくらなんでもこれはひどい。

 まぁ、それはともかく日本ダービーの結果。やはりこういう結果になってしまいましたか。 先週のオークスで波乱続きの春のGIシリーズもようやく落ち着きそうな流れになったのたが...再び大爆発。 圧倒的な人気だったフサイチオウホーは7着に沈んでしまうわ、14番人気のアサクサキングスが2着に踏ん張ってしまうわで、3連単は2155760円。 また100万馬券が飛び出しちゃいましたよ。奥さん。

 で、レース自体はというと、皐月賞同様「ほぼ前残り」の結果といっていいんじゃないでしょうか?今回はヴィクトリーでもサンツェッペリンでもなく、アサクサキングスが逃げる展開。 ただ、逃げた馬が変わってもペース自体は前半3ハロン通過が35.8秒、1000m通過が1:00.5といったように皐月賞同様スローな流れ。ま、こういう流れは割とありがちなのだが、問題はここから。 3・4コーナー付近に差し掛かると、大抵の場合各馬前との差を詰め始めるのだが...これが今回は全くナシ。前に行った馬が後続との差を保ったまま直線へ。

 でもって、こういう流れになっちゃうと前に行った馬が圧倒的に有利。逃げたアサクサキングス・サンツェッペリンが直線に入っても相変わらず居座り、そのまま押し切る勢い。 ただ、そんな流れの中でも突っ込んでくる馬はいるんです。馬群を割って抜け出してきたのが勝ったウオッカ。上がり3ハロン33.0秒という豪脚で逃げ粘るアサクサキングスをぶった切って1着でゴール。 クリフジ(第12回)以来の牝馬によるダービー制覇となりました。

 にしてもなぁ、今回は他の人気馬がイマイチでしたな。ダントツの1番人気だったフサイチホウオーはイレ込みが堪えたのか、追い出してからの伸びがイマイチ。 アドマイヤオーラは直線でフラフラ。それなりの伸びてはいたんだが結局3着止まり。ヴィクトリーはスタートで後手を踏んでしまいそこで終了。踏んだり蹴ったりの内容でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。